カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

石材用語 〜 ま行



あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行





前垂れ (まえだれ)
洗面台、カウンターなどの前に下げて取り付ける板。

磨崖仏 (まがいぶつ)
自然の岩壁に直接彫る仏像。九州国東半島、臼杵、宇都宮大谷寺などにあるものが有名。

豆矢 (まめや)
石割り矢の小さいもの。石目通りに長ものを割るとき、矢穴が小さく簡単に振れ、数を多くして割り筋の曲がりを防ぐ。

丸彫り (まるぼり)
字彫り方法の一つ。彫り始めの際は直角に下げ、底の隅を丸く仕上げる。




みかげ石 (みかげいし)
花崗岩、閃緑岩、はんれい岩など硬質の深成岩の通称。兵庫県六甲山のふもと神戸市東灘区御影町ではじめて採石されたことからその名がついた。

水糸 (みずいと)
水平に張り、石据えや基礎工事の基準として造形などに張られる糸。

水勾配 (みずこうばい)
水を流し去るためにとる勾配。床は水平にすることが定則であるが、外部の雨水のかかる床、水洗いを必要とする床面に最小限の勾配を施す。

水垂れ (みずだれ)
石材の縁の面取り。

水抜き (みずぬき)
石積み、石垣に設ける裏側より浸透する雨水などを外側に排出する施設。通常、硬質塩化ビニル管を水勾配を確実にとって設置する。

水磨き (みずみがき)
石面仕上げ方の一つ。荒磨きの後、つや出し(本磨き)する前の工程をいう。わずかにつやがつく程度に仕上がる。

水盛り(みずもり)
基準となる水平(陸)を出すこと。水を見る、水を出すなどという。

明神鳥居 (みょうじんとりい)
神明形に対する鳥居の形式。最も普通にみられる。笠木に島木をつけ、両端を反り上げ、貫、額束のある丸柱半転びのもの。神明形との混同を避けて八幡形とよぶのが一般的。




無縫塔 (むほうとう)
別名卵塔。鎌倉時代に禅宗とともに入ってきた墓塔。塔身が卵形で、台座はあるが、笠はない。僧侶専用の墓塔であった。坊主墓ともいわれた




目荒らし (めあらし)
合口の接合部分にモルタルなどの付きをよくするために目を荒す作業。

目地 (めじ)
石の継ぎ目。モルタル目地、洗、目地、ねむり目地、深目地、押し目地、コーキング目地などがある。目地ごてで仕上げたものを化粧目地という。

目地割り (めじわり)
長さや高さの寸法間を決める製図上の作業。




木喰仏 (もくじきぶつ)
江戸時代中期、日本全国を歩いた山梨県下部町出生の遊行僧木喰上人が作った微小仏。正当派の仏像師とは別の手法の素朴な木彫である。

桃山形灯籠 (ももやまがたとうろう)
全体が丸形で、竿にも節をつけない単調な形の灯籠。碗を伏せたような笠に菊花紋または桃の実が浮き彫りされている。

モルタル (mortar/もるたる)
セメント砂、水を練り合わせたもの。




ページトップへ