カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

石材用語 〜 か行



あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行





外構工事 (がいこうこうじ)
建物などの本工事、主体工事の周囲整備のために行う外まわりの工事。本工事に付属して引続き行われる。

反り花 (かえりばな)
蓮弁請け花の逆で、花弁が下向きになったもの。そりばなとも読む。

鏡石 (かがみいし)
庭石で、枯山水の滝の水が落ちる形態を象徴する平らな面の石。通常青石を用い、石目を垂直に据える。

鏡張り (かがみばり)
石積みの際、控え(奥行き)の長い石の間に控えの短い石を縦長にはさむ積み方。段面が不均衡になるため、不良な積み方の一つとされる。

角閃安山岩 (かくせんあんざんがん)
角閃石を主成分とする安山岩。みかげ石に似た外観をもち、建築、土木材として用いられる。

角閃岩 (かくせんがん)
斜長石と角閃石を主成分とする変成岩で、粒状組織の堅い石。土木材・砕石用材。

角閃石 (かくせんせき)
火成岩、変成岩中に多く含まれる通常細長い柱状の結晶で、底面の断面は六角形。暗緑色、緑褐色、黒褐色のものがあり、ルリ光沢をもつ。

筧 (かけひ)
池、浴槽などの水、湯の落とし口。本来は造園関係用語。手洗鉢に水を引く竹といの類に似た石造りを使用する。

花崗岩 (かこうがん)
石英、正長石、斜長石、雲母、角閃石などを主成鉱物とする深成岩。地球上最も多く分布する石。通常みかげ石という。磨いたときの光沢、耐圧力、耐風化性にすぐれているが、耐火性は軟石に比べ劣る。有色成分により白色、淡紅色、紅色、淡灰色、淡褐色などがある。墓石、建築・土木材、間知石、割栗石、庭石に使われる。

花崗閃緑岩 (かこうせんりょくがん)
花崗岩と石英閃緑岩との中間の組成をもつ深成岩。有色鉱物の量は花崗岩よりやや多い。

嵩上げ (かさあげ)
既存の建物などを高くすること。解体して根を補充する。上部だけ補充する、などの方法がある。

笠石 (かさいし)
壁、袖壁、玉垣、門柱などの上部にかぶせる石。景観と上面保護を兼ねる。一般には下の面より面を出す。

笠塔婆 (かさとうば)
角柱型、板状型、板状自然石などがあるが、最も多いのは方形角柱型。

重ね目地 (かさねめじ)
→横目地。

火山岩 (かざんがん)
噴出した岩漿(マグマ)が冷え固まった岩石。急速に冷却したため、鉱物の結晶粒の細かいものが多い。

春日灯籠 (かすがとうろう)
奈良春日神社に多くある石灯籠の総称。六角形の火袋に神鹿を彫刻し、笠の角に蕨手が付いているのが定形。石灯籠の代表的なもの。

火成岩 (かせいがん)
岩漿(マグマ)が固結してできた岩石の総称。地殻の深い所で固まったものが深成岩(花崗岩など)、火山活動の際に噴出し固まったものが火山岩=噴出岩(安山岩など)。

片合口 (かたあいくち)
長手両方向合口の一方を切らずにおくこと。

片小面 (かたこづら)
左右の一方が直角に曲がること。またはその部分。←→両小面

片刃 (かたは)
軟石用石工道具。カッパともいう。ハンマー形の一方が刃(幅約3.5センチ)、他方が丸く(径約3センチ)なっている。刀は荒削り用、丸い方は荒落とし、小突き仕上げ用。

桂石 (かつらいし)
土台石、地覆石、布石など地盤に据える石。京風建築様式用語。

矩場 (かなば)
石面加工の仕上がり基準とする縁まわり。

矩・曲 (かね)
矩(曲)尺。尺貫法の長さの単位(1尺=30センチ)。また、この単位を用いたL字型のものさし(=曲指し)。転じて直角のこと。矩折れ、短の手ともいう。

矩合わせ (かねあわせ)
乱貼り施工などのとき、先に貼った石の形に合わせ次の石を付けること。

框 (かまち)
床などの端に横に延びる石や木。石工事の場合は段差のある場所に上がり段として据える上がり框を施工することが多い。

亀腹 (かめばら)
社寺建築の基礎回りや束柱、鳥居の根元に補強のためまんじゅう形にしたところ。墓石の場合は、曲面が平面化される。

空積み (からづみ)
トロ(モルタルやコンクリート)で目地詰めをせずに石を積み上げること。城の石垣に多い。←→練積み

空目地 (からめじ)
トロを用いない目地。

火輪 (かりん)
五輪塔の笠の部分。

枯山水 (かれさんすい)
庭園の一様式。水や草木を用いず、石、砂利、砂などで滝、流れ、大海などを象徴させる。京都・竜安寺の石庭が有名。

唐櫃 (かろうと)
墓所の納骨室。一般にカロートと発音される。

寛永寺形灯籠 (かんえいじがたとうろう)
上野寛永寺、芝増上寺などに多く見られる灯籠の型。ほとんどが小松石で造られ、徳川時代の各大名などの寄因、名が刻まれている。

ガングソー (gangue saw/がんぐそー)
大鋸裁断機。鋼板の鋸刃を一度に数枚張り、鉄砂などを流しながらピストン運動で摺り落とし、原石を所定の厚さの挽き板に裁断する。

岩座積み (がんざづみ)
雑石を乱積みにすること。野石積み、乱積みともいう。

岩石 (がんせき)
地球の地殻を構成する鉱物結晶集合体。成因により火成岩、堆積岩、変成岩の三つに大別される。

貫入岩 (かんにゅうがん)
造岩作用の過程で地殻の透き間にマグマが貫入して徐々に冷え困ったもので、火成岩成因の一つ。

観音像 (かんのんぞう)
観世音菩薩の像。観音とは悟りを得るため衆生教化済度の修行をつみ、やがては仏陀となる修行者のこと。

橄欖岩 (かんらんがん)
かんらん石と輝石を主成分とした顕晶質の深成岩。通常、大部分または一部が蛇紋岩化している。緑灰色で、小さな岩体のものが多い。研磨効果のよいものは装飾材に用いられる。




疵 (きず)
石材に生じた欠点、黒ダマ、ボサ、白疵、山疵、鉄気、過失の疵などがある。

輝石 (きせき)
岩石の主成分鉱物の一つ。角閃石に似た成分をもつ柱状の結晶。緑色または黄褐色を帯びた淡色から黒色で、ルリ光沢をもつ。

輝石安山岩 (きせきあんざんがん)
輝石を主成分鉱物とする安山岩で、国産安山岩では最も一般的。主に土木用材だが、淡色の地に有色鉱物の散点するのは建築石材としても使われる。

凝石 (ぎせき)
自然石を模してつくる人工石。通常キャストストンをいうが、テラゾ、現場塗り、叩きなどもこれに含まれる。

亀甲 (きっこう)
石積み、石貼りの際に亀の中模様につくること。亀甲積み、亀甲貼りという。石割りには基本寸法がある。

気泡 (きほう)
岩漿(マグマ)が岩石となる過程で、揮発成分が発散して岩石の中に残す細かい孔。噴出岩中には多かれ少ながれある。坑大石、新小松赤ホサなどに顕著に見られる。

キャストストン (cast stone/きゃすとすとん)
花崗岩、安山岩の砕石を用い、テラゾ練り込みと同じ工程で型枠内に打ち込み固めたもの。外装貼り石用。仕上がりは本石に近い。

吸水率 (きゅうすいりつ)
石材が吸収する水分の量。気孔の多い軟石ほど吸水率が高くもろい。

凝灰岩 (ぎょうかいがん)
堆積岩の一つ。灰や極微粒の砂が堆積して固結した岩石。軟石に属し、風化に対しては劣るが、耐火性、加工性にすぐれている。大谷石が代表的。

境界石 (きょうかいせき)
地境を示すため、地盤に埋め込む柱状の石。

切石 (きりいし)
直六面体に切った石材。

切石積み (きりいしづみ)
一定の形に切った石材を規則正しく積み上げた構造物。整層切石積み、乱層石積みがある。←→野石積み

切 (きれ)
→ 切(さい)




空輪 (くうりん)
五輪塔の一番上の部分。ほとんどが二番目の風輪と一体で造られている。

楔 (くさび)
石のずれを止めるための補強、締め固めに差し込むもの、鳥居の貫を留める石、セットーの柄の抜け出しを止める金物など。

鯨尺 (くじらじゃく)
帛布を計るのに用いられた尺度。矩の1尺2寸5分が鯨の1尺。

沓石 (くついし)
柱に束柱を受ける根元地盤に据える石。束柱、束石ともいう。

沓脱石 (くつぬぎいし)
沓脱石 (くつぬぎいし)縁から庭へ降りる場所に、足がかりのために据えられる石。別名沓石、履脱石、沓解石、沓抜石、一番石、踏石。

組積み (くみづみ)
石を組み合わせて積むことの総称。切石積み、野面積み、割石積み、布積み、雑割石積み、間知石積みなどがある。

九輪 (くりん)
多宝塔、層塔、宝印塔などの上部についている九つの輪の部分。宝輪ともいう。

黒玉 (くろだま)
石材の主造岩鉱物の中で、複数または単独の鉱物が集まってできた黒いむら。

黒ボサ (くろぼさ)
黒玉ほど極端でない石むら。白いむらを白ボサという

黒みかげ (くろみかげ)
閃緑岩、はんれい岩など黒色のみかけ石。本磨きにすると本来の特質の光沢を発揮する。




蹴上げ (けあげ)
階段などの前面垂直の部分。天場を踏面という。

珪肺 (けいはい)
じん肺病のうち、粉じんによる疾病。石工がかかりやすい職業病。

蹴込み (けこみ)
階段、上がり框などの立ち上がり部分で蹴上げが引っ込んだ物。

化粧積み (けしょうづみ)
装飾用の石積み。

化粧目地 (けしょうめじ)
石と石のつなぎ合口部分のモルタルを押さえ、意匠的に仕上げた目地。

頁岩 (けつがん)
水成岩の一つ。粘土または泥土からなる堆積岩で層理の発達したもの。仙台石(井内石)が代表的。

結晶片岩 (けっしょうへんがん)
→片岩

顕彰碑 (けんしょうひ)
功績を表して故人を追慕する碑。碑文石ともいう。

硯石 (けんせき)
硯の加工に用いる石材。輝緑凝灰岩質のものと粘板岩質のものと二種類ある。雄勝石(宮城県)、赤間石(山口県)、雨畑石(山梨県)、那智黒(三重県)などが有名である。

原石 (げんせき)
採石場で掘り出された石材。

間知石 (けんちいし)
積み石用の、四角錘の割石。セメントを用いずに構築される。「いんに」(控の長さ1尺2寸)、「いんさん」(1尺3寸)などと呼ぶ。

玄能 (げんのう)
石を割るときに矢の頭を打つために用いる大きな鉄製の槌。間知石積みの形整に用いるものをハリマワシともいう。

玄能払い (げんのうばらい)
玄能で石の角を払い落とすこと。

玄武岩 (げんぶがん)
噴出岩の一つ。斜長石、輝石、かんらん石を主成鉱物とする。結晶する時に周囲の岩体の圧力などで柱状節理をつくる。その著しく発達したものは六方石と呼ばれている。




格狭間 (こうざま)
石灯籠の基礎や受鉢(中台)の側面六面または八角の各面に装飾として彫られたもの。

庚申塔 (こうしんとう)
道端などにある青面金剛(庚申)を祀る塚(庚申塚)に建つ石塔。三猿の形を刻んだものが多い。

硬度 (こうど)
硬さの度合い。石材の硬度は、耐圧強度、耐伸強度、耐屈強度などを総合して、判断する。

勾配 (こうばい)
傾斜面の角度を示す度合い。斜面の断面の水平線を分母に、垂直線を分子におき、分数で示す。

香箱 (こうばこ)
墓石の頭形の一つで、香を入れる箱をいう。竿の幅の1割2分の高さが定寸。

香篭 (こうろう)
墓前に線香を焚く墓石の付属品。上部を笠の形にして香を焚く部分をくり抜き、線香を供える。

腰 (こし)
腰石。背の低い壁または立ち上がり部分の石。

五色砂利 (ごしきじゃり)
色の違いが五種ほど混じる砂利。装飾用撒き砂利として用いる。現在、国内外とも良質なものは得られない。

小叩き (こたたき)
石の表面仕上げの一つ。一枚刃(この工具を両刃という)で石面を2mm前後の間隔で叩き、平たんにする。のみ切り→五枚ビシャン→八枚ビシャン→両刃の小叩きの順で仕上げたものを八枚小叩きといい、最も多く行われる。百枚ビシャンをかけ小叩きしたものは百枚小叩き。さらに二、三回小叩きしたものは百枚三遍小叩きといい、最上の仕上げである。

小叩き仕上げ (こたたきしあげ)
両刃小叩きを最終とした仕上げ方。機械化された現在八枚小叩きが通常となっている。

小叩き縁 (こたたきべり)
石仕上げの二面切り、または江戸切りの場合に、小叩きにより石の縁をくぼめて仕上げること。またその縁。

小面 (こづら)
小口のこと。つまり最も小さい面。

小端積み(こばづみ)
平らな石の小口を見せる積み方。鉄平石、玄昌石、根府川石、挽き材なとを用いる。

五百羅漢 (ごひゃくらかん)
釈迦の弟子で500人の羅漢(修業して得た最高の地位)。釈迦滅後、遺教結集のため来合した姿を表わす。

互平 (ごひら)
矩形(長方形)のこと。

瘤出し (こぶだし)
仕上げの一つ。荒石(原石)の縦横のふちをコヤスケまたは両刃で払い、表面の荒石面を瘤状に残す。

胡粉 (ごふん)
石灰石の粉末(白あ)。チョークなどの材料に用いる。小叩き仕上げの後、染み付き防止用に水に溶いて塗り、後に流す。

狛犬 (こまいぬ)
社寺の入口や社殿の前に据え獅子に似た獣の像。高麗犬、唐獅子ともいう。

子持天端 (こもちてんば)
石積み用語。大小二個を一組とした天端(上部の表面)のこと。

コヤスケ (こやすけ)
石を割り落とす道具。

五輪塔 (ごりんとう)
地輪、水輪、火輪、風輪、空輪の五輪から成る塔。塔身部がないのが特徴。日本独特の形で鎌倉期に定着した。

転 (ころ)
重量物を移動するために下に敷く堅い丸太や鉄パイプ。台枠に車輪をつけたものを修羅という。

五郎太石 (ごろたいし)
呉呂太石とも書く。径5〜6寸(15〜18センチ)位の玉石。4寸未満のものは砂利、秒となり、7寸以上のものは玉石として扱われる。

小割り (こわり)
大割りした原石を、使用寸法に応じて割ること。


ページトップへ