カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

石材用語 〜 な行



あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行





梨地 (なしじ)
梨の肌のように荒らす石の表面加工。浮き彫り周囲の地などに用いられる。梨目ともいう。

軟石 (なんせき)
JIS規格によると、圧縮強さが100f/c岼焚爾寮弌L椣造箸靴董∈垢型呂悩錣譴訥度の砂岩、凝灰岩の類。




庭石 (にわいし)
庭園に使われる自然石の総称。山石、沢石、河石、海石がある。投石、飛石、組石として用いる。




布石 (ぬのいし)
長く連ねてすえた石。土台下などにおく石。

布積み (ぬのづみ)
整層積みの一つで、同じ高さの石を横目地を通して積む。

布乱積み (ぬのらんづみ)
布積みの横線を乱して積む方法。

濡鷺形灯籠 (ぬれさぎがたとうろう)
庭灯籠基本形の一つ。笠は厚く下部は平らで蕨手がない。六角の火袋に鷺の彫刻を施し、笠の節間は極端にくびれている。




猫足 (ねこあし)
墓石竿石の下台などに設置する飾り台。

猫石 (ねこいし)
板塀などの土台と布石の間に置く石。風抜きと、土台を雨水から護る目的を兼ねる。

捩れ (ねじれ)
面の平行四辺の一都が、水平または垂直に対しずれていること。

眠り目地 (ねむりめじ)
目を閉じて眠ったように、つきつけた目地。

粘板岩 (ねんばんがん)
泥板岩、頁岩、粘土岩などがさらに堅緻に固結した岩石。




野石 (のいし)
転石と同じ意味だが、割らずに用いる自然石。五郎太石より大きい石の総称。自然石。天石。

野石積み (のいしづみ)
野石を積み上げること。自然石積みともいう。

野面石 (のづらいし)
野石を大割りにした荒面のままの石のこと。

野面積み (のづらづみ)
野石積みで、特に面を重視して自然石面のよいものを選んで積むこと。

延び (のび)
規定した寸法より延ばしておくこと。

延べ石 (のべいし)
縁石、布石など一列に長く延ばしてすえる石の別称。または板石の一種。規格品種形がある。

延べ壇 (のべだん)
長く延びた切れ目のない敷石。石面は平らなこと。滑らないことが基本条件となる。玉石・短冊石混用のもの、挽臼を入れたもの、短冊石だけのものなど、種々の方法がある。

のみ
たがねのみをいう。石のみとも呼んでいる。石工用は「鏨」の字を当て、大工用は「鑿」の字を当てる。

のみ切り (のみぎり)
先の尖ったのみで、石面を平らに近く切り、平行溝を表す仕上げかた。

のみ筋 (のみすじ)
荒斫りを行うときの方法。のみ跡を30〜40个療間隔に通して筋間を斫りとる。

のみ底 (のみぞこ)
のみ切りの際に残った底あと。

のみだて (のみだて)
石の矢割りで、長い石を玄能でたたき割るとき、割り筋にそってのみを垂直に立て強くたたくこと。

法 (のり)
垂直からの傾斜の角度を表す言葉。石積みなどの勾配を法勾配、法面という。

のろ
セメントと水だけを混合したもの。



ページトップへ