カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

石材用語 〜 あ行



あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行





合口 (あいくち)
石と石の継ぎ合わせ部分。合端ともいう。→合端

合端 (あいば) 
合口が付く石の端の部分。

青石 (あおいし) 
青色系の石の総称。関東地区では伊豆方面産の砂岩をいう。河津町産河津青石、長岡町産戸沢石など。

赤ボサ (あかぼさ) 
安山岩で気泡の多い赤味の石。吸水性が高く苔付きがよい。神奈川産新小松層中の赤ボサが著名だが、量はわずか。

赤みかげ (あかみかげ)
赤色系のみかげ石。国内産では岡山市産の万成みかげなどがそれにあたる。現在は輸入材が赤みかげの主流。

上がり框 (あがりがまち)
玄関床から廊下、ホールの上がり口など、床から一段上がる場所に横に置く石。

網代貼り (あじろばり)
長方形の石を斜め45°に貼った形。平方直角に作る場合もある。

荒石積み (あらいしづみ)
荒石(石山から切り出し、小割りにしたままの石)で積んだ壁面または擁壁。割石積みともいう。

洗い出し (あらいだし)
小砂利をモルタルに混ぜて塗り、表面を洗い流して砂利の表面を露出させる仕上げ。

荒ビシャン(あらびしゃん)
通常五枚ビシャン(5×5=25の目のビシャン)のこと。

荒磨き (あらみがき)
磨き仕上げの最初の工程。手加工の場合、百枚ビシャンの後、一番砥をかけた程度。さらに水磨き、本磨きをかけ、表面をなめらかにする。

荒目 (あらめ)
結晶粒度の荒い石。手加工の細工がしやすいため、三州岡崎みかげ、真壁小目みかげ、小豆島属島、豊島など荒目石の産地では彫刻技術が発達した。

安山岩 (あんざんがん)
火成岩(火山岩)のうち、噴出したマグマ(岩漿)が地表や地表近くで徐々に冷え固まったもの。斜長石、黒雲母、輝石を主成分とし、わが国のいたる所で産出する。小松石、根府川石、鉄平石、丹波石、白河石などが有名。深成岩に比べて耐火性が強く、板状や柱状の節理が発達していることが多く、採石しやすい。

安山岩質凝灰岩 (あんざんがんぎょうかいがん)
成分上安山岩に相当する凝灰岩。浮石のほかに多量の中性長石、輝石などの破片を含有する。





石生目 (いしぎめ)
いしの節理、石の肌理。

石切り (いしきり)
石山から石材を切りとること。また石材に加工すること。さらにそれを業とする人。

石切り場 (いしきりば)
石材を採る現場。採石場。露天掘り、坑内掘り、転石採りなどがある。

石工 (いしく)
石大工。石匠。大別して石彫工、石積工、石採工の三種があるが、現在は主に石彫工をいう。

石地蔵 (いしじぞう)
石造りの地蔵菩薩像。釈迦から人間救済の委嘱を受けているとされ、右手に錫杖、左手に宝珠を持つ立像が多い。子安地蔵、子育地蔵、トゲ抜き地蔵など。

石畳 (いしだたみ)
板石を敷きつめた道路や通路。方形貼り、乱貼りなどで施工する。

石積み (いしづみ)
石を積み重ねて石垣、石壁を築くこと。

石灯籠 (いしどうろう)
石造りの灯籠。本来、神社仏閣の献灯を目的としていたが、桃山時代に茶人が庭園に導入した。形は多種だが、大別すると奈良系、京都系、その変形の三種がある。

石庭 (いしにわ)
石を主体にした庭。組み石、景石などをあしらい、砂利、砂、苔などを添える場合もある。

石貼り (いじばり)
石を躯体、下地に貼りつける作業。

石目(いしめ)
岩石の節理。つまり岩石の内層に入っている自然な裂け目のこと。すべての石は石目をもっており、この方向で割れやすい。採石の際、石目の流れを知ることが非常に重要とされる。

石割り (いしわり)
石を割る作業。矢穴を穿り、豆矢、きき矢、とび矢などを差し込み、玄能で打ち、石を二つに割る。

出雲灯篭 (いずもどうろう)
島根県松江市付近から産出する褐色の砂岩(出雲砂岩、来待石)で造る灯籠。緻密で細かい細工ができる。

板石 (いたいし)
板状に割った石。挽き材、へげ石の類は通常板石とはいわない。

板碑 (いたび)
日本の塔婆の一種で、板状の石を使っている塔婆という意味。

一石五輪塔 (いっせきごりんとう)
高さ30〜40センチ位の一石造りの五輪塔。一般庶民や無縁仏の供養に造られたが、庭園にも用いられている。

一ぱい彫り (いっぱいぼり)
文字の幅と深さを同じ寸法に彫ること。

稲妻目地 (いなづまめじ)
乱屋積みの石垣で、縦目地が稲妻型に連続したもの。不良な積み方の一つ。

芋目地 (いもめじ)
縦目地の上下が連続した目地。四つ目ともいう。

石組 (いわぐみ) 
日本庭園で石を組み合わせること。古くは石をたたむ、立石などといった。この位置、役目により三尊石組、護岸石組などと呼ばれる。



浮き彫り (うきぼり)
文字、彫像、文様の周囲を彫り下げて浮き出させる技法。

請け花 (うけばな)
石灯籠、仏塔、仏像台座などに極楽浄土の蓮華花弁を上向きに描いた彫刻。←→反り花

馬目地 (うまめじ)
二段以上に並ぶ目地の一方向が交互になる目地。積み石の場合は馬積み、馬乗り目地ともいう。

裏落とし (うらおとし)
のみを用いず、コヤスケで大きく余分な部分を落とし取ること。

裏込め (うらごめ)
石積み、石貼りの裏側にモルタルを流し込むこと。

裏積み (うらづみ)
石積みなどの裏側に、補強のため小さな石を積むこと。石垣が高い場合に使う。←→表積み

鱗貼り (うろこばり)
舗石貼りの技法の一つ。魚の鱗のように貼ること。浪形ともいう。

雲母 (うんも)
花崗岩、片岩、片麻岩などの主成分鉱物。多くは六角板状結晶で、薄く何枚にもはげる。黒雲母は俗にキララと呼ばれ、花崗岩中にゴマ状に存在する。白雲母は、これを含有する岩石も少なく見分けるのも難しいが、岩石が風化した後は小さな鱗片となって残る。

雲母片岩 (うんもへんがん)
雲母、石英、長石などを主成分とする片理の著しい暗色の結晶片岩。雲母片が平行に並び葉片状構造を成し、石英は粒状または扁桃状をしている。ざくろ石や十字石を含有する様々な変種がある。



江戸切り (えどぎり)
石積みの石面仕上げのよど一方法。淀切りともいう。水平角の上か下の一方を切り欠く。縦の一方や上下ともに淀を取る場合もある。

縁石 (えんせき)
ふち石ども読む。床、花壇などの境界に一列に段差をとって並べた石。



拝み (おがみ)
墓石の水鉢、香立などの前面据わりの部分に刻む意匠。別の意味で、垂直だったものが前に傾斜したときも拝むという。

奥の院形灯籠 (おくのいんがたとうろう)
石灯籠の型の一つ。春日神社奥の院にあるものが本歌。受の上下に蓮弁を刻み、十二支を彫り干支方角に据えるといわれる。春日灯籠の基本型。

納まり (おさまり)
石据えを行った最終時点。安定性、美観などが納まりの良し悪しとして判定される。

押し目地 (おしめじ)
石積みで、合端にトロを押しこみ、目地棒で引いた目地。

落とし (おとし)
左右の石を据えてから、その間に落とすように据える石のこと。

織部形灯籠 (おりべがたとうろう)
基礎のない、竿が生け込み式の灯籠。竿石上部を平面に、左右に丸いふくらみをもたせる。桂離宮にあるものが名品とされている。



ページトップへ