カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

世界一有名な日本人〜天才絵師・葛飾北斎

葛飾北斎
「画狂老人卍墓」とだけあり″北斎瓩量召呂匹海砲發覆ぁI化が進んでおり墓参を急がれたし!

昨今はノーベル賞やスポーツ、映画界などで日本人の活躍が頻繁に伝えられ、胸躍ることが多い。歴史的に世界で最も有名な日本人は誰か。

1998年に米誌『ライフ』が企画した「この1000年間に偉大な業績をあげた世界の人物100人」に、日本人では江戸の浮世絵師・葛飾北斎だけが選出された。北斎は人物画、風景画、歴史画、漫画、春画、妖怪画、百人一首、あらゆるジャンルに傑作を残し、ゴッホやモネ、ルノワールらも夢中になった。

18歳で人気浮世絵師・勝川春章に入門したが、向学心から狩野派の画法や洋画なども隠れて学び、師から「他派の絵を真似るうつけ者!」と破門された。貧困の中で灯籠やうちわの絵を描き、トウガラシや暦を背負って行商しながら、「餓死しても絵の仕事はやり通してみせる」と筆を走らせた。やがて、当時の絵師にとって人物の背景に過ぎなかった“風景”を、あえて主役にするという革命を起こす。

70歳を過ぎて刊行された『富嶽三十六景』では、あらゆる角度から霊峰・富士を描き切った。構図は練りに練られ、まるで富士を中心に宇宙が広がっているようだ。作中には庶民の生活も丁寧に描かれ、江戸っ子は富士とのツーショットに歓喜し、“北斎と言えば富士、富士と言えば北斎”と称賛した。

4年後に完成した『富嶽百景』では、あとがきにこう寄せた。

「73歳になってどうやら、鳥やけだものや、虫や魚の本当の形とか、草木の生きている姿とかが分かってきた。(略)百歳になれば思い通りに描けるだろうし、百十歳になったらどんなものも生きているように描けるようになろう。(皆さん)どうぞ長生きされて、私の言葉が嘘でないことを確かめて頂きたい」

北斎は長寿であったため、様々な逸話が伝わる。縁日の余興で120畳(200平米)の布にダルマを描いたかと思えば、小さな米一粒に雀二羽を描いて人々を驚かせた。11代将軍家斉の御前で鶏の足の裏に朱肉を付け紙上を走らせ“紅葉なり”と言い放ったことも。改名は30回に及んだが、それは“無名の新人のふり”をして真の実力を世に問うためだった。

晩年の北斎は、先妻、後妻、長女に先立たれ、孫娘と2人で窮乏生活を送る。79歳で火災にあい、10代から70年も描き溜めてきたすべての写生帳を失ったが、1本の絵筆を握り締め「だが、わしにはまだこの筆が残っている」と気丈に語った。1849年、浅草の長屋で病没。享年88。

死を前にした言葉は「せめてもう10年、あと5年でもいい、生きることができたら、本当の絵を描くことができるのだが」。

墓は上野から浅草に続く大通の筋裏、誓教寺にある。墓石は小さなお堂の中にあり雨風から守られていた。刻まれた名前は晩年の画号「画狂老人卍墓」。“画に狂った老人”という名に凄味を感じると同時に、己の信じた道を歩みきった男の姿に勇気をもらえる墓だ。

葛飾北斎
誓教寺境内の北斎像。寺の入口には英文の案内板があった。海外からの巡礼者も多いのだろう

※『月刊石材』2013年1月号より転載

墓マイラー カジポン・マルコ・残月(ざんげつ)さん

カジポン・マルコ・残月(ざんげつ)

1967年生。大阪出身。文芸研究家にして“墓マイラー”の名付け親。歴史上の偉人に感謝の言葉を伝えるため、30年にわたって巡礼を敢行。2,520人に墓参し、訪問国は五大陸100ヵ国に及ぶ。
巡礼した全ての墓を掲載したHP『文芸ジャンキー・パラダイス』
http://kajipon.com) は累計6,500万件のアクセス数。

大阪石材工業 企画スポンサー:大阪石材工業株式会社

ページトップへ