カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

国別花崗岩製品の輸入動向(2020年10月)


国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年10月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比83.9 %、輸入金額は84.3%となっています。

中国産花崗岩製品の輸入動向(2020年10月)


中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年10月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比83.9%、輸入金額は84.4%となっています。

日本遺産「福井・勝山 石がたり」の調査研究講演会を12月6日に!



日本遺産「石から読み解く中世・近世のまちづくり」

12月6日、福井県立歴史博物館にて調査研究講演会を!

ストーリー「石から読み解く中世・近世のまちづくり」が日本遺産に認定され、
「福井・勝山 石がたり―中世・近世のまちづくり、そして現代」として
さまざまな活動を展開している福井・勝山日本遺産活用推進協議会は、
12月6日(日)、福井県立歴史博物館・講堂にて調査研究講演会を開催します。
後援は、独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所。

〈講座タイムスケジュール〉2020年12月6日(日)
13:30~ 福井市商工労働部長 ごあいさつ
13:35~13:55 講演1
「越前における中世末から近世の城下町形成~福井・勝山~」
講師:福井勝山日本遺産活用推進協議会、勝山市教育委員会 阿部来氏
13:55~14:15 講演2
「石の技術を読み解く、伝えるためのデジタル調査」
講師:奈良文化財研究所 山口欧志氏
14:15~14:45 講演3
「福井城と笏谷石」
講師:一乗谷朝倉氏遺跡資料館元館長 吉岡泰英氏
14:45~14:55 休憩
14:55~15:25 講演4
「勝山、福井の城郭建設と土木技術者」
講師:勝山市史編纂室 山田雄造氏
15:25~16:00 トーク「石から読み解く、近世福井・勝山の城と城下町」
司会:福井県立歴史博物館 河村健史氏

参加は無料。参加申込み方法は下記のとおり。
定員50名(先着順)で、事前申込み制です。


●日本遺産「石から読み解く中世・近世のまちづくり」調査研究講演会
日時:2020年12月6日(日)午後1時30分~午後4時
会場:福井県立歴史博物館 講堂
住所:福井県福井市大宮2-19-15
主催:福井・勝山日本遺産活用推進協議会
後援:独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所

◇参加申込み方法(要事前申込み、参加費無料、定員50名、先着順)
参加者の(1)氏名、(2)電話番号、(3)メールアドレスをご用意のうえ、
電話またはWEBからのお申込みが便利です。

・電話でのお申込み(お問い合わせ)
tel.0776-25-4001(平日9:15~18:00、土・日・祝日は休み)

・WEBからのお申込み
https://www.knt-ishigatari2020.com





東京・すごい石ナイトは11月20日、東京・渋谷ココチで!



トークイベント「東京・すごい石ナイト」

11月20日、東京カルチャーカルチャー(渋谷ココチ)にて!

書籍『東京「街角」地質学』の著者・西村昌司氏が東京の街に眠るさまざまな石の
魅力について話すトークイベント「東京・すごい石ナイト」が11月20日(金)に開催されます。

西村氏は専門が岩石学・地球科学などの「街角地質学者」(名古屋市科学館主任学芸員)。
著書に『東京「街角」地質学』(イースト・プレス)、『観察を楽しむ 特徴がわかる
岩石図鑑』(ナツメ社)、『街の中で見つかる「すごい石」』(日本実業出版社)など。

今回はゲストとして、インターネットサイトのデイリーポータルZの記事
「石材に注目して国会議事堂を見学する」で一緒に国会議事堂を巡った
ライターの西村まさゆき氏が出演。取材での裏話も含め、都内で見られる石をネタに、
石と東京の魅力について語り尽くします。

会場は、東京・渋谷の東京カルチャーカルチャー(渋谷ココチ4F)。
チケット料金は、「リアルイベントチケット代」2,500円(税込/当日要1オーダー)、
「有料配信チケット代」2,000円。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
会場での当日券販売はなく、東京カルチャーカルチャーHP内から前売りチケットを購入します。

普段何気なく通り過ぎている駅や建物にも、実は「すごい石」が使われています。
さしずめ東京は「石材の博物館」とも!
人と石、地球の物語に触れられ、知的好奇心を刺激されるイベントに、ぜひ!


●トークイベント「東京・すごい石ナイト」
日時:2020年11月20日(金)午後6時30分開場、午後7時開演
出演:西本昌司氏(街角地質学者、名古屋市科学館主任学芸員)
ゲスト:西村まさゆき氏(ライター)

会場:東京カルチャーカルチャー
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti SHIBUYA(渋谷ココチ)4階

◇チケットは事前購入制(当日・会場での購入は不可)
購入先:東京カルチャーカルチャー・ホームページ
http://tokyocultureculture.com/





国別花崗岩製品の輸入動向(2020年9月)


国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年9月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比67.1%、輸入金額は67.6 %となっています。


中国産花崗岩製品の輸入動向(2020年9月)


中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年9月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比66.9%、輸入金額は67.7 %となっています。

エンディング産業展は11月24日より東京ビッグサイトにて!

endex2020 

セレモニージャパン(エンディング産業展、メモリアルストーンショー他)

11月24日から東京ビッグサイト・青海展示棟ホールにて!

セレモニージャパン2020が11月24日(火)から26日(木)まで、
東京ビッグサイト・青海展示棟にて開催されます。
エンディング産業展、メモリアルストーンショー、宗教用品産業展、
終活フェスタが同時開催されます。

エンディング産業展は今回で6回目。
葬儀・埋葬・供養など終活に関する設備・機器・サービスが出展されます。
メモリアルストーンショーは4回目。
墓石・記念碑・原石などの石材製品・サービスが出展されます。
宗教用品産業展、終活フェスタ含めいずれも現代の葬送・供養に関する専門展です。

期間中は毎日、各種セミナーが多数開催されます。
また、新企画として展示会場をLIVE中継する「Zoomバスツアー」も実施されます。

新型コロナウイルスの感染防止対策をお取りのうえ、ぜひご来場ください。

*来場は完全登録制
*セミナー受講は事前登録制


●セレモニージャパン2020
第6回エンディング産業展、第4回メモリアルストーンショー
第4回宗教用品産業展、終活フェスタ2020の同時開催
会期:2020年11月24日(火)~26日(木)
時間:午前10時~午後5時
会場:東京ビッグサイト青海展示棟
*りんかい線東京テレポート駅または、ゆりかもめ青海駅
主催:TSO International株式会社

◇来場登録、セミナーお申込みは下記より
セレモニージャパン公式サイト
http://ceremonyjapan.jp/





国宝臼杵石仏で保存作業現場公開のお知らせ(11月28日実施)



国宝臼杵石仏(大分県臼杵市)

11月28日に紫外線照射&保存作業現場公開

国宝臼杵石仏では11月28日(土)、紫外線照射&保存作業現場を公開します。
場所はホキ石仏第2群で、現場の立ち合い・見学が可能です。

臼杵石仏は水分を多く含む柔らかい地層に彫られています。
そのためコケやシダ等の植物が生殖しやすく、これらの付着物は仏像表面を
侵食し、やがては仏体そのものを損傷させてしまいます。
そうした状況を避けるため、定期的に除去作業を行なっています。

作業としては、石仏表面を傷つけずに付着物を除去するために、
まず岩肌に無害な紫外線を照射し、植物を枯死させ、手作業で除去します。
(この技術は臼杵石仏で開発され、全国でもここだけの特殊な方法だそうです!)
その後、植物の再着生を遅らせるために撥水剤を散布して、作業終了です。

除去作業は専門技術を有する方が刷毛やピンセットで丁寧に行なうそうで、
一連の作業は、秋から冬にかけての乾燥した時期(11月~2月)に行なわれます。

当日は、普段は入ることのできない柵内に入り、係員の説明を聞きながら、
見学することができるそうです。

石材、それも貴重な国宝(文化財)の保存作業の現場に立ち会える貴重な機会!
お近くの方はぜひ下記のウェブサイトからお問い合わせください。


●国宝臼杵石仏・ホキ石仏第2群
紫外線照射&保存作業現場公開のお知らせ
日時:2020年11月28日(土) 午前10時~午後1時
場所:国宝臼杵石仏・ホキ石仏第2群
住所:大分県臼杵市大字深田804-1

・国宝臼杵石仏公式ウェブサイト
https://sekibutsu.com/





北山モザイクが京都市内北山通周辺で開催中!



モザイクで結ぶアートプロジェクト「北山モザイク」

11月30日まで、京都市内の北山通周辺で開催中!

モザイクで結ぶアートプロジェクト「北山モザイク」が、
11月1日から11月30日(月)まで京都市左京区の北山通周辺で開催中です。
テーマは「すべてがつながる『モザイク宇宙』」。
モザイクのかけらが集まるように、北山の人、店舗、施設がつながり、
ひとつのモザイク宇宙が誕生します。

天然石、大理石を使用したモザイク作品も出展されます。
ぜひモザイクの宇宙を体感してください!

(下記の内容で実施されます)

●国内モザイク作家作品展
北山通に面した店舗に日本で活躍するモザイク作家の作品を展示します。
会期:2020年11月1日(日)~11月30日(月)
出展作家(敬称略):芦田いずみ、櫻井真智子、津田佳宥、中井佳代子、
福原与恵、マルモザイコ、外村まゆみ
会場:北山通沿い各所(下記)
三井トラスト不動産京都北センター/ONLY京都北山店
Buriant(ブリアン)北山本店/天壇北山店
Nadi kitayama/蕎麦屋じん六
朝起きたらママのママ/MUSEUM OF YOUR HISTORY
カフェヨージク/IN THE GREEN
*営業時間、定休日は各店舗により異なります

●第7回モザイクの世界「風景」作品展
会期:2020年11月1日(日)~11月30日(月)
時間:午前10時~午後5時
休館日:11月2日(月)、11月16日(月)
会場:京都コンサートホールエントランス
住所:京都市左京区下鴨半木町1-26
出展作家(敬称略):納田美佐子、中山菜央子、津田佳宥、岸本紀子、
鈴木紀子、石田みどり、桜井郁子、外村まゆみ

●ワークショップ「フォトフレームづくり」
日時:2020年11月21日(土)午前11時~午後3時(所要時間30分程度)
会場:京都府立陶板名画の庭・エントランス
住所:京都市左京区下鴨半木町
参加費:1,000円
雨天中止・入れ替え制

●主催:北山モザイク実行委員会
https://kitayama-mosaic.jimdofree.com/

*新型コロナウイルス感染防止対策をお取りのうえご参加ください。





原透展-切光-は11月9日より東京・入谷のいりや画廊にて!



原透展 -切光-

11月9日より東京・入谷のいりや画廊にて!

彫刻家・原透さんの個展「原透 -切光-」が11月9日(月)から21日(土)まで、
東京・入谷のいりや画廊にて開催されます。
大型作品を含む石彫作品と、ドローイング10点が出品される予定です。

原さんは1959年生まれの彫刻家。
国内外で個展、グループ展、シンポジウムなど活躍中の作家です。
原さんがシリーズ化している「切光」とは中国語で「切り尽くす」の意味。
作品では切ることのできない時間、空間、光などを切断するイメージを形にしています。
石とドローイングがコラボした空間が楽しめるそうです。

新型コロナ感染予防対策をお取りのうえ、ぜひご来場ください。


●原透展-切光-
会期:2020年11月9日(月)~21日(土) *日曜休廊
時間:午前11時30分~午後7時30分(最終日は午後4時まで)
会場:いりや画廊
住所:東京都台東区北上野2-30-2
https://www.galleryiriya.com/

作家在廊日
・終日:9・12・14・16・21
・午後3時~:11・18
・午後5時~:19





安部大雅展は10月28日より東京ガーデンテラス紀尾井町にて!



安部大雅展

10月28日より東京ガーデンテラス紀尾井町にて!

彫刻家・安部大雅さんの個展「安部大雅展」が10月28日(水)より12月25日(金)まで、
東京ガーデンテラス紀尾井町・紀尾井タワー2階オフィスエントランスで開催されます。
主催は株式会社西武プロパティーズ、総合企画はいりや画廊によります。

安部さんは1974年生まれ、さいたま市の出身。
1996年から2004年までイタリア・カッラーラ美術アカデミーに在籍し、
イタリアでの個展、シンポジウム参加など活躍。
帰国後も個展やグループ展、シンポジウムなどで活躍中で、
今年は東京・代々木の明治神宮での大規模グループ展も企画されました。

今回は大理石の彫刻作品、勝利の女神「ニケ」などを発表する予定です。
コロナ禍、多発する自然災害などの困難を克服したいという思いを込めます。

新型コロナ感染予防対策をお取りのうえ、ご来場ください。


●安部大雅展
会期:2020年10月28日(水)~12月25日(金)
時間:午前11時~午後8時(スタッフ滞在は午後6時まで)
会場:東京ガーデンテラス紀尾井町・紀尾井タワー2階オフィスエントランス
住所:東京都千代田区紀尾井町1-3
https://www.tgt-kioicho.jp/

主催:株式会社西武プロパティーズ
総合企画:いりや画廊
https://www.galleryiriya.com/





速水史朗展は10月19日より銀座・ギャラリーせいほうにて!



速水史朗展

10月19日から東京・銀座のギャラリーせいほうにて!

彫刻家・速水史朗さんの個展「速水史朗展」が10月19日(月)から30日(金)まで、
東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。

速水さんは1927年香川県生まれ。
日本を代表する彫刻家の一人。
日本瓦の制作技法による黒陶と石の彫刻作品で知られています。
特に石は多くのパブリックスペースに作品を設置されています。
1996年に紫綬褒章、2005年には旭日小綬章を受章し、
現在も香川県で精力的に創作されています。

新型コロナの感染予防対策をお取りのうえ、ぜひご来場ください。


●速水史朗展
会期:2020年10月19日(月)~30日(金)
時間:午前11時~午後6時30分
*25日(日)休廊、最終日は午後5時終了

会場:ギャラリーせいほう
住所:東京都中央区銀座8丁目10-7 東成ビル1F
http://gallery-seiho.com/





ジャパンホームショーは11月11日より東京ビッグサイトにて!



ジャパンホーム&ビルディングショー2020

11月11日より東京ビッグサイトにて!

ジャパンホーム&ビルディングショーが11月11日(水)から13日(金)まで、
東京ビッグサイト南1~3ホールで開催されます。
「すまいから、ビル、まちまで」をテーマに、各種建材、技術、サービス等が一堂に会します。

特に今回は庵治石材産地・石翔会が出展し、「庵治石」を出展します。
カサネやサビ肌なども含め、建材としての「庵治石」の魅力を発信します。
(ホームショー内のふるさと建材・家具見本市にてブース出展)

また基調講演には、今年リニューアルオープンした京都市京セラ美術館館長の
青木淳氏(東京藝術大学建築科教授)などが招かれ、こちらも注目です。

同展示会は、徹底したコロナ対策を実施して開催されます。
下記ウェブサイトをご確認のうえ、ご来場ください。


●ジャパンホーム&ビルディングショー2020
会期:2020年11月11日(水)~13日(金)
時間:午前10~午後5時
会場:東京ビッグサイト南1~3ホール(有明・東京国際展示場)

*庵治石材産地・石翔会は第15回ふるさと建材・家具見本市に出展!

公式サイト:
https://www.jma.or.jp/homeshow/





明田一久彫刻展は10月14日より高島屋大阪店にて!



-STONE WORKS- 明田一久彫刻展

10月14日より高島屋大阪店6階ギャラリーNEXTにて

彫刻家・明田一久さんの個展「明田一久彫刻展」が10月14日(水)から20日(火)まで、
大阪・難波の高島屋大阪店6階ギャラリーNEXTで開催されます。

明田さんは1971年、群馬県生まれ。
1997年大阪芸術大学芸術専攻科美術専攻彫刻修了。
毎年、個展、グループ展など多数の人気作家のおひとりです。
つばめをはじめとする鳥、動物たちが遊んだり、スポーツしたり、自転車に乗ったり、
風景、情景、日常の1コマを石、真鍮、彩色などで表現されます。

明田さんにとって大阪は、学生時代に過ごした思い出の地。
今回も楽しい作品世界が広げられます!

新型コロナ感染予防対策をお取りのうえ、お出かけください。


●-STONE WORKS- 明田一久彫刻展
会期:2020年10月14日(水)~20日(火)
会場:高島屋大阪店6階ギャラリーNEXT
*高島屋大阪店の営業時間は下記URLにてご確認ください
*個展の最終日は午後4時閉場

・高島屋大阪店
https://www.takashimaya.co.jp/osaka/

・明田一久さん
http://ak19-45.raindrop.jp/





国別花崗岩製品の輸入動向(2020年8月)


国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年8月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比63.8%、輸入金額は60.9%となっています。


中国産花崗岩製品の輸入動向(2020年8月)


中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年8月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比63.5%、輸入金額は61.1%となっています。



日本遺産「福井・勝山 石がたり」が10月24日にWEBシンポジウム



参加者募集中!

WEB 日本遺産認定記念シンポジウム
「石から読み解く中世・近世のまちづくり」
10月24日、YouTubeによるオンライン配信!

WEB  日本遺産認定記念シンポジウム「石から読み解く中世・近世のまちづくり」が
10月24日(土)、YouTubeによりオンライン配信されます。
現在、参加者(視聴者)を募集中です。
視聴は無料、事前申し込み制(10/22まで)です。

これは令和元年度に認定された、
「400年の歴史の扉を開ける旅~石から読み解く中世・近世のまちづくり

越前・福井~」を記念して開催されるシンポジウムです。
当初、今年3月の開催を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で中止に。
今回は3月に予定していたものと同様の内容をオンラインで配信します。

〈内容〉
・基調講演
「石から読み解く平泉寺、一乗谷、福井城、勝山城下町」
講師:中井均氏(滋賀県立大学教授)

・基調講演
「日本遺産の可能性とその展開」
講師:丁野朗氏(東洋大学客員教授、日本遺産審査委員)

・トークセッション

〈ストーリーの概要〉
越前・福井では、中世期に地方に生まれ、大量の石を用いて計画的につくられた都市が
今も独特の空間を醸し出しています。また、近世期の城下町では、風景に溶け込んだ
美しい青色の石が天候によって街並みの色合いを変化させ、自然の力が大地を
階段状につくり上げた街の中心部には石の壁が続きます。
様々な形に姿を変えて時代を越えてきた石が私たちを出迎える越前・福井は、
日本人と石との共生の歴史や屈指の石づくり文化を体感させてくれる地です。

オンラインだから全国どこからでも視聴可能です。
お申込みは下記の申込サイトより。ぜひご参加を!


●WEB 日本遺産認定記念シンポジウム
「石から読み解く中世・近世のまちづくり」
日時:2020年10月24日(土)、午後1時~午後4時
主催:福井・勝山日本遺産活用推進協議会

*YouTube Live(オンライン配信)
*視聴無料
*事前申込制:10月22日(木)まで

【申込サイト】
https://www.knt-ishigatari2020.com

【福井・勝山  石がたりサイト】
https://nihonisan-ishigatari.jp/




第9回お墓参り写真コンテストが一般投票をスタート!


第9回 お墓参り写真コンテスト 投票

第9回お墓参り写真コンテストが一般投票をスタート!
Web投票、10月14日(水)まで!!

お墓100年プロジェクト実行委員会(森田浩介委員長)が、「第9回お墓参りコンテスト」の一般投票をスタートさせました。
今回は庵治ストーンフェアの中止に伴い、Web投票となります。投票期間は10月14日(水)まで

お墓100年プロジェクトは2011年に発足し、「お墓って本当にいいものだ」ということを一人でも多くの方々に知ってもらいたいと、活動しています。

その活動の一つとして、「お墓参り写真コンテスト」を年一回開催されています。

今回の応募作品は全128作品で、投票はそのなかから「いいな」と思った写真を5点だけです(投票は一人一回)。

投票については、下記のページをご覧ください。写真はインスタグラムでも閲覧できます。

掲載写真のなかには、応募者が寄せたメッセージを記載しているものもあります。
是非、メッセージもあわせてご覧ください。


第9回 お墓参り写真コンテスト 一般審査用ページ
https://ohaka100nen.jp/2020.html



田中毅石彫展は9月24日より東京・中野の土日画廊にて!



田中毅石彫展 tsuyoshi2020

9月24日より東京・中野の土日画廊にて!

彫刻家・田中毅さんの個展「田中毅石彫展」が9月24日(木)から10月11日(日)まで、
東京・中野の土日画廊で開催されます。

田中毅さんはこの夏、東京・日本橋高島屋でも展覧会が開かれたばかり。
新型コロナの影響で一時、各画廊とも展覧会の開催を自粛していましたが、
いよいよ少しずつ動き出したのを実感できます。

田中毅さんは1951年宮崎県生まれ。
東京藝術大学美術学部彫刻科卒業、同大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。
個展、グループ展、シンポジウム参加などで活躍される彫刻家です。
むしのような、妖精のような、動物のような不思議な存在感を示す作品が大人気です。

上記の写真は作品「つよむし よわむし」(H38センチ)。
「この作品は気の遠くなるほど永い歳月に育まれた黒御影石が、
こつこつこんこんと鑿で刻まれ磨かれ生まれた地球の児。
曽て路傍に在った道祖神を友としたように、
この児らもみなさまのお仲間に・・・」(画廊オーナー、案内状より)

なお土日画廊は2階建ての民家を利用した趣きのある画廊です。
近くには「たきび」のうた発祥の地もあり、作品鑑賞とあわせて散策するのもおすすめ!

新型コロナウイルス感染防止対策をお取りのうえ、ぜひお出かけください。


●田中毅石彫展 tsuyoshi2020
会期:2020年9月24日(木)~10月11日(日)
開廊:木金土日/休廊:月火水
時間:正午~午後7時

会場:土日画廊
住所:東京都中野区上高田3-15-2
http://donichigaroh.com/




彩る石たちは9月19日より蒲郡市生命の海科学館にて!



彩る石たち~絵・画・編~

9月19日より愛知県蒲郡市生命の海科学館にて!

企画展「彩る石たち~絵・画・編~」が9月19日(土)から来年1月10日(日)まで、
愛知県蒲郡市の蒲郡生命の海科学館で開催されます。

「石は、地球のかけら。
古くから彩色のたまの顔料として用いられてきた、
その美しい色や輝きの秘密をご紹介します」
(展覧会チラシより)

そのタイトル通り、彩り豊かな岩石、鉱物が多数展示されるようです。
新型コロナウイルス感染防止対策をお取りのうえ、ぜひご来場ください!


●彩る石たち~絵・画・編~
会期:2020年9月19日(土)~2021年1月10日(日)
時間:午前9時~午後5時 *入館は午後4時30分まで
休館日:毎週火曜日、年末年始(12/29~1/3)
*火曜日が祝日の場合は翌日休館
*2/11は開館、2/12は休館

観覧料:高校生以上500円(300円)、小・中学生200円(100円)
*( )内は30名以上の団体料金
*蒲郡市在住の方は市民利用証提示で無料

会場:蒲郡市生命の海科学館
住所:愛知県蒲郡市港町17番17号
https://www.city.gamagori.lg.jp/site/kagakukan/





ROOMS41は10月15日より新宿住友ビル三角広場にて!



ROOMS41

10月15日から東京・新宿住友ビル三角広場にて!
(オンライントレードショーは9月10日より)

ROOMS41が10月15日(木)から17日(土)まで、東京・新宿住友ビル三角広場で開催されます。
またオンラインのROOMS41 ONLINE TRADESHOWは9月10日(木)より開催されています。

ROOMSはクリエイターと社会とつなぐことを目的に2000年にスタートした、
ファッション、ライフスタイル、アート、パフォーマンス、飲食など、
あらゆるジャンルのクリエイターが参加するトレードショー。
年2回の開催で、会期中は国内外から300~400ブランドが集結し、
一般来場者も多く、最先端の情報が集まる見本市です。

今回、石材関連の参加はなさそうですが、
商品開発、デザイン、プロモーション等、ヒントがいっぱい!
オンラインでも開催していますので、ぜひのぞいてみてください。


●ROOMS41
会期:2020年10月15日(木)~17日(土)
時間:午前10時~午後6時
*15-16日は業者/17日は一般も
会場:新宿住友ビル三角広場
住所:東京都新宿区西新宿2-6-1

●ROOMS41 ONLINE TRADESHOW
会期:2020年9月10日(木)~12月10日(木)
*出展ブランド情報閲覧、ウェブ商談、ライブ配信、360°MAPなど
*9/10よりビジター登録受付スタート。オンライン限定のサービスも充実

●公式サイト
https://www.roomstradeshow.com/
*オンライントレードショーもこちらから!





石の里のアーティストたちは10月3日より石匠の里公園にて!

石の里のアーティストたち 

石の里のアーティストたち「テーマ庵治石」Part19

同時開催:三枝惣太郎とコッパ
10月3日より高松市石匠の里公園・芝生広場(石の民俗資料館)

企画展「石の里のアーティストたち『テーマ庵治石』Part19」が10月3日(土)から
11月1日(日)まで、香川県高松市の高松市石匠の里公園・芝生広場で開催されます。
企画展「三枝惣太郎とコッパ」と同時開催(高松市石の民俗資料館にて)です。

最高級石材・庵治石の産地として知られる高松市牟礼町・庵治町で活躍する
石の彫刻家12名による野外展覧会です。
庵治石による彫刻作品が展示されます。

〈参加作家〉敬称略、50音順
アキホ・タタ、安部重竹、和泉良照、岩田一輝、上村隆之、太田眞介
岡田昌臣、坂本英之、神野淳平、高石覚、森岡量基、山田浩之

また、企画展「三枝惣太郎とコッパ」も同時開催されます。

彫刻家・三枝惣太郎氏が故郷の石工たちの彫刻技術向上のために始めた
デザイン教室「グループコッパ」。指導を受けた若き石工たち(コッパ)は
のちに県展や日展に入選を果たすなど、目覚ましい活躍を遂げました。
本展では指導者である三枝氏の作品やグループコッパの石工たちが
制作した石膏像や塑像、石彫などを展示・紹介します。


新型コロナウイルス感染防止対策をお取りのうえ、ぜひご来場ください。


〈三枝惣太郎略歴〉
1911~2006年。庵治町出身の彫刻家。
東京美術学校(現・東京藝術大学)在学中に「裸婦立像」で「第15回
帝展第3科」(1934年)に初入選以来、幾度も日展に入選。精力的に
国内美術展に出展するかたわら、日本各地から依頼を受け数多くの
モニュメントを制作。後半生のライフワークである「干支シリーズ」は
いまなお根強いファンがいる。


●石の里のアーティストたち「テーマ庵治石」Part19
会期:2020年10月3日(土)~11月1日(日)
開館時間:午前9時~午後5時
観覧料:無料
会場:高松市石匠の里公園・芝生公園(高松市石の民俗資料館)

●三枝惣太郎とコッパ
会期:同上
開館時間:同上(展示室入室は午後4時30分まで)
観覧料:一般200円/大学生150円
*高校生以下は無料 *団体(20名以上)は2割引

会場:高松市石の民俗資料館・企画展示室
住所:香川県高松市牟礼町牟礼1810
URL. https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/bunka/ishimin/index.html





丸亀城キャッスルロードが9月12日より開催!



丸亀城キャッスルロード2020

9月12日より香川県丸亀市にて!

丸亀城キャッスルロード尾2020が9月12日(土)から11月23日(月・祝)まで、
香川県丸亀市の丸亀城で開催されます。
期間中は丸亀城の石垣がライトアップされます。

イベント等は次のとおりです。

・イルミネーション点灯式
9/12(土)午後6時30分 丸亀城ときわ橋

・丸亀城石垣ライトアップ
9/12(土)~11/23(月・祝)午後7時~午後9時30分

・天守夜間特別開館
期間中の土・日・祝 午後4時30分~午後9時
入館料:大人200円、小人100円
入館は午後8時30分まで

・ナイトフェスタ
9/12(土)午後5時~午後8時

・丸亀城キャッスルロード天守ライブ
9/19(土)午後6時30分開場、午後7時開演、午後8時30分終演

・お月見散歩
10/3(土)、10/4(日)午後5時50分集合、午後6時出発
集合場所:丸亀城ときわ橋、参加料:1,800円

・ジャズカルテットTANTライブin丸亀城NIGHT
11/1(日)午後5時30分開場、午後6時開演、午後7時終演

丸亀城は現在、石垣の修復工事を行なっています。
新型コロナウイルス感染防止対策をお取りのうえ、ぜひご来城を!


●丸亀城キャッスルロード2020
会期:2020年9月12日(土)~11月23日(月・祝)
時間:午後5時~午後9時
会場:丸亀城(高松市丸亀市)

詳細は下記・丸亀城の公式ホームページをご覧ください。
https://www.marugame-castle.jp/





特別展「岩石」は11月15日まで沖縄県立博物館・美術館で!



特別展「岩石」―石ころから見える地球のダイナミズム―

沖縄県立博物館・美術館にて11月15日まで!

特別展「岩石」―石ころから見える地球のダイナミズム―が9月8日(火)から11月15日(日)まで、
沖縄県那覇市の沖縄県立博物館・美術館で開催されています。
道端の石ころから地球や島を形作る岩石まで、石のすべてが大集結です!

以下の構成です。

1. プロローグ~水と岩石と生命の星 地球~
岩石は地球で生まれた最初のこども。岩石誕生の秘密をのぞきます。

2. 岩石鉱物の世界へようこそ!知られざる岩石鉱物の世界
あれもこれも石!? あらゆる形態の岩石を紹介します。

3. 沖縄の岩石と化石~島々の成り立ち~
離島ごとに個性を持つ岩石鉱物に着目。
「島の生い立ち」にクローズアップ!

4. 沖縄の石と人々~石から見える人々の生活と歴史~
人類と岩石の関わりにスポットを当て、生活必需品として、
また祈りの道具として使われてきた岩石を紹介します。

5. エピローグ~岩石が語る過去と未来~
多くのナゾに包まれる岩石。岩石研究の一部を紹介します。

◆関連イベント
博物館を飛び出して岩石展を楽しもう!
ジオツアーなど関連イベントも盛りだくさん!
*詳細決定次第、下記ホームページにアップされます。

また、9/19(土)は博物館文化講座として、
「石と化石からわかる島の生い立ち」(講師:神谷厚昭氏)が開催されます。

新型コロナウイルス感染防止対策をお取りのうえ、ぜひご来場ください。


●特別展「岩石」―石ころから見える地球のダイナミズム―
会期:2020年9月8日(火)~11月15日(日)
会場:沖縄県立博物館・美術館 特別展示室1・同2・企画展示室
観覧料:一般1,100円(800円)/大学生800円(640円)/高校生500円(400円)
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方と介助者の方1名は当日料金の半額
*中学生以下は無料

開館時間:午前9時~午後6時(金・土は午後8時まで) *入場は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日 *9/21(月・祝)は開館

●博物館文化講座「石と化石からわかる島の生い立ち」
講師:神谷厚昭氏
開催日:2020年9月19日(土)
時間:午後2時~午後4時 *開場:午後1時30分
場所:講堂(定員:100席)
対象:小学生、中学生、高校生、大学・専門学生、一般
参加費:無料
申込み:8/19より、電話にて受け付け(要申込み)

主催:沖縄県立博物館・美術館
住所:沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
TEL. 098-941-8200(代表)
URL. https://okimu.jp





隈研吾展は8月1日より角川武蔵野ミュージアムにて!



角川武蔵野ミュージアム 竣工記念展

「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築」
8月1日より、埼玉県所沢市の角川武蔵野ミュージアムにて!

「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築」が
8月1日(土)から10月15日(木)まで、埼玉県所沢市の角川武蔵野ミュージアムで開催されます。
8月1日にプレオープンする角川武蔵野ミュージアムの竣工記念展です。

世界的建築家・隈研吾氏が携わった石の建築と木の建築を紹介します。
特に石の建築では、角川武蔵野ミュージアムの外観・内部空間(一部エリア)・
周辺のランドスケープデザインを公開するとともに、構想から設計、
実際の工法までを、隈氏のテキストや設計図、インタビュー映像など、
豊富な資料で解説します。

展示企画や、隈研吾建築都市設計事務所が手がけます。
隈氏が設計したミュージアム内のグランドギャラリーに、柔らかな布の展示台を設置し、
その上に「CLT HARUMI PARK」や「V&A Dundee」など、
自然素材である石と木を用いた近年の代表作の模型群を展示・解説します。

角川武蔵野ミュージアムは隈研吾建築都市設計事務所の設計。
外壁全面に約2万枚の石(割肌風タタキ仕上げ)を使用する石の超建築です。
まるで巨大な岩塊が武蔵野台地の地殻からせり上がってきたかのようで、
その迫力、造形的な美しさ、そして石の表情は一見の価値あり。
ぜひこの機会にご来館ください。

なお、新型コロナウイルス感染防止対策として、完全事前予約制などの
入館人数の制限や各種対策を行なっています。
お出かけの際には角川武蔵野ミュージアムのウェブサイトをご確認ください。

*「月刊石材」2020年7月号にて角川武蔵野ミュージアムの記事を掲載。
こちらからご注文可能です。
https://www.ishicoro.net/SHOP/sekizai20200715.html


●角川武蔵野ミュージアム 竣工記念展
「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築」
会期:2020年8月1日(土)~10月15日(木)
時間:午前10時~午後6時(金・土は10時~21時)
*最終入館は閉館30分前まで
休館日:火曜日
*9月22日(火・祝)は開館
会場:角川武蔵野ミュージアム・グランドギャラリー
住所:埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3

主催:角川武蔵野ミュージアム(公益財団法人角川文化振興財団)
展示企画:隈研吾建築都市設計事務所
写真:新津保建秀
協力:KADOKAWA、デルタ電子、TIME & STYLE、飛騨産業
後援:所沢市、所沢市教育委員会

*事前予約や入場料金などの詳細
角川武蔵野ミュージアム https://kadcul.com/





いしのない世界は9月14日より東京・いりや画廊にて!



荒木美由個展「いしのない世界」

9月14日より東京・いりや画廊にて!

彫刻家・荒木美由さんの個展「いしのない世界」が9月14日(月)から
26日(土)まで、東京・入谷のいりや画廊で開催されます。
ライムストーンを使った作品「呼吸する石」を用いたインスタレーションです。

荒木さんは1
988年東京生まれ。
女子美術大学大学院美術研究科美術専攻修士課程立体芸術領域修了。
個展・グループ展多数。パブリックコレクションは、立飛GREEN SPRINGS (2020)、
鋸山美術館(旧:金谷美術館(2018))、大田原市美原公園(2016)、
株式会社藤田運輸倉庫(2014)。

「人間の意志はどこまで届くのか。
人がいなくなったあとの世界を想像する。
いしはそこに在るだろうか。」(荒木美由)


新型コロナウイルス感染防止対策をお取りのうえ、ぜひご来場ください。


●荒木美由個展「いしのない世界 Life After People」
会期:2020年9月14日(月)~26日(土) *日曜休み
時間:午前11時30分~午後7時30分 *最終日は午後4時まで
会場:いりや画廊
住所:東京都台東区北上野2-30-2
https://www.galleryiriya.com

荒木美由
https://araki3u.net




飛鳥の石造文化と石工展は飛鳥資料館で9月22日まで!

飛鳥の石造文化と石工 

令和2年度特別展 飛鳥の石造文化と石工

8月4日から奈良文化財研究所・飛鳥資料館にて!

奈良県明日香村の奈良文化財研究所・飛鳥資料館は、8月4日(火)から
9月22日(火)まで、令和2年度特別展「飛鳥の石造文化と石工」を開催しています。

古代飛鳥は「石の都」と形容されるほど、さまざまに石材を利用していました。
石人像、須弥山石、猿石、亀形石槽など独特な衣装の石造物が点在しています。
他にも自然石を組む石舞台古墳石室、精美な切石の高松塚古墳、キトラ古墳石室、
宮殿に敷き詰められた石敷、山田寺の蓮華座を彫刻した礎石など、
多くの石造文化財が飛鳥の古代文化を彩っています。

それらの石造物には実物を容易に見ることができないものもありますが、
飛鳥資料館では長年にわたって代表的石造物を精巧に復元、展示しており、
今回、新たに復元した酒船石遺跡と亀形石槽を初公開します。
またそれらの石造物の復元を手がけた石工・左野勝司氏の協力により、
近現代の石工道具、復元の際の図面や写真なども展示し、
現代に受け継がれる石工の技の一端を紹介します。

日本人と石の関わり、石で造られた文化財の魅力を感じながら、
展示室の資料を見学し、石造物(復元品)を展示する庭園を散策できます。

なお、新型コロナウイルス感染症対策を実施しています。
詳細は下記ホームページをご覧ください。


●令和2年度特別展 飛鳥の石造文化と石工
会期:2020年8月4日(火)~9月22日(火)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日) *8/15(土)は無料入館日
時間:午前9時~午後4時30分(最終入館は午後4時まで)
入館料:一般350円、大学生200円
    高校生及び18歳未満、70歳以上(年齢のわかるものが必要)は無料

会場:奈良文化財研究所 飛鳥資料館
住所:奈良県高市郡明日香村奥山601
https://www.nabunken.go.jp/asuka/

*新型コロナウイルス感染症対策など、詳細はホームページでご確認ください。





化石のひみつ展は7月15日より島根・来待ストーンにて!

来待ストーン 

化石のひみつ―化石でわかる島根のジオー

7月15日より島根県松江市の来待ストーンにて!

2020夏季特別企画展「化石のひみつ―化石でわかる島根のジオ―」が、
7月15日(水)より9月28日(月)まで開催されます。
会場は「来待石」を学べる・体験できる博物館として親しまれている
モニュメント・ミュージアムの来待ストーンです。

大森層・布志名層の貝化石を中心に、島根県唯一の中生代・樋口層より
産出したアンモナイトや隠岐島沖の海底より発見されたナウマンゾウの
歯化石など、島根県内の化石からwかる島根県のジオを紹介します。
また来年全国大会が開催される島根半島・宍道湖中海ジオパーク内の
化石や小学生を対象とした化石クイズもあります。
地質や大地の成り立ちについて、ご家族で楽しく学べます。

7/15~7/31、9/1~9/28の毎週土日祝には、
化石のレプリカストラップ作り(体験料無料)も行われます。

また来待ストーンでは常時、「来待石の彫刻体験」「来待石のペンダント
作り体験」「来待石の時計作り体験」などを開催しています。

詳細は、来待ストーン・ウェブサイトにてご確認ください。

なお、新型コロナウイルスの感染防止対策を実施しています。
ご来館の際には、日程も含め、事前にウェブサイトをご覧ください。


●2020夏季特別企画展
化石のひみつ―化石でわかる島根のジオ―
会期:2020年7月15日(水)~9月28日(月)
時間:午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日:毎週火曜日(ただし8/11は開館)
入館料:一般=390円(320円)/小中学生=190円(150円)
*( )内は15名以上の団体料金

会場:モニュメント・ミュージアム 来待ストーン
住所:島根県松江市宍道町東来待1574-1
https://www.kimachistone.com/





博物館、美術館など徐々に再開しています

博物館、美術館などが徐々に再開しています
感染予防対策のうえ、お近くの施設を観覧するのもいいものです!


新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されてから、
徐々に博物館、美術館などの施設も再開しています。

「石」にまつわる施設情報を、ほんの一部ですがご紹介します。

マスクの着用はもちろん、3密の回避、県をまたぐ移動の自粛など、
皆様には感染予防の対策をしっかり取られたうえで

こんな時だからこそ、もう一度、石の面白さや奥深さを知るために
お近くの各施設へお出かけするのもいいものですよ!

施設によってはそれぞれに感染予防対策を講じています。
お出かけの際にはホームページ等でよくご確認ください。


すてきな石やアイデアとの出会いを!


▽香芝市二上山博物館(奈良県)

二上山博物館 
全国初の旧石器時代を紹介する石の博物館として、平成4年にオープン。
千数百万年前に噴火した二上山が産んだ3つの石(サヌカイト・凝灰岩・
金剛砂)にスポットを当てた各種展示が楽しめます。

2月28日から休館していましたが、6月16日(火)より開館する予定です。
*感染防止のための施設利用制限は下記URLより要確認

・住所:奈良県香芝市藤山1-17-17
香芝市文化施設ふたかみ文化センター1階
tel. 0745-77-1700
http://kashiba-mirai.com/3378


▽ストーンミュージアム博石館(岐阜県)
日本最大級のピラミッドがシンボルの石の博物館です。
館内随所に石を配し、地下迷路の探検も大人気!
石製の門「博石館」、石職人体験館など見どころいっぱいです。

4月7日から休館していましたが、5月23日より再開しています。
当面、土日祝日のみの営業となります。
*感染防止のための施設利用制限は下記URLより要確認

・住所:岐阜県中津川市蛭川5263-7
tel. 0573-45-2110
https://www.hakusekikan.co.jp/


▽益富地学会館(京都府)
京都御苑の隣にある石の博物館です。
鉱物、化石、岩石の標本が豊富に展示されています。
石にさわって、見て楽しめる展示が人気です。

6月6日より展示室の公開を再開しています。
土・日・祝日のみの公開です。
*感染防止のための施設利用制限は下記URLより要確認

・住所:京都府京都市上京区出水通り烏丸西入る
tel. 075-441-3280
http://www.masutomi.or.jp/

なお、益富地学会館が主催する「石ふしぎ大発見展2020・大阪ショー」が
2020年7月25日(土)~27日(月)に開催される予定です。
通常4月開催でしたが、7月に延期しています。
会場は、大阪天満橋OMMビル2F。
詳しくは上記URLからご覧ください。


▽京都市京セラ美術館(京都府)
京都といえば、京都市京セラ美術館も見逃せません。
当初は3月21日のリニューアルオープンでしたが延期。
5月26日より開館しています。

*6月18日(木)までは、県をまたぐ移動自粛のため、
京都府在住者のみなど、原則、入館は予約制です。
*感染防止のための施設利用制限は下記URLより要確認

京セラ美術館では現在、
開館記念展として「杉本博司 瑠璃の浄土」を開催中です。
弊社刊「月刊石材」でおなじみの現代美術作家・杉本博司氏の展覧会。
会期延長しての開催となります。
・2020年5月26日~10月4日(日)
・会場:新館 東山キューブ

・住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
https://kyotocity-kyocera.museum/


▽細見美術館(京都府)
さらに杉本博司の世界を楽しむなら、こちらも必見!
京都市京セラ美術館からすぐの細見美術館です。
こちらも5月26日から再開しています。

杉本博司・細見美術館

「飄々表具-杉本博司の表具表現世界-」
前期:2020年4月4日~7月12日(日)
後期:2020年7月14日(火)~9月6日(日)

細見美術館でも当面、京都府外からの来館は不可などの制限があります。
*感染防止のための施設利用制限は下記URLより要確認

・住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
https://www.emuseum.or.jp/



以上、ごく一部ですが、ご案内いたしました。
「文化芸術を止めるな」を合言葉に、近隣にお住いの方はぜひご来館を。

重ねてのお願いになりますが、感染予防の対策は万全にお取りください。

一日も早く、誰もが自由に文化芸術を楽しめる日の再来をお祈りいたします。





「『お墓物語』を全て日本の人にとどけたい」プロジェクトは9月5日まで!


『お墓物語Ⅲ~つながりのものがたり~』  『お墓物語Ⅲ~つながりのものがたり~』


「『お墓物語』を全て日本の人にとどけたい」プロジェクト
クラウドファンディングにて、9月5日(土)まで

一般社団法人日本石材産業協会(森田浩介会長)は、
『お墓物語Ⅲ~つながりのものがたり~』を製作するにあたり、
クラウドファンディングにて「『お墓物語』を全て日本の人にとどけたい」プロジェクトを立ち上げました。

クラウドファンディングとは、
インターネットを介して不特定多数の人々か  ら少額ずつ資金を調達することですが、
今回のプロジェクトは、その資金で『お墓物語Ⅲ』を製作するということではなく、
たくさんの人に同書を届けたいというものです。

よって、「目標金額に満たない場合も計画を実行し、
リターンをお届けします」ということです。

目標金額は100万円で、支援は1000円から可能です。
お礼は支援の金額によってさまざまありますので、
ぜひ、同プロジェクトのページをご覧ください。

●「お墓物語」を全て日本の人にとどけたい

第9回「お墓参り写真コンテスト」応募受付は8月31日(月)まで




第9回 お墓は、幸せのシンボル!
「お墓参り写真コンテスト」の応募受付は8月31日(月)まで

新型コロナウイルスの影響により、応募締切を延期した
第9回 お墓は、幸せのシンボル!「お墓参り写真コンテスト」の
応募受付は8月31日(月)までとなります。

このコンテストは、美しい日本のお墓参り文化をとらえた写真を審査するで、
主催はお墓100年プロジェクト実行委員会。

笑顔でお墓参り、ご先祖様に報告、子供たちの姿、手を合わせる祈りの姿など、
お墓参りをしている写真を広く一般から募集しています。
写真はメッセージ(800字まで)付きでもよく、下記の各賞が授与されます。

・大賞(1名)5万円
・日本石材産業協会賞(1名)3万円
・審査員特別賞(1名)2万円
・奨励賞(3名)記念品


詳細は、公式サイトをご覧いただき、ぜひご応募ください!


●第9回「お墓は、幸せのシンボル」お墓参り写真コンテスト



オリンピック・パラリンピックにまつわる彫刻展は9月4日まで!

天王洲アイル2020展

東京2020応援プログラム

BEYOND GAMES ART EXHIBITION in TOKYO
オリンピック・パラリンピックにまつわる彫刻
8月3日から天王洲セントラルタワー1Fアートホールにて!


BEYOND GAMES ART EHIBITION in TOKYO オリンピック・パラリンピックに
まつわる彫刻が8月3日(月)から9月4日(金)まで、
東京・天王洲セントラルタワー1Fアートホールにて開催されています。
「オリンピック・パラリンピック」をテーマに制作された彫刻展です。

参加作家は、青野セクウォイアさん、明田一久さん、浅川洋行さん、櫻井かえでさん。
特に明田さんは石の作家としておなじみですね。
青野さん、浅川さんも石を彫られます。(櫻井さんは木)

・ギャラリートーク(参加無料)
8/3(月)午後6時~
9/4(金)午後6時~
*新型コロナウイルス感染予防のためマスク着用
*感染拡大状況により中止の場合あり。下記ホームページで要確認
*「密」を避けるため入場制限を行ない、2回にわかる場合もあり


●東京2020応援プラグラム
BEYOND GAMES ART EXHIBITION in TOKYO
オリンピック・パラリンピックにまつわる彫刻
会期:2020年8月3日(月)~9月4日(金)
時間:午前8時30分~午後8時
*最終日は午後7時まで(土日祝日休み)
会場:天王洲セントラルタワー1Fアートホール
住所:東京都品川区東品川2-2-24(中川特殊鋼株式会社ビル内)

主催:天王洲アイル2020展実行委員会
公式HP:https://beyondgamesartexhibi.wixsite.com/website





田中毅展が8月18日まで日本橋高島屋で開催中!

田中毅展 

Sculpture Selection:田中毅

7月29日より日本橋高島屋S.C.本館6階美術彫刻コーナーにて!

「Sculpture Selection:田中毅」が7月29日(水)から8月18日(火)まで、
東京の日本橋高島屋S.C.本館6階美術彫刻コーナーで開催されています。

田中毅さんは1951年、宮城県生まれ。77年東京藝大大学院美術研究科彫刻専攻修了。
個展、グループ展、シンポジウム多数の彫刻家です。
むし? 妖精? 動物? ご本人!?と思わせる作品が人気です。

「自然の中にいるようで居ない生き物を石の彫刻にあらわしました。
クラゲや甲虫をモチーフにした彫刻もあります。
あれ?こんなのも居るよ!とホッと安らいでもらえたら嬉しいです」
(案内状より)

石の作品が19点展示されています。
新型コロナウイルス感染防止対策のうえご来場ください。

*都合により内容が変更・中止になる場合がございます。
*混雑時の入場制限、店内施設のご利用制限をお願いする場合がございます。
*ご来店の際には「マスクの着用、手指の消毒」をお願いいたします。


●Sculpture Selection:田中毅
会期:2020年7月29日(水)~8月18日(火)
時間:午前10時30分~午後7時30分(最終日は午後4時閉場)
会場:日本橋高島屋S.C.本館6階美術彫刻コーナー
https://www.takashimaya.co.jp/nihombashi/
*営業時間等、日本橋高島屋ホームページでご確認ください。

*写真は左が作品「古城の杜」、右が「石彫の虫」




相原裕展は7月20日より銀座・ギャラリーせいほうにて!



相原裕展 陶彫・「発掘」シリーズ7

7月20日より東京・銀座のギャラリーせいほうにて!

彫刻家・相原裕さんの個展「相原裕展 陶超・『発掘』シリーズ7」が
7月20日(月)から25日(土)まで、東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。

相原さんは1956年生まれ、神奈川県出身の彫刻家。
武蔵野美術大学卒業後、ウィーン国立美術アカデミーで学びます。
2006年より毎年、ギャラリーせいほうで個展を開催されています。

石ではなく陶彫ですが、ぜひご来場ください!
なお、観覧の際には必ずマスクを着用してください。


●相原裕展 陶彫・「発掘」シリーズ7
会期:2020年7月20日(月)~25日(土)
時間:午前11時~午後6時30分
会場:ギャラリーせいほう
住所:東京都中央区銀座8-10-7
http://gallery-seiho.com

相原裕ウェブサイト
https://y-ai.com/





業界関連イベント延期・中止のお知らせ


新型コロナウイルスの影響により、下記の業界関連イベントが延長・中止となっておりますのでお知らせいたします。


【延長】



【中止】


・むれ源平石あかりロード2020(8月1日から9月12日)



国別花崗岩製品の輸入動向(2020年7月)


国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年7月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比71.7%、輸入金額は67.7%となっています。

中国産花崗岩製品の輸入動向(2020年7月)


中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年7月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比71.9%、輸入金額は68.2%となっています。



中国産花崗岩製品の輸入動向(2020年6月)


中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年6月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比81.2%、輸入金額は79.1%となっています。

国別花崗岩製品の輸入動向(2020年6月)


国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2020年6月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比81.4%、輸入金額は79.0%となっています。

ページトップへ