カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

保坂航子展は2月17日より東京・入谷のいりや画廊にて!



保坂航子展

2月17日より東京・入谷のいりや画廊にて!

彫刻家・保坂航子さんの個展「保坂航子展」が2月17日(月)より29日(土)まで、
東京・入谷のいりや画廊で開催されます。

保坂さんは、2016年武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻彫刻コースを修了。
07年、個展「南国の思想」(ギャラリー山口、東京)をかわきりに、個展、グループ展多数。
平成15年度武蔵野美術大学造形学部卒業制作優秀賞受賞、第32回財団法人北野生涯教育振興会彫刻奨学生受賞。
いま注目の女性彫刻家の一人です。

ぜひ会場へお越しください。
*写真は作品「隕石」(伊達冠石)

●保坂航子展
会期:2020年2月17日(月)~29日(土) *日曜休み
時間:午前11時30分~午後7時30分 *最終日は午後3時まで
レセプション:2月21日(金)午後5時より

会場:いりや画廊
住所:東京都台東区北上野2-30-2
http://www.galleryiriya.com





神宮の杜に集う彫刻家たちは2月14日より明治神宮回廊にて!



鎮座百年祭奉祝 奉納展

神宮の杜に集う彫刻家たち
2月14日より明治神宮回廊にて!

「神宮の杜に集う彫刻家たち」が2月14日(金)から28日(金)まで、東京・代々木の明治神宮回廊にて開催されます。
明治神宮鎮座百年奉祝展としての開催で、
Le Paradis Terrestre - 地上の楽園」の関連イベントでもあります。

主催は、神宮の杜に集う彫刻家たち実行委員会。
企画は、ギャラリー仲摩、越境する芸術プロジェクト(代表=安部大雅氏)。
アドバイザーは建築家・隈研吾氏。

日本から彫刻の聖地・イタリアに移り住み、いまも活躍する現代彫刻家31名による彫刻展です。
彫刻の聖地とは、イタリアの彫刻家・故カルロ・セルジョ・シニョーリ氏が暮らしたイタリアのカッラーラやピエトラサンタのことで、良質な白大理石を産出することから数千年に渡り彫刻家が集う町になっています。

企画した安部氏によると、明治神宮本殿を囲む回廊をすべて使う彫刻展示は、明治神宮百年の歴史のなかでも初めてのこと。参加作家も現代彫刻界をけん引する作家ばかりで、「世代を超えてこれだけの作家が一堂に会することもまずないであろう」とのこと。しかも、世界的建築家の隈研吾氏がアドバイザーとして色を添えます。

*参加作家(敬称略、五十音順)
朝野浩行、安部大雅、緒方良信、菊地伸治、北川宏人、工藤文隆、
久保極、佐善圭、菅原二郎、杉山功、SO-イズミ、高橋健二、田中順也、
冨長敦也、仲道美知子、中村ケイ、中村真木、花田麗、原田恭子、
原田砂織、樋口恭一、平井一嘉、平井孝典、前田耕成、毛利吏絵子、
森本紗月、八木麟太郎、安田侃、湯川隆、渡辺忍、藁谷収

●明治神宮鎮座百年祭奉祝 奉納展
神宮の杜に集う彫刻家たち
会期:2020年2月14日(金)~28日(金)
時間:午前9時~午後4時30分

会場:明治神宮 回廊
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1





Le Paradis Terrestre は2月14日よりイタリア文化会館にて!

地上の楽園 

CARLO SERGIO SIGNORI

Le Paradis Terrestre - 地上の楽園
2月14日より東京・九段のイタリア文化会館にて!

「CARLO SERGIO SIGNORI  Le Paradis Terrestre - 地上の楽園」が2月14日(金)から3月1日(日)まで、東京・九段のイタリア文化会館にて開催されます。イタリアを代表する抽象彫刻家、カルロ・セルジョ・シニョーリ氏(1906-1988年)の彫刻作品と彫刻写真を展示します。

企画は、越境する芸術プロジェクト(代表=安部大雅氏、彫刻家)、イタリア文化会館。

カルロ・セルジョ・シニョーリ氏は、1920年よりミラノ・ブレラ国立美術学院で学び、1926年パリで彫刻家ジャン・ブシェに師事するも翌年には画家へ転向。ピカソやデュシャン、ジャコメッティなどの作家と親交を深めます。47年、ファシストに殺害された英雄ロッセッリ兄弟のモニュメント制作のために訪れたカッラーラで大理石との運命的な出会いを果たし、49年に完成したモニュメントは、初めての大理石抽象彫刻モニュメントとして大きな話題を呼びます。52年、カッラーラ美術アカデミーの教授としてカッラーラに移り住み、58年、ヴェネツィア・ビエンナーレで単独会場展示。63年、日本で最初の彫刻シンポジウムに参加するため来日し、後に妻となる写真家の柿沼冨美枝と出会います。64年、レンティアイのパルチザンのモニュメントを制作。70年、「ラ・ロッシュポゼ」本社(パリ)に3×20mの巨大な大理石レリーフを制作。88年9月18日、ガエターノ・ブレッシのモニュメント制作中に心筋梗塞ために死去されました。

企画した安部氏は、98年に初めてイタリアへ渡り、シニョーリ氏の妻・柿沼冨美枝さんと出会い、2016年に冨美枝さんやご家族と再会した際に、カッラーラの小さな倉庫に保管されたままのシニョーリ氏の作品のリスト化を依頼されます。それを機に、日本から写真家・中村治氏を連れて、全115点にも及ぶ歴史的傑作といえる作品を撮影。

今回の展覧会では、その彫刻写真のうち30点と、実際の彫刻作品5点を展示します。
ぜひこの機会に、シニョーリ氏による美しい石のフォルムをご覧ください。

なお、越境する芸術プロジェクトでは関連イベントとして、
神宮の杜に集う彫刻家たち」を明治神宮回廊にて開催します。
こちらもあわせてご覧ください。

●CARLO SERGIO SIGNORI
Le Paradis Terrestre - 地上の楽園
会期:2020年2月14日(金)~3月1日(日)
時間:午前11時~午後6時 *会期中無休

会場:イタリア文化会館エキシビションホール
住所:東京都千代田区九段南2-1-30
https://iictokyo.esteri.it/

企画:越境する芸術プロジェクト、イタリア文化会館
写真撮影:写真家・中村治





福井で日本遺産認定記念シンポジウムを3月22日に!



日本遺産認定記念シンポジウム

福井・勝山 石がたり 中世・近世のまちづくり、そして現代
3月22日、福井市の福井商工会議所コンベンションホールにて!

シンポジウム「福井・勝山 石がたり 中世・近世のまちづくり、そして現代」が3月22日(日)、
福井県福井市の福井商工会議所ビル・コンベンションホールで開催されます。
2つの基調講演と、パネルディスカッションなどが実施されます。

福井県では令和元年度、石にまつわるストーリーで日本遺産に認定されました。
タイトルは、「400年の歴史の扉を開ける旅~石から読み解く中世・近世のまちづくり 越前・福井~」。
このシンポジウムはその日本遺産認定を記念して開催されます。

*プログラム
・基調講演「日本遺産の可能性と展開」
講師:丁野朗氏(東洋大学客員教授、日本遺産審査員)

・基調講演「石から読み解く平泉寺、一乗谷、福井城、勝山城下町」
講師:中井均氏(滋賀県立大学教授)

・パネルディスカッション

*ストーリーの概要
越前・福井では、中世期に地方に生まれ、大量の石を用いて計画的につくられた都市が
今も独特の空間を醸し出しています。また、近世期の城下町では、風景に溶け込んだ
美しい青色の石が天候によって街並みの色合いを変化させ、自然の力が大地を
階段状につくり上げた街の中心部には石の壁が続きます。
様々な形に姿を変えて時代を越えてきた石が私たちを出迎える越前・福井は、
日本人と石との共生の歴史や屈指の石づくり文化を体感させてくれる地です。

福井の歴史ある石とは、もちろん「笏谷石(しゃくだにいし)」も含まれます。
ぜひ、業界としても応援しましょう!

なお、参加は無料、事前申込制です。
詳細は下記ホームページをご覧ください。

●日本遺産認定記念シンポジウム
福井・勝山 石がたり 中世・近世のまちづくり、そして現代
日時:2020年3月22日(日)
   午後1時30分~午後4時30分(開場は午後1時、受付開始)
入場無料

会場:福井商工会議所ビル・コンベンションホール
住所:福井県福井市西木田2丁目8-1
主催:福井・勝山 日本遺産活用推進協議会

*事前申込制(申込サイト)
https://www.adjapan.org/ishigatari/





国別花崗岩製品の輸入動向(2019年12月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2019年12月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比100.6%、輸入金額は95.3%となっています。





中国産花崗岩製品の輸入動向(2019年12月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2019年12月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比98.6%、輸入金額は95.1%となっています。





国別花崗岩製品の輸入動向(2019年11月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2019年11月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比86.5%、輸入金額は84.1%となっています。

中国産花崗岩製品の輸入動向(2019年11月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、普通貿易統計より)の2019年11月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比87.1%、輸入金額は84.5%となっています。

須田郡司『石の聲を聴け』出版記念写真展は2月4日から東京・ギャラリー5610にて!


須田郡司写真集『石の聲を聴け』出版記念写真展
2月4日から東京・ギャラリー5610にて!

『月刊石材』でお馴染み須田郡司さんの写真集『石の聲を聴け』出版記念写真展が
2月4日(火)から9日(日)まで、東京・南青山三あるギャラリー5610で開催されます。

この写真展は、長年、聖なる場所や石・巨石をテーマに国内外の撮影を続けてきた
須田郡司の集大成である写真集『石の聲を聴け』(方丈堂出版)出版を記念して開催するものです。

セルフポートレイト、モノクロシリーズから
日本石巡礼、世界石巡礼、そして出雲石巡礼の世界を展示します。

オリジナルプリントの写真、出版した写真集をはじめ、
出雲で制作した巨石マップなども会場にて販売致します。
会期中は、終日在廊予定です。

8日は鎌田東二さんとのトークライブも開催されます。


●トークライブ:鎌田東二×須田郡司
日時:2月8日(土)14時~16時
テーマ:「聖地巡礼」
参加費:2,000円 定員30名 
要予約(yoyaku@deska.jp)


●須田郡司写真集『石の聲を聴け』出版記念写真展
『石の聲を聴け〜LISTEN to the VOICE of STONE』
会期:2020年2月4日(火)〜2月9日(日)
時間:11時~18時。最終日は16時まで

会場:ギャラリー5610
住所:東京都港区南青山5-6-10 5610番館

ギャラリー5610ホームページ

ストーンアシスト2020は2月26日、岩手県民会館にて!


ストーンアシスト2020 in IWATE
2月26日、岩手県民会館(盛岡市)にて!


ストーンアシスト2020 in IWATEが2月26日(水)、岩手県盛岡市の岩手県民会館で開催されます。
主催は(一社)日本石材産業協会・関連部会です。

今回は同部会所属の石材関連業者が21社出展し、自社の商品・サービスを紹介します。
出展者によっては展示即売もありますので、早い者勝ち!

*出展者(〇は展示即売あり)
生田化研社/WiTHART(〇)/内田洋行ITソリューションズ/冲セキ
お墓メンテナンス本舗(〇)/川本商店(〇)/クレア(〇)/サイトウトイシ
三和研磨工業/ジェイワックス(〇)/太陽研磨材(〇)/藤栄
ピコム/フクイシ/フチオカ/古河ユニック/ボイス(〇)
ボンド商事(〇)/丸菱産業(〇)/ミマキエンジニアリング/ルイ(〇)

また、基調講演、専門分野6社によるセミナーなども開催されます。

*基調講演
2年で年商1.5倍にアップさせた営業啓発セミナー
「小さな石材店が五輪塔を年間10本販売する極意」
講師(スペシャルゲスト):田中貴章氏(空世宇・代表)

*セミナー企業
ジェイワックス/冲セキ/日本仏事ネット
フチオカ& Touyou Enterprise/川本商店/日本石材工業新聞社

*初挑戦!同業者による本音トークセッション
by 関連部会員+地元石材店

そして、そして!
今回はなんと!岩手名物わんこそばの早食いレースも!!
地元名店による出張で、本場の味と雰囲気を楽しめます。

*わんこそば早食いレース
1レース5名参加で最大8レースを予定。
挑戦時間は1分間、あなたは何杯食べられるか!?
チャンピオンには賞品を授与予定。
応援参加も大歓迎!
参加費:500円(1名)

詳細は、主催の日本石材産業協会・事務局へお問い合わせを。

●ストーンアシスト2020 in IWATE
日時:2020年2月26日(水) 10時~17時
会場:岩手県民会館
住所:岩手県盛岡市内丸13番1号
http://www.iwate-kenmin.jp

主催・参加申込・お問合せ先:
日本石材産業協会・事務局 TEL.03-3251-7671
http://www.japan-stone.org/






石みがきをしよう~化石編~は2月9日、宮崎県総合博物館にて!


石みがきをしよう~化石編~
2月9日、宮崎県総合博物館(宮崎市)にて!


「石みがきをしよう~化石編~」が2月9日(日)、宮崎県宮崎市の宮崎県総合博物館にて開催されます。
現在、参加者を募集中。九州旅行と一緒にいかがですか?

貝化石のかけらをふくんだ、手のひらサイズくらいの石を〈根気づよく〉
みがいて、化石の断面を観察します。
約100万年前の宮崎の海には生きていた貝と出会えます!

詳細は下記ご参照のうえ、ぜひご参加ください。

●石みがきをしよう~化石編~(令和元年度博物館講座)
日時:2020年2月9日(日) 13時30分~15時30分
会場:宮崎県総合博物館・研修室2
住所:宮崎県宮崎市神宮2丁目4-4

対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
定員:24名(申込多数の場合は抽選)
参加料:無料
募集期間:1月12日(日)~26日(日)

申込方法・お問合せ先:
宮崎県総合博物館ホームページ(下記)参照
http://www.miyazaki-archive.jp/museum/cgi/news/document/news/2019/122502/index.html





ページトップへ