カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

120、法要の想い

墓参フォトコン2014応募作品


 平成26年5月3日(土)憲法記念日。晴れわたる5月の空の下、亡父43回忌亡母3回忌の法要を営みました。当日は村山市楯岡晦日町・得性寺にて10時30分「寺参りおつとめ」「墓参り」「自宅おつとめ」を済ませ、東根さくらんぼ温泉 石亭小松にて「お斉の席」でおごそかな中にも盛況にて家族・兄弟・親戚20名集い、亡き両親の墓前に合掌いたしました。
 昨今、新聞・TV等で寺や墓の文化がいちじるしく変ろうとしています。山形県内でも全市町村にセレモニーホールが建てられ、日本の葬儀のスタイルも寺院から近代的施設に移ろうとしており、先代から守りつづけて来た文化が大きく変ぼうしている今日、寺を墓を守ってきた人の心も変わってきているかの感です。
 43年前に父を亡くし、一周忌に墓を建て、今日迄墓前の清掃、墓参り、お盆、正月、命日そして檀家のおつとめと欠かすことなく、そして2年前に母を見送り、26歳のときから墓を守るのは「自分」と言いきかせ今日迄生きて来ました。この度母の3回忌にあたり生きづける間、寺と墓に手を合わせ続けたいと念じています。
 為二世安楽 
奉納 南無大慈大悲観音経 合掌(平成26年5月7日)

ページトップへ