カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

76、気持ちを込めて

墓参フォトコン2014応募作品

私の母が亡くなって13年、父が亡くなって9年経ちました。特に父は初めてのひ孫の顔を見て、3カ月後に他界しました。91歳でした。きっと喜んで旅立っていったものと思います。
父が元気なころは、毎年盆を迎えると、幼かった私たちを連れて、一度も欠かさずふる里の奈良県にある先祖のお墓参りをしていました。私たちにとっては、年中行事として、お墓参りは当たり前のこととして受け止めていました。
父が亡くなった今では、私が中心になり、孫たちを連れて3世代でお墓参りを続けています。最初の頃は何か分からなかった孫たちも、だんだんと私たちのすることを真似するようになり、今ではお墓掃除まで手伝ってくれるようになりました。
この写真は、「気持ちを込めて」というタイトルを付けましたが、普段やんちゃな孫たちが本当に一生懸命にお墓の掃除をしている様子を撮影しました。
私たちが気持ちを込めた墓参りをしていれば、次の時代を担う子や孫たちにも、必ず伝わっていきます。大切なこころの教育だと思います。

ページトップへ