カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

7、名残りを惜しむ姉妹

墓参フォトコン2014応募作品

姉妹の父親の50日祭に当たる墓参りである。
お墓には多くの親族が集まった。そんな契機を提供してくれるシンボルだ。
両親の親族はすでに家路についており、後片付けもあって、お墓には姉妹だけが残った。
姉妹が一緒に作業するなんて、いつ以来だろう。
ちょっと感傷的になる。
さあ、帰ろうか。うん・・・。
父親への名残りを惜しみながら、最後の拝礼をする。

ページトップへ