カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

日本葬送文化学会シンポジウムは11月16日、東京国立博物館にて!

葬送文化学会シンポジウム

第1回日本葬送文化学会シンポジウム
11月16日、東京国立博物館・大講堂にて開催!

日本葬送文化学会シンポジウムが11月16日(土)、東京・上野の東京国立博物館にて開催されます。

テーマは、「変わる葬送文化―今なぜ『家族葬』なのか」。
新しい見送りの形として注目される「家族葬」について、葬送文化のなかの位置づけとそのあり方を考えるシンポジウムです。

内容は、「現場からの報告」「家族葬のイメージと実情」「宗教と葬送儀礼」「悼む心、弔う心が多様な形に」「火葬の本質と実態」「進化する最期のお別れの場」「追悼としてのお墓・墓地」「新たな葬送の問題点」などを予定。
葬儀の原点、お墓の意味を考えます。

〔パネラー〕順不同、敬称略
・八木澤壯一
(世界の火葬場研究第一人者。東京電機大学名誉教授)
・柴田千頭男
(宗教を通じて魂と心の問題を考える。ルーテル学院大学名誉教授)
・長江曜子
(全米墓園協会大学ACAU日本人唯一の卒業生。聖徳大学教授、石匠あずま家社長)
・勝山宏則
(厚生労働省認定葬祭ディレクター技能審査・審査官。葬儀社四代目社長)
・コーディネーター:福田充
(葬祭ビジネス研究家、博士〔学術〕。葬祭専門月刊誌編集長)

●第1回日本葬送文化学会シンポジウム
開催日:11月16日(土)
時間:午後12時開場、1時開演、3時閉会
会場:東京国立博物館 大講堂
定員:300名(参加無料、定員になり次第締め切り)

主催:日本葬送文化学会

参加希望の方は下記へお問い合わせを。
・日本葬送文化学会シンポジウム実行委員会
TEL03-3628-4461(株式会社北進 内)





コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ