カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

福井で日本遺産認定記念シンポジウムを3月22日に!



日本遺産認定記念シンポジウム

福井・勝山 石がたり 中世・近世のまちづくり、そして現代
3月22日、福井市の福井商工会議所コンベンションホールにて!

シンポジウム「福井・勝山 石がたり 中世・近世のまちづくり、そして現代」が3月22日(日)、
福井県福井市の福井商工会議所ビル・コンベンションホールで開催されます。
2つの基調講演と、パネルディスカッションなどが実施されます。

福井県では令和元年度、石にまつわるストーリーで日本遺産に認定されました。
タイトルは、「400年の歴史の扉を開ける旅~石から読み解く中世・近世のまちづくり 越前・福井~」。
このシンポジウムはその日本遺産認定を記念して開催されます。

*プログラム
・基調講演「日本遺産の可能性と展開」
講師:丁野朗氏(東洋大学客員教授、日本遺産審査員)

・基調講演「石から読み解く平泉寺、一乗谷、福井城、勝山城下町」
講師:中井均氏(滋賀県立大学教授)

・パネルディスカッション

*ストーリーの概要
越前・福井では、中世期に地方に生まれ、大量の石を用いて計画的につくられた都市が
今も独特の空間を醸し出しています。また、近世期の城下町では、風景に溶け込んだ
美しい青色の石が天候によって街並みの色合いを変化させ、自然の力が大地を
階段状につくり上げた街の中心部には石の壁が続きます。
様々な形に姿を変えて時代を越えてきた石が私たちを出迎える越前・福井は、
日本人と石との共生の歴史や屈指の石づくり文化を体感させてくれる地です。

福井の歴史ある石とは、もちろん「笏谷石(しゃくだにいし)」も含まれます。
ぜひ、業界としても応援しましょう!

なお、参加は無料、事前申込制です。
詳細は下記ホームページをご覧ください。

●日本遺産認定記念シンポジウム
福井・勝山 石がたり 中世・近世のまちづくり、そして現代
日時:2020年3月22日(日)
   午後1時30分~午後4時30分(開場は午後1時、受付開始)
入場無料

会場:福井商工会議所ビル・コンベンションホール
住所:福井県福井市西木田2丁目8-1
主催:福井・勝山 日本遺産活用推進協議会

*事前申込制(申込サイト)
https://www.adjapan.org/ishigatari/





ページトップへ