カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

第2回日石展審査が5月13日に決定!事業支援協力者も募集中!!

第2回日石展「鎮魂・東日本大震災 石塔・石仏展覧会」
審査は5月13日に決定! 事業支援協力者を現在、募集中!!


延期になっていた第2回日本石塔展覧会(日石展、主催=日本石塔展覧会事業(協)、山田政博理事長)の審査会日程が5月13日(日)に開催されることが発表されました。審査会場は宮城県丸森町大蔵山にある日石展展示場(山田石材計画蝓Π肪4Ю价場内)で、現在12作品がエントリー予定となっています。

第2回日石展のテーマは、「鎮魂・東日本大震災 石塔・石仏展覧会」。
日本の石工による石塔・石仏として質の高い作品を被災地の慰霊の場に設置し、犠牲者の慰霊や追悼にふさわしい形を提供することで、被災者の方々に役に立てるのではないか、と昨年8月に企画されました。

また今回は、入賞作品に対して次のような賞金が授与されることになっています。
・最優秀賞(1点)=100万円 
・優秀賞(2点)=各・50万円
・入賞(6点)=各・10万円
・特別賞(三橋賞等)=30万円

審査員は次の通り(敬称略)。
・委員長 西村金造(西村石灯呂店会長)
     山川均(石造美術研究者)
     鈴木崇(鈴木造園設計代表)
・特別賞審査員 三橋國民(日展参与)

賛同人として、赤坂憲雄氏(学習院大学教授・福島県立博物館長)、玄侑宗久氏(作家・僧侶)、佐々木宏幹氏(駒沢大学名誉教授・宗教人類学者)、高成田享氏(仙台大学教授・元朝日新聞社石巻支局)、柳田冨美子氏(柳田國男伝承館長)といった錚々たる方々が名を連ねています。

なお現在、第2回日石展の事業支援協力者を次の通り募集しています。

1. 第一種支援協力者
事業支援金として30万円をご提供いただき、日石展作品を被災地の建立場所に設置工事までを請け負っていただける協力者。特典として、々事を担当した作品の台座等に制作者とともに協力者名を同等に刻み、後世にその名を残す、∋業記録誌に掲載する

2. 第二種支援協力者
 事業支援金として10万円をご提供いただける協力者。特典として、〆酩覆梁羣妥に協力者名を刻んだプレートを張り、後世にその名を残す、∋業記録誌に掲載する

3. 第三種支援協力者
 事業支援金として1万円をご提供いただける協力者。特典として、〇業記録誌に協力者名を掲載する

お問い合わせは下記まで。
◎日本石塔展覧会事業(協)
TEL 0224-75-2118
http://nissekiten.com/




コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ