カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

神道の形成と古代祭祀展が國學院大學博物館にて開催中!

國學院大學

企画展「神道の形成と古代祭祀」
「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群 世界文化遺産 登録記念
10月14日から12月10日まで、國學院大學博物館にて!

企画展「神道の形成と古代祭祀」が10月14日から12月10日(日)まで、
東京・渋谷の國學院大學博物館にて開催されています。
今年、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界文化遺産に
登録されたのを記念しての開催です。

同博物館が所蔵する5・6世紀頃(古墳時代)の東国の資料を各種展示。
古代祭祀の実態と神道の起源に迫ります。

展示品は、「内行花文鏡」(伝福岡県宗像市沖ノ島出土・4世紀)や
「勾玉」(茨城県大洗町 常陸鏡塚古墳出土・4世紀)など多数。
特に精緻な彫刻と研磨加工が施された「石枕」(千葉県市原市、柿崎
二子塚古墳出土・5世紀、国重文)は、石材業者には必見です!

同博物館はこの他、考古学、神道に関する貴重な資料を常設展示。
中世石塔、石仏、板碑なども展示されています。


また同時開催で、國學院大學考古学研究室 発掘調査速報展示2として
「発掘された約8300年前のの縄文人・埋葬人骨―居家以岩陰遺跡の
発掘調査―」の展示が、11月19日(日)まで開催されています。

こちらは群馬県長野原町の縄文遺跡・居家以岩陰遺跡から発掘された
埋葬人骨などを展示しています。

ぜひあわせてご覧ください。


●企画展「神道の形成と古代祭祀」
日程:2017年10月14日(土)〜12月10日(日)
休館日:10月23日(月)、11月20日(月)
時間:午前10時〜午後6時 ※入館は午後5時30分まで
入場無料

●同時開催「発掘された約8300年前の縄文人・埋葬人骨
―居家以岩陰遺跡の発掘調査―」
國學院大學考古学研究室 発掘調査速報展示2
日程:2017年11月19日(日)まで

会場:國學院大學博物館 企画展示室
所在:東京都渋谷区東4-10-28(國學院大學渋谷キャンパス内)
http://museum.kokugakuin.ac.jp/




コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ