カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

飯島真枝彫刻展は4月17日より東京・北上野のいりや画廊にて!

飯島真枝彫刻展

飯島真枝彫刻展
4月17日より東京・北上野のいりや画廊にて!

彫刻家、飯島真枝さんの個展「飯島真枝彫刻展」が4月17日(月)から22日(土)まで、
東京・北上野のいりや画廊で開催されます。
サブタイトルは「仰ぐ」。大きな空を仰ぐような石の作品が発表されます。

「―単純で迷いのない方向性を持ち、空のように大きなものを仰ぎたい―
アトリエと家との往復で、畑に囲まれた、空の大きく開けた道を通ります。
そこへさしかかると自然と空を見上げます。
ある日、いつにも増して空が大きく、すとんと胸に降りてくるように
感じられたことがありました。
“空のようにおおきなもの”は〔自然〕そして〔彫刻〕です。」(案内状より)

飯島さんは2013年沖縄県立芸術大学美術工芸学部美術学科彫刻専攻研究生修了。
出身地・新潟や東京等で個展、グループ展などで活躍されています。

今回の展覧会では「自然」から受けた感動を抽象化した石の作品が発表されます。
ぜひご来場ください。


●飯島真枝彫刻展
期間:2017年4月17日(月)〜22日(土)
時間:11時30分〜19時30分(最終日は16時まで)
会場:いりや画廊
所在:東京都台東区北上野2-30-2
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/




三木勝展は4月14日より藤沢市のArt Gallery LOS PINOSにて!

三木勝展

三木勝展 彫刻・ガラス彫刻・パステル画
4月14日より藤沢市のArt Gallery LOS PINOSにて!

彫刻家、三木勝さんの個展「三木勝展」が4月14日(金)から25日(火)まで、
神奈川県藤沢市のArt Gallery LOS PINOSで開催されます。
画廊による企画展で、彫刻、ガラス彫刻、パステル画の作品が出展されます。

三木さんは1957年岡山県生まれ。
東京藝術大学美術学部彫刻科を卒業後、個展やグループ展、シンポジウムなどで活躍中です。

今回、同ギャラリーでは2006年から10年ぶりの個展開催だそう。
石の作品も含め、いま活躍中の実力派作家の意欲作が多数出展されます。

なおギャラリーはカフェにもなっています。
三木さんの作品を楽しみながら、おいしいコーヒーをいただくのもいいですよ!


●画廊企画 三木勝展 彫刻・ガラス彫刻・パステル画
期間:2017年4月14日(金)〜25日(火)
時間:12時〜18時 水曜休廊
会場:Art Gallery LOS PINOS
所在:神奈川県藤沢市南藤沢7-6-102
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~lospinos/




国別花崗岩製品の輸入動向(2017年2月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2017年2月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比52.7%、輸入金額は49.0%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2017.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2017年2月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2017年2月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比51.1%、輸入金額は47.3%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2017.xls

田中毅展は3月18日より京都・祇園のぎおん石にて!

田中毅展・ぎおん石

田中毅展「石のなかにあるカタチ」“精一杯の生きる”を伝えたい
3月18日より、京都・祇園のぎおん石・4階ギャラリーにて!

彫刻家、田中毅さんの個展「石のなかにあるカタチ」が3月18日(土)から4月10日(月)まで、
京都・祇園のぎおん石・4階ギャラリーにて開催されます。
ぎおん石での個展ははじめての田中さん。新作を含め、石の彫刻作品が並びます。

田中さんは、1951年宮崎県生まれ。
東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻終了後、数々の個展、グループ展、
シンポジウムなどで活躍。いまも毎年個展を開催するなど精力的に活動中です。

独特の作品世界と、その温和なお人柄も人気で、全国に多くのファンを抱えています。
「みんな、一生懸命に生きているんだってことを表現したい」
田中さんは以前、そう話してくれました。
今回の個展のサブタイトルにも、その思いはあらわれています。

なお、このぎおん石は、1階がショップ、2階がカフェ、3階がそば処になっています。

そろそろ京都も春めいて、花の季節になります。
会期は4月10日(月)までと長いので、ぜひ春の京都へお出かけください!


●田中毅展「石のなかにあるカタチ」“精一杯の生きる”を伝えたい
期間:2017年3月18日(土)〜4月10日(月)
時間:11時〜17時
3/18 17時〜オープニングパーティーあり

会場:ぎおん石・4階ギャラリー
所在:京都市東山区祇園町南側555
電話:075-561-2458
http://www.gionishi.com





国別花崗岩製品の輸入動向(2017年1月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2017年1月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比110.6%、輸入金額は103.2%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2017.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2017年1月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2017年1月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比112.2%、輸入金額は103.9%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2017.xls

明田一久彫刻展は3月18日より高崎市のギャラリー空華にて!

明田一久彫刻展

STONE WORKS 明田一久彫刻展
3月18日より、群馬県高崎市のギャラリー空華にて!

彫刻家、明田一久さんの個展「STONE WORKS 明田一久彫刻展」が、
3月18日(土)から4月9日(日)まで、群馬県高崎市のギャラリー空華にて開催されます。

明田さんは1971年、群馬県生まれ。
これまでに第6回桜の森彫刻コンクール(2005年、優秀賞)、「明田一久彫刻展
“石からうまれた生きものたち”」(2014年、中之沢美術館)、個展「STONE WORKS
−明田一久彫刻展−」(2016年、高島屋、横浜、東京日本橋)、「前橋の美術2017」
(2017年、アーツ前橋)などなど、多くの個展、グループ展、アートフェアで活躍中。
パブリックコレクションも多数です。

「思わず微笑み、ココロが動く・・・
そんな想いを込めて 制作しています
さくら咲く 始まりの季節
新作も交えての展示です」(案内状より)

ぜひ、ご来場ください!

●STONE WORKS 明田一久彫刻展
期間:3月18日(土)〜4月9日(日) ※月・火曜休廊
時間:10時30分〜18時
作家在廊予定日:3/18、19、25、26 4/1、2、9(いずれも13時より)

会場:ギャラリー空華(くうげ)
所在:群馬県高崎市寺尾町2305-253




手しごとの石工用具展は2月28日より高松市石の民俗資料館にて!

手しごとの石工用具

手しごとの石工用具〜高松市石の民俗資料館 収蔵品展
2月28日より、高松市牟礼町の高松市石の民俗資料館にて!

高松市石の民俗資料館 収蔵品展「手しごとの石工用具」が、2月28日(火)から3月26日(日)まで、香川県高松市牟礼町の高松市石の民俗資料館にて開催されます。

テーマは「忘れたくない、石工が築いた匠の技」。
庵治石の産地にある石の民俗資料館には約6000点もの石工資料が収蔵されているようです。それらは、機械化が進んだ昨今、手しごとによる石工の伝統技術を伝える貴重な資料のひとつといえます。

今回の企画展では、同館が収蔵する手しごとの時代につくられたさまざまな石質の石製品を中心に展示し、それを制作するために必要な採石用具や加工用具、さらにその用具を製作するうえで使用する鍛冶用具などが紹介されます。

また期間中は、体験コーナーで、近年まで日常的に使われていた石製品の代表である石臼(庵治石製)を設置し、大豆などの穀物をひく作業が体験できるようです。

石と匠の技、そしてそれを支えた石工用具の魅力が存分に味わえます。
ぜひご来場ください!


●高松市石の民俗資料館 収蔵品展「手しごとの石工用具」
期間:2月28日(火)〜3月26日(日)
時間:9時〜17時(展示室入室は16時30分まで)
休館日:月曜日(休日の場合は翌平日)

拝観料:無料
体験コーナー:ヒキウス体験(庵治石製のヒキウスにて)

会場:高松市石の民俗資料館
所在:香川県高松市牟礼町牟礼1810
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/23508.html




石彫の現況2017は2月4日より東京・現代彫刻美術館にて!

石彫の現況 石彫の現況

石彫の現況2017
2月4日より東京・目黒の宗教法人長泉院附属・現代彫刻美術館にて!

石彫の現況2017が2月4日(土)から3月26日(日)まで、
東京・目黒の宗教法人長泉院附属・現代彫刻美術館で開催されます。
いま第一線で活躍中の彫刻家によるグループ展で見ごたえ充分の展覧会です。

〔出展作家〕敬称略
安部大雅、上田亜矢子、小尾昌弘、佐善圭、鈴木典生、原透
菱田波、松田文平、渡辺忍、下川昭宣(実行委員)、菅原二郎、前田耕成

〔案内状より〕
日本の現代石彫は1963年に神奈川県真鶴町で開催された「世界近代彫刻シンポジウム」に
端を発している。以後半世紀経済状況の推移を受けながらコンクールやシンポジウムを
手段として石彫作品は日本各地に設置された。今は様々な工具の開発によって
石彫の技術は目覚しい進歩が見られる。このことによって彫刻の形態自体は変化したが
実材としての石彫の概念を真に問う時期が来たことを強く感じる。
この展覧会はこれから石彫を担っていく作家たちの意思表示である。


これだけ錚々たる作家の作品を一堂に見られるのは、同展ならでは。
ぜひ会場へ足をお運びください!


●石彫の現況2017
期間:2月4日(土)〜3月26日(日) 月曜日休館 3/20開館、3/21振替休館
時間:10時〜17時(最終入館:16時30分)
会場:宗教法人長泉院附属・現代彫刻美術館
所在:東京都目黒区中目黒4-12-18
http://www.museum-of-sculpture.org/




石展2は神奈川県立生命の星・地球博物館で2月26日まで

石展2

「石展2‐かながわの大地が生み出した石材」
神奈川県立生命の星・地球博物館で2月26日(日)まで

昨年2〜3月に開催された特別展「石展」の続編として
企画展「石展2‐かながわの大地が生み出した石材」が2月26日(日)まで
神奈川県小田原市の神奈川県立生命の星・地球博物館で開催されています。

時代を超えて使われてきた神奈川産の石材にスポットを当てて、
その石の特徴ほか、産出した地層や岩石、採石した場所(丁場)や
つくられた製品などを紹介しています。

展示は、第1章「神奈川の石材」、第2章「石を加工する道具」、
第3章「石材と関わりのある人々」、第4章「箱根ジオパーク」の4つの章で構成。

企画展リーフレット「神奈川のおもな石材産地と石造品」も用意されています。

また2月4日(土)午後2時からは第123回サロン・ド・小田原「七沢石に迫る(仮)」と
題したイベントも同館1階で開催されます。

●「石展2‐かながわの大地が生み出した石材」
期間:2月26日(日)まで(毎週月曜日・火曜日は休館日)

時間:9時から16時30分(入館は16時まで)
会場:神奈川県立生命の星・地球博物館
所在:神奈川県小田原市入生田499
http://nh.kanagawa-museum.jp

山本正道デッサンと彫刻展は1月23日より東京・白銅てい画廊にて!

山本正道

開廊40周年記念
山本正道 デッサンと彫刻−プエブロへの旅−
1月23日より東京・京橋の白銅てい画廊にて!

「山本正道 デッサンと彫刻−プエブロへの旅−」が、1月23日(月)から2月23日(木)まで、
東京・京橋の白銅てい(革+是)画廊にて開催されます。

山本正道氏は1941年生まれ。東京藝大を卒業後、イタリアやアメリカなどでも彫刻を学び、
その作品は「風景彫刻」と呼ばれ、国内外で高い評価を得ています。

今回の展覧会は、開廊40周年を記念して開催されるもので、
山本氏が約40年前に、留学先のアメリカ先住民族の文化に共感し度々訪れたニューメキシコ州各地の
遺跡や風景を写し取ったデッサン約15点と、新作を含む彫刻6点が展示されます。

●開廊40周年記念
山本正道 デッサンと彫刻−プエブロへの旅−
期間:1月23日(月)〜2月23日(木) ※日曜・祝日は休廊
時間:11時〜18時 ※土曜・最終日は17時まで
会場:白銅てい画廊
所在:東京都中央区京橋1-1-10西勘本店ビル3F
http://www.hakudohtei.com




第29回技能グランプリは2月10日より、「石工」職種は静岡市駿河区のツインメッセ静岡にて!

第28回技能グランプリ石工職種(第28回技能グランプリ「石工」職種、競技のようす)

第29回技能グランプリ(静岡大会)
2月10日より、「石工」職種は静岡市駿河区のツインメッセ静岡にて!

第29回技能グランプリ(静岡大会)が2月10日(金)より13日(月)まで、静岡県内で開催されます。

「石工」職種は、静岡市駿河区のツインメッセ静岡で開催され、実際の競技は11日(土)と12日(日)になります。

「石工」職種には下記の19名が参加予定です(敬称略)。

【山形県】
舩越文弘(舩越旭弘石材店)、大江政宏(大江石政石材店)
【福島県】
渡邊仁(渡邊石材店)、織田和政(株式会社織田石材店)、斉藤孝(斉藤石材店)、北住高洋(北住石材店)、
野崎英治(野崎石材工業)、小室清和(小室石材店)
【埼玉県】
伊東利浩(石利)、小川和彦(有限会社小川石材店)
【東京都】
稲田圭二郎(一銀石材)、山中英明(山中石材工業)
【新潟県】
田辺聡志(田辺石材店)
【静岡県】
鈴木秀展(鈴木石材)
【愛知県】
森岡大輔(小島石材店)
【大阪府】
澤田聡(大阪石材工業株式会社)
【兵庫県】
岩田明(石工のいわた)、水田幸伸(水田石材工業)
【岡山県】
石田知成(有限会社石田石材)

なお今回は、下記とおり、石工職種の競技材料等に係る変更が発表されています。

1 支給材料のみかげ石「夏山石」を「江持石」に変更
 夏山石は採掘が難しくなっていることから、資源が比較的豊富と考えられる江持石に変更する。また、硬石である夏山石から中硬石である江持石に変更することにより、硬石を取り扱っていなかった技能士の参加が見込まれ、競技参加者の裾野が広がり、平等性が高まると考えられるため。

2 競技時間を10時間から8時間に変更
 硬石である夏山石から中硬石である江持石に変更することにより、競技時間を短縮する。

3 材料変更に伴い、使用工具の一部を変更
 ・端切 1 → 削除(持参できないこととする。)
 ・両刃「粗・仕上げ」各1 → 両刃 1 に変更   ※ 規格「粗・仕上げ」は削除
 ・さし刃 1 → さし刃 2 に変更
 ・エアダスター(埃取り)を追加する。

●第29回技能グランプリ(静岡大会)
期間:2月10日(金)〜13日(月) 

※「石工」職種日程表 、会場:ツインメッセ静岡
2月11日(土)
集合・受付/07:30
説明・工具点検/08:00〜8:30
競技/08:30〜10:00(90分)
休憩/10:00〜10:15(15分)
競技/10:15〜11:45(90分)
昼食/11:45〜13:00
競技/13:00〜14:30(90分)
休憩/14:30〜14:15(15分)
競技/14:45〜16:15(90分)
計 6時間

2月12日(日)
集合/08:00
準備/08:00〜08:30
競技/08:30〜09:30(60分)
休憩/09:30〜09:45(15分)
競技/09:45〜10:45(60分)
計 2時間

国別花崗岩製品の輸入動向(2016年12月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年12月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比102.7%、輸入金額は90.2%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年12月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年12月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比102.8%、輸入金額は90.1%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

参加者募集!シナリオ・プランニング北木島合宿(1月28日〜29日)

シナリオプランニング 現状を踏まえ、未来のシナリオを考える(写真は過去開催のもの)

参加者募集! シナリオ・プランニング北木島合宿(岡山県笠岡市)
1月28日〜29日、1泊2日で実施

一般社団法人日本石材産業協会主催のシナリオ・プランニング北木島合宿が
1月28日(土)・29日(日)の2日間開催されるにあたり
現在、広く参加者を募集中です。

この「シナリオ・プランニング」は、日本の石材業の十年後の未来を考え、
複数の可能性(シナリオ)を検討・立案するプロジェクトで、
同協会が今年度より展開しています。

今回は瀬戸内産銘石「北木石」の産地・北木島(岡山県笠岡市)において
宿泊ワークショップ“北木島合宿”を行ない、
石材業の未来のシナリオを探求します。

「“北木島合宿”では、業界の厳しい現実も踏まえたうえで、
未来に向かう指針を仲間とともに見出せる場を目指します。
石産協会員に限らず、石材業界に関心のある方はどなたでも参加可能です。
特に中堅、若手、後継者の方々は大歓迎です」と、
石産協・関連部会の竹ノ内壮太郎部会長は話しています。

〔募集要項〕
日程:1月28日(土)・29日(日) 1泊2日
参加資格:石材業界に関心のある方はどなたでも参加可能
参加費:13,000円/1人を予定(一泊三食、宿泊費・交流会費込み)
申込先:一般社団法人日本石材産業協会
電話:03-3251-7671
http://www.japan-stone.org/


国別花崗岩製品の輸入動向(2016年11月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年11月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比93.1%、輸入金額は78.5%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年11月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年11月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比92.3%、輸入金額は78.1%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls