カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

国別花崗岩製品の輸入動向(2016年10月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年10月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比87.2%、輸入金額は75.9%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年10月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年10月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比86.9%、輸入金額は75.6%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

参加者募集!第9回庵治石ソムリエ養成制度(2017年2月実施)

庵治石ソムリエ (前回写真)

参加者募集! 第9回庵治石ソムリエ養成制度
2017年2月18日〜19日、1泊2日で実施

第9回庵治石ソムリエ養成制度が2017年2月18日(土)・19日(日)の2日間、
庵治石の産地、庵治石材産地にて開催されます。
現在、全国の石材小売店(社長および社員)を対象に参加者を募集中です。

庵治石ソムリエ養成制度とは、庵治石の産地とその周辺(観光、グルメ)を
体感することで、庵治石ファンをつくり、それぞれの庵治石販売に貢献する
ことを目的とする視察講習。
これまで多くの石材店が参加し、自社の営業へ役立てています。

石材店のなかで「まだ庵治へ行ったことがない」「庵治石をもっとよく知りたい」
とお考えの方はぜひ、この機会にご参加を!
普段はなかなか見られない、庵治石材産地に触れることができます。

〔募集要項〕
日程:2017年2月18日(土)・19日(日) 1泊2日
受講資格:石材小売店経営者および社員に限る
参加費:25,000円/1人 ※宿泊費は別途
(行程中の移動費、フェリー代、入館料、昼食、懇親会費を含む)
定員:20名 ※定員になり次第締め切り
締め切り:2017年1月30日(月)
申込先:庵治石材産地・石翔会
電話:087-871-2384(庵治石開発協同組合内)

〔主な視察先、講習内容〕
2/18
・大丁場、石割見学 ・屋島 ・石の民俗資料館 ・野山丁場 ・庵治地区工場
・牟礼地区工場 ・イサムノグチ庭園美術館 ・懇親会 ほか
2/19
・青木石丁場 ・瀬戸内諸島見学
(16:30分解散)


なお、詳細は庵治石材産地・石翔会まで。
http://aji-sekishoukai.net




年末恒例ミニ彫刻展は12月7日より銀座・ギャラリーせいほうにて!

ミニ彫刻展 (前回写真)

YEAR-END EXHIBITION OF MINI SCULPTURES
12月7日より、東京・銀座のギャラリーせいほうにて!

YEAR-END EXHIBITION OF MINI SCULPTURES(ミニ彫刻展)が、
12月7日(水)より21日(水)まで、東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。
毎年、12月に恒例のミニ彫刻展で、石の作品はもちろん、金属や木など、
さまざまな素材、表現の小品が一堂に会します。

今年は、明地信之さん、岩間弘さん、内田和孝さん、菊地伸治さん、佐々木至さん、
佐善圭さん、菅原二郎さん、田中毅さん、中岡慎太郎さん、原透さん、平井一嘉さん、
前田耕成さん、三木勝さん、柳早苗さん、山添潤さん、湯村光さん、横山大観さん、
渡辺忍さんなど、総勢125名の作家が作品を出品する予定です。

普段の作品は高価でなかなか購入できなくても、小品ならお求めやすいのも確か!
しかもさまざまな作品が並びますので、ぜひご来場ください!

●YEAR-END EXHIBITION OF MINI SCULPTURES
期間:12月7日(水)〜21日(水) 日曜休廊
時間:11時〜18時30分 最終日は17時まで
会場:ギャラリーせいほう
所在:東京都中央区銀座8丁目10-7東成ビル1F
http://gallery-seiho.com




国別花崗岩製品の輸入動向(2016年9月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年9月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比90.6%、輸入金額は72.3%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年9月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年9月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比91.3%、輸入金額は73.3%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

湯村光展は11月21日より東京・銀座のギャラリーせいほうにて!

湯村光

湯村光展
11月21日より東京・銀座のギャラリーせいほうにて!

彫刻家、湯村光さんの個展「湯村光展」が11月21日(月)から12月3日(土)まで、
東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。
パブリックコレクションも数多い湯村さんの作品が楽しめます。

湯村さんは1948年鳥取生まれ。東京藝術大学卒業後、パリへ留学。
全国各地に作品を設置し、受賞も多数。国内外の個展・グループ展でご活躍中です。

長く、石による造形表現を追求する湯村さん。
会場で、石についてのお話を聞くのも楽しいものです。ぜひ会場へ!

●湯村光展
期間:11月21日(月)〜12月3日(土) 日曜・休日は休廊
時間:11時〜18時30分
オープニングパーティー:11月21日(月)17時〜19時
会場:ギャラリーせいほう
所在:東京都中央区銀座8丁目10-7東成ビル1F
http://gallery-seiho.com




絹谷幸太展は11月14日より東京・北上野のいりや画廊にて!

絹谷幸太

絹谷幸太展
11月14日より東京・北上野のいりや画廊にて!

彫刻家、絹谷幸太さんの個展「絹谷幸太展」が11月14日(月)から12月3日(土)まで、
東京・北上野のいりや画廊で開催されます。
石の彫刻作品とドローイング作品が発表されるようです。

「花崗岩の縞模様の美しさに数年間、石を眺め続けた。石との対話を重ねることで
漸く想いを形にすることができた。自然に学び、目標を掲げて一歩一歩進むことで、
人類は新たなステージに立つことができるのではないだろうか」
(絹谷幸太制作「スライダー2」より)

絹谷さんは1973年東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程彫刻専攻修了。
国内外に作品を設置。個展・グループ展も多数で、精力的に活動されています。

ぜひ会場でその作品をご鑑賞ください。

●絹谷幸太展
期間:11月14日(月)〜12月3日(土) 日曜休廊
時間:11時30分〜19時30分(最終日は16時まで)
レセプション:11月18日(金)17時〜
会場:いりや画廊
所在:東京都台東区北上野2-30-2
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/




IMAGINATIVE LANDSCAPE 3人展は11月24日より東京・渋谷で!

片桐宏典

IMAGINATIVE LANDSCAPE 3人展
11月24日から東京・渋谷のプロモ・アルテギャラリーにて!

「IMAGINATIVE LANDSCAPE 3人展」が11月24日(木)から29日(火)まで、
東京・渋谷のプロモ・アルテギャラリーで開催されます。
この展覧会は片桐宏典さん、ケイト・トムソンさん、上門周二さんという、
3人のアーティストによる展示になります。

片桐さんは彫刻家。浮島彫刻スタジオを日本と英国に、ケイト・トムソンさんと
ともに設立。シンプルな抽象的構成の黒みかげ石や玄武岩による作品を手掛けます。

ケイトさんは彫刻家。ケルト文様や神話をモチーフとした大理石の抽象的作品を
中心に手掛け、片桐さんと同様に世界各地のアートイベントの企画運営でも活躍中です。

上門さんは、自然と人間との共生をテーマにランドスケープ・コンサルティング及び設計を
手掛け、世界各地のプロジェクトに参加。今回は「Creative Landscape」をテーマにした
ドローイング作品を発表します。


●IMAGINATIVE LANDSCAPE 3人展
期間:11月24日(木)〜29日(火)
時間:11時〜19時(最終日は17時終了)
会場:プロモ・アルテギャラリー
所在:東京都渋谷区神宮前5丁目51-3 ガレリア2F
http://www.promo-arte.com

オープニングレセプション
11/24(木) 17時〜19時




ストーンアシスト2016inOsakaは11月23日・24日に開催!

ストーンアシスト2016 ストーンアシスト2016

ストーンアシスト2016 in Osaka
11月23日・24日、大阪市中央区のツイン21 MIDタワーにて!

石屋さんを元気にする企業集団による展示会・ストーンアシスト2016 in Osakaが、
11月23日(水・祝)・24日(木)の2日間、大阪市中央区のツイン21 MIDタワーで開催されます。
主催は、一般社団法人日本石材産業協会。企画・運営は、同協会・関連部会の同実行委員会。

昨年の東京での開催に続き、2回目となる今回のテーマは「お墓のリフォーム」。
出展する各企業から、テーマに沿った新商品や売れ筋商品などが展示されます。

企業セミナー、ワークショップなどのイベントも多数予定され、ここに来れば必ず、
ヒントと元気を得られる内容になっています。

〔出展業者、順不同〕
(株)フチオカ、(株)ミマキエンジニアリング、古河ユニック(株)、(株)フォトロン、太陽研磨材(株)、(株)ジェイワックス、(株)ドイ、(有)ボイス、(有)セイコーステンレス、ボンド商事(株)、三和研磨工業(株)、(有)川本商店、(株)日本仏事ネット、(株)ピコム、(株)内田洋行ITソリューションズ、(株)日本石材工業新聞社、(株)鎌倉新書、藤栄研材工業(株)、(株)日本香堂、(株)サイトウトイシ、(株)生田化研社、(株)クレア、松永トイシ(株)、(株)石文社

〔特別参加、順不同〕
(有)西原石材興業、(株)冲セキ、(株)EBISU、いよせき(株)、孔雀(株)、(株)大西石材センター

〔特別ブース〕
石産協近畿地区(各支部)

〔特別企画〕
11/23 14時〜15時
「地震発生」その時、石材店はどう対応すべきか?
北海道・新潟・兵庫・東北・熊本の現場から

〔同時開催〕
11/23 15時30分〜17時30分
近畿地区全体会議

〔入場料〕
無料、セミナー等も無料


●ストーンアシスト2016 in Osaka
期間:11月23日(水・祝)〜24日(木)
時間:23日10時〜18時、24日9時〜16時
会場:ツイン21 MIDタワー20階 第8+9会議室
所在:大阪府大阪市中央区城見2丁目1-61
主催:一般社団法人日本石材産業協会

詳細は、主催者ウェブサイトをご覧ください。
http://www.japan-stone.org/





速水史朗展は10月24日より銀座・ギャラリーせいほうで!

速水史朗展

速水史朗展
10月24日より東京・銀座のギャラリーせいほうで!

彫刻家、速水史朗氏の個展「速水史朗展」が10月24日(月)から11月4日(金)まで、
東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。

速水氏は1927年香川県生まれ。石や木、瓦などの作品を制作し、特に石では、
東京都庁など、多くのパブリックスペースに作品を設置されています。
1996年には紫綬褒章、2005年には旭日小綬章を受章し、日本を代表する彫刻家の一人です。

ぜひ会場で、その石の表現をお楽しみください!

●速水史朗展
期間:10月24日(月)〜11月4日(金)、日曜・祝日休廊
時間:11時〜18時30分、最終日は17時まで
オープニングパーティー:10/24(月)17時〜19時
会場:ギャラリーせいほう
所在:東京都中央区銀座8丁目10-7 東成ビル1F
http://gallery-seiho.com




我孫子国際野外美術展は10月22日より千葉県我孫子市にて!

我孫子野外美術展

第19回我孫子国際野外美術展
10月22日より千葉県我孫子市にて! 公開制作もあり!!

第19回我孫子国際野外美術展が10月22日(土)から11月6日(日)まで、千葉県我孫子市内で開催されます。
開会に先立ち、10月15日(土)から21日(金)まで公開制作も行なわれます。

今回は招待作家として彫刻家、岩崎幸之助さんが参加されます。
岩崎さんは1961年生まれ。盛岡や八王子、安比高原、高松、アイスランドなど、国内外のシンポジウム、
個展・グループ展などで広く活躍中の石の彫刻家です。
今回どのような作品を発表するのか、楽しみなところです!

〈招待作家、順不同・敬称略〉
Adam Ulen(オーストリア)、Almutyh Baumfalk(ドイツ)、Lap Yip(香港/ドイツ)、Olga Plastira(ギリシャ)、
Rumen Dimitrov(ブルガリア)、Simon Whetham(UK)、Chiho Aono(日本/オーストリア)、
浅沼知明、岩崎幸之助、梅谷正恵、笠原由紀子、坂牛幹雄
〈実行委員作家、同上〉
石川美穂子、稲津あや子、及川真咲デザイン事務所(林慎一郎+おいかわみちよし)、
門倉光正、駒場拓也、小山和則、鈴木雅、戸祭瑞香子、吉藤敏男

この他にも、参加作家は多数です。

期間中は、レクチャーハイキング、オカリナ演奏、アンデス楽器演奏、ライブパフォーマンスなどイベントも多数開催!
ぜひ、芸術の秋をお楽しみください!!


●第19回我孫子国際野外美術展
公開制作期間:10月15日(土)〜21日(金)
作品展示期間:10月22日(土)〜11月6日(日)

会場:千葉県我孫子市内
・布佐市民の森  ・宮の森公園  ・布佐のまち周辺
入場無料
主催:我孫子市野外美術展実行委員会

オープニングセレモニー
10/22 11:00〜 旧井上家住宅(我孫子市指定文化財)

イベント等の詳細情報は公式ウェブサイトを参照ください。
http://abikoe.com




いばらきストーンフェア2016は11月3日より笠間芸術の森公園にて!

いばらきストーンフェスティバル2016 いばらきストーンフェスティバル2016

いばらきストーンフェスティバル2016
11月3日より茨城県笠間市の笠間芸術の森公園イベント広場にて!

いばらきストーンフェスティバル2016が11月3日(木・祝)から6日(日)まで、
茨城県笠間市の笠間芸術の森公園イベント広場で開催されます。
主催は、茨城県石材業協同組合連合会。

日本を代表する石材産地・茨城県。
今回は主催団体・茨城県石材業協同組合連合会に所属する50社が出展し、
墓石、灯籠、モニュメント、ガーデニング用品、原石など、茨城の石が勢揃いします!

恒例企画「あなたが選ぶ○○コンテスト」の今年のテーマは「石のポスト」。
また、石匠の実演、石の加工体験、宝探しなど、一般来場者が楽しめる企画がめじろ押しです。
初日(11/3)午前には、一般向け「石山見学ツアー」も実施されます。

2日目(11/4)は業者向けの内覧会で、「採掘場・加工工場見学会」を実施。
参加者の募集は10/25(火)までなので、お早めに!

●いばらきストーンフェスティバル2016
期間:11月3日(木・祝)〜6日(日)
時間:9時〜16時
会場:茨城県笠間市・笠間芸術の森公園イベント広場
主催:茨城県石材業協同組合連合会
Tel:0296-55-2535

http://www.ibarakiken.or.jp/isi/stonefes.html

〈業者向け内覧会〉
11月4日(金) 9:00〜16:00
参加費無料、先着50社には特典あり
◇内覧会での採掘場・加工工場見学会
10時:バスで会場出発 → 稲田石採掘場・加工工場 → ストーンエキシビジション作品展示会場
→ 石の百年館 → 笠間市内の稲田石工事事例視察 →12時20分:会場
定員:先着40名
申込締切:10/25(火)
申込先:上記の茨城県石材業協同組合連合会へ




第39回国画会彫刻部秋季展は11月8日から上野・都美館にて!

国画会彫刻部秋季展 国画会彫刻部秋季展 参考作品

第39回国画会彫刻部秋季展
11月8日より東京・上野の東京都美術館にて!

第39回国画会彫刻部秋季展が11月8日(火)から15日(火)まで、
東京・上野の東京都美術館ギャラリーAで開催されます。
国画会彫刻部の会員・準会員・招待作家が作品を展示します。

この秋季展は国画会彫刻部の実験と研究の場。出品作家それぞれが
個々の表現を実験的に探求し、回を重ねるたびに濃度の濃い展覧会となっています。

国画会彫刻部といえば、石の彫刻家も多数在籍することで知られます。
期間中は、特別企画(下記)も実施されますので、ぜひ会場へ!

●第39回国画会彫刻部秋季展
期間:11月8日(火)〜15日(火) 休館日なし
時間:9時30分〜17時30分(最終入場17時まで)
※初日のみ14時開場、最終日は14時閉場(最終入場13時30分まで)
会場:東京都美術館ギャラリーA(上野公園内)

出品作家:国画会彫刻部会員・準会員・招待作家
特別企画:
(1)トークイン 11/8(火)
 14:30〜16:30
(2)ワークショップ(視覚特別支援学校児童・生徒との彫刻鑑賞と制作体験)
11/12(土) 13:00〜

入場料:無料
同時開催:90回記念国展受賞作家展(版画・彫刻・工芸・写真)

国画会ウェブサイト
http://kokuten.com/



鈴木武右衛門展は10月22日より東京・現代彫刻美術館にて!

鈴木武右衛門展

PASSIONE BUEMON/鈴木武右衛門展
10月22日より東京・目黒の現代彫刻美術館にて!

「PASSIONE BUEMON/鈴木武右衛門展」が10月22日(土)から12月18日(日)まで、
東京・目黒の宗教法人長泉院附属現代彫刻美術館にて開催されます。
故・鈴木武右衛門氏の遺作展であり、数々の作品が一堂に会します。

鈴木氏は、1949年千葉生まれ。
石の彫刻家として歩み始めたのは、学生時代の欧州研修旅行で古代ギリシアの大理石彫刻との
出会いがきっかけだったといいます。1985年に第1回現代日本具象彫刻展大賞を受賞。
2014年に亡くなるまで、個展やシンポジウムなど精力的に活動されました。

今回は大きさやテーマ、素材などがさまざまな作品が展示されます。
鈴木氏が生前、情熱を込めて制作された作品の数々が並びます。
ぜひ会場で、その表現、作品の発する言葉、情熱を感じてください。

●PASSIONE BUEMON/鈴木武右衛門展
期間:10月22日(土)〜12月18日(日) 月曜休館
時間:10時〜17時(最終入館:16時30分)
入場無料
会場:宗教法人長泉院附属 現代彫刻美術館
所在:東京都目黒区中目黒4-12-18
http://www.museum-of-sculpture.org



第29回技能グランプリの石工職種の競技材料等に係る変更について

第28回技能グランプリ石工職種見本(写真は前回の見本)

来年2月に静岡県内で開催される
第29回技能グランプリの石工職種の競技材料等に係る変更について

来年2月に静岡県内で開催される第29回技能グランプリの石工職種の競技材料等に係る変更について発表がありました。

その内容は次のとおりです。

1 支給材料のみかげ石「夏山石」を「江持石」に変更
 夏山石は採掘が難しくなっていることから、資源が比較的豊富と考えられる江持石に変更する。また、硬石である夏山石から中硬石である江持石に変更することにより、硬石を取り扱っていなかった技能士の参加が見込まれ、競技参加者の裾野が広がり、平等性が高まると考えられるため。

2 競技時間を10時間から8時間に変更
 硬石である夏山石から中硬石である江持石に変更することにより、競技時間を短縮する。

3 材料変更に伴い、使用工具の一部を変更
 ・端切 1 → 削除(持参できないこととする。)
 ・両刃「粗・仕上げ」各1 → 両刃 1 に変更   ※ 規格「粗・仕上げ」は削除
 ・さし刃 1 → さし刃 2 に変更
 ・エアダスター(埃取り)を追加する。

4 材料入手先
 深谷加工石材店
 福島県白河市久田野北裏11 電話/FAX:0248-22-1775
 ※材料については、福島県石材業技能士会の御協力を得て、深谷加工石材店に提供いただけることになりました。
 
詳細は、同店にお問い合わせください。

5 その他
 競技課題は、前回と同等程度である予定です。

原透展は10月17日より東京・北上野のいりや画廊にて!

原透展

原透展−特異点のある形−
10月17日より東京・北上野のいりや画廊にて!

彫刻家、原透さんの個展「原透展−特異点のある形−」が10月17日(月)から
29日(土)まで、東京・北上野のいりや画廊で開催されます。
石の彫刻とドローイング、つまり立体と平面作品が展示されます。

原さんは30年にわたって、石を素材に抽象彫刻を制作されています。
今回のテーマ「特異点」とは、ある基準のもとで、その基準が適用できない点のことで、
原さんが近年取り組んでいるテーマです。

国画会会員で、国展をはじめ、多くの個展、グループ展、シンポジウムで活躍中の原さん。
会場で、ぜひ作品をお楽しみください!

●原透展−特異点のある形−
期間:10月17日(月)〜29日(土) 日曜休廊
時間:11時30分〜19時30分(最終日は16時まで)
レセプション:10/22(土)17時より
会場:いりや画廊
所在:東京都台東区北上野2-30-2
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/




国別花崗岩製品の輸入動向(2016年8月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年8月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比92.8%、輸入金額は76.1%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年8月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年8月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比92.0%、輸入金額は75.3%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

岡本敦生展は9月26日より東京・銀座のギャラリーせいほうで!

岡本敦生展

岡本敦生展 EXCAVATION 2016/発掘
9月26日より、東京・銀座のギャラリーせいほうで!

彫刻家、岡本敦生さんの個展「岡本敦生展 EXCAVATION 2016/発掘」が、
9月26日(月)から10月7日(金)まで、東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。

岡本敦生さんは1951年、広島県生まれ。多摩美術大学大学院彫刻科修了。
個展、企画展を開催し、シンポジウムなどにも参加し、国内外で広く活躍中の彫刻家です。

ご自身のウェブサイトには展覧会情報やフォトエッセイなども掲載されています。
あわせてご覧ください!(下記)

●岡本敦生展 EXCAVATION 2016/発掘
期間:9月26日(月)〜10月7日(金) ※日曜休廊
時間:11時〜18時30分(最終日は17時まで)
オープニングパーティー:9/26 18時〜19時30分
会場:ギャラリーせいほう
所在:東京都中央区銀座8丁目10-7 東成ビル1F
http://gallery-seiho.com

作家ウェブサイト
http://www.atsuo-okamoto.net/




岡崎石材青年クラブが10月15日、「若手を中心とした懇親会」を開催!

第24回岡崎ストーンフェア若手交流会
(前回の交流会)

岡崎石材青年クラブが「若手を中心とした懇親会」を開催!
岡崎ストーンフェア初日(10月15日)、岡崎市内ホテルにて!

石都岡崎の青年部で構成される岡崎石材青年クラブは、第25回岡崎ストーンフェア(10/15〜16)の初日、
10月15日(土)の夜、恒例の「若手を中心とした懇親会」を開催します。

毎年、岡崎ストーンフェアにあわせて開催されている懇親会で、全国の若手石材人はもちろん、
同フェアに集う石材人が一堂に会します。
情報交換はもちろん、親睦を深めて、業界を盛り上げるための機会づくりも目的のひとつ!
岡崎ストーンフェアご来場の折には、ぜひご参加を!

●若手を中心とした交流会
日時:10月15日(土)午後6時30分〜8時30分
会場:岡崎ニューグランドホテル(フェア会場からすぐ。乙川沿い)
会費:6,000円
主催:岡崎石材青年クラブ

参加申し込み、お問い合わせ
協同組合岡崎石製品工場公園団地内
TEL0564-24-3369

第25回岡崎ストーンフェアは10月15日・16日の2日間開催!

第24回岡崎ストーンフェア 第24回岡崎ストーンフェア
(写真は前回)

第25回岡崎ストーンフェア
10月15日・16日、乙川河川敷で開催!

第25回岡崎ストーンフェアは10月15日(土)、16日(日)、岡崎市内の乙川河川敷(岡崎城南)で開催されます。
主催は岡崎石製品協同組合連合会で、今回のテーマは「潜在需要に挑む――Made in OKAZAKI」。

今回の見どころは下記のとおり。

1、壁ぎわの石ギャラリー
狭小化する現代の家づくりに合う石製品による印象的な空間演出を提案。
会場に壁ギャラリーを設置し、作品を展示する

2、墓マイラー&意外と知らないお参りマナー講座
岡崎市内及び周辺にある著名人のお墓を紹介し、お墓参りの啓蒙を図る。
また寺社の意味とお参りのマナーを伝える講座を会場内の舞台で実施し、伝統文化の継承を図る

そのほか、猊濱弌石積み施工例パネル展示(予定)”
牴柔亰,蝓石積みアート「ロックバランシング」の実演・体験”など、多角的な視点で各種イベントを企画。

毎回好評の狎从爛哀薀鵐廛蟆崎”犢学院ひよっこ展”狹租工芸士会・岡崎石工品展”なども継続し、
最新の石材関連機器・工具・IT企業等のデモンストレーションもあります。

また、会期前日の14日(金)には石材グランプリ岡崎の表彰式と交流会を開催します。
グランプリ出品者、来賓、その他出展者が勢ぞろい!情報交換、親睦を深めましょう!

●第25回岡崎ストーンフェア
期間:10月17日(土)〜16日(日)
時間:午前9時〜午後5時(16日は午後4時30分まで)
会場:愛知県岡崎市の乙川河川敷(岡崎城南)

お問い合せ
主催:岡崎石製品協同組合連合会
TEL 0564-22-0455

全国石工サミットinたかはたは10月1日、山形県高畠町にて!

全国石工サミットinたかはた

全国石工サミットinたかはた
10月1日、山形県高畠町瓜割石庭公園にて!

全国石工サミットinたかはたが10月1日(土)、山形県高畠町瓜割石庭公園(高畠町安久津)で開催されます。
高畠町で古くから採掘される凝灰岩「高畠石」の魅力が盛大に発信されます!

高畠町は江戸時代から続く石材産業の町。高畠石は建築や土木、生活、信仰など、あらゆる社会活動において利用され、その歴史遺産はいまも各所に残っています。
ただ近年は、寒冷地で石材破損の多い土地柄も影響し、高畠石の産業は衰退傾向にあり、地域住民等の関心も薄れつつあるといいます。

この全国石工サミットinたかはたは、地域住民、来場者が石切りの伝統技術や、石の町の景観の価値について学び、寒冷地における石造文化財への関心と保護意識を高めてもらうことを目的に開催されます。

これまで、サミット主催の東北芸術工科大学文化財保存修復研究センターでは地元の協力を得ながら三度にわたり「たかはた石工サミット」を開催してきましたが、今年度は文化財石垣保存技術協議会(国選定の保存技術保存団体)の協力を得て、広く全国の石工らに参加を呼びかけています。

普段なかなかふれることのできない石の魅力を知る絶好の機会!
石のネットワークが需要喚起にもつながります!! ぜひご参加を!!

●全国石工サミットinたかはた
開催日:10月1日(土)雨天開催
会場:高畠町瓜割石庭公園 高畠町安久津(道の駅たかはたから東に1キロ)
参加費:無料
主催:東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター
後援(予定):高畠町教育委員会、山形県教育委員会、文化財石垣保存技術協議会
協力:安久津二井宿振興会、高畠町石材工業組合、山形市石工組合、高畠石の会

◆プログラム
10/1(土)13時〜17時
○第1部 全国石工サミット
13時 開会あいさつ
13時10分 手掘りによる石切実演・体験
14時30分 石引き・石おろし実演(指導:石工・引地兼二、引地道晴)
会場内にて石切道具の展示、石切作業の映像上映、高畠石の町並みポスター展示

○第2部 石切山の夕べ
15時〜15時30分 石切山コンサート(高畠中学校吹奏楽部)
安久津二井宿振興会主催
15時30分〜16時30分 石工・見学者交流会 山形名物「芋煮」・飲み物
17時 閉会




菅原二郎展は10月1日より筑西市のザ・ヒロサワ・シティにて!

菅原二郎展

常設展示場開設記念 1992-2016 菅原二郎展
10月1日より、茨城県筑西市のザ・ヒロサワ・シティ 芸術の森/菅原二郎展示場にて!

彫刻家、菅原二郎さんの個展「1992-2016菅原二郎展」が10月1日(土)から9日(日)まで、
茨城県筑西市のザ・ヒロサワ・シティ 芸術の森/菅原二郎展示場で開催されます。

この展覧会は、菅原二郎さんの作品を集める常設展示場が同シティ内に開設されるのを記念するもの。
彫刻界をリードする菅原さんの作品が一堂に見られます。

菅原さんは、1941年奈良県生まれ。
個展開催のほか、国内外のグループ展、シンポジウムなどにも精力的に参加されています。

その表現、石の造形からは、必ず大きなヒントを得られるはず。
展示会期間は下記のとおりですが、会期終了後でも、ぜひ常設展示場へ!

●常設展示場開設記念 1992-2016 菅原二郎展
期間:10月1日(土)〜9日(日)
時間:午前10時〜午後5時
会場:ザ・ヒロサワ・シティ 芸術の森/菅原二郎展示場
所在:茨城県筑西市茂田 ザ・ヒロサワ・シティ内

◇ウェルカム・バーベキュー
10月1日(土)午後3時〜




中谷聡展は9月26日より東京・北上野のいりや画廊にて!

中谷聡展

中谷聡展
9月26日より、東京・北上野のいりや画廊にて!

彫刻家、中谷聡さんの個展「中谷聡展」が9月26日(月)から10月8日(土)まで、
東京・北上野のいりや画廊で開催されます。
中谷さんの代表作「時のカプセル」シリーズの旧作から、小品の新作などが発表されます。

中谷さんは、1959年生まれ、長野県出身の彫刻家。
日中友好美術展や、国民文化祭・ぐんま2001彫刻展、北陸中日美術展、富嶽ビエンナーレ展などで作品を発表。
現在は、新制作協会・会員としても活躍されています。

石の美しさをそのままに、石に内包される時間を永遠に封じ込める思いで創作する中谷さん。
今回、どんな作品が見られるか。会場は、おなじみのいりや画廊。ぜひご来場を!

●中谷聡展
期間:9月26日(月)〜10月8日(土)
時間:午前11時30分〜午後7時30分(最終日は午後3時まで)
日曜休廊
レセプション:9月30日(金)午後5時〜
会場:いりや画廊
所在:東京都台東区北上野2-30-2
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/




山本正道 シモン・パシエカ展は8月5日よりカスヤの森現代美術館で!

山本正道

山本正道 シモン・パシエカ ―寓話との出会い―
8月5日より、神奈川県横須賀市のカスヤの森現代美術館にて!

「山本正道 シモン・パシエカ ―寓話との出会い―」が8月5日(金)から10月16日(日)まで、神奈川県横須賀市のカスヤの森現代美術館で開催されます。

山本正道氏は1940年生まれ。東京芸大卒業後、イタリアやアメリカなどでも彫刻を学び、その作品は「風景彫刻」と呼ばれ国内外で高い評価を得ています。
シモン・パシエカ氏はパリを拠点にヨーロッパ各地で活躍中の画家。画面を通してそれぞれの人の中に眠る大切な記憶や感覚を呼び覚まそうとする作品が高い評価を得ています。

期間中はトークイベントなども企画され、より深く、二人の作品世界に触れられます。
ぜひ会場でお楽しみください!

●山本正道 シモン・パシエカ―寓話との出会い―
期間:8月5日(金)〜10月16日(日)
※月曜、火曜休館
時間:午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
※8/20(土)、10/2(日)、10/9(日)はイベント開催のため、
一般の方の見学は12時まで
オープニング・レセプション+トークイベント
8月7日(日)午後3時より
会場:カスヤの森現代美術館
所在:神奈川県横須賀市平作7-12-13
入館料:一般600円、学生500円(小学生300円)
http://www.museum-haus-kasuya.com




第80回記念新制作展は9月14日から国立新美術館にて!

第80回記念新制作展

第80回記念新制作展
9月14日より、東京・六本木の国立新美術館にて!

第80回記念新制作展が9月14日(水)から26日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館で開催されます。
主催は、新制作協会。彫刻部、絵画部、スペースデザインの3部門で構成されます。

彫刻部は、岩間弘さん、池田吏志さん、佐善圭さん、田中昇さん、菱田波さん、山本正道さんなどが所属。
毎回、石をはじめとしてさまざまな素材による作品が展示されます。

今回は第80回記念。ギャラリートークなどのイベントも開催されます。

◇彫刻部イベント
オープニングトーク:9/14(水)午後3時〜午後4時30分(彫刻展示室にて)
ギャラリートーク:9/18(日)午後2時〜(彫刻展示室にて)

絵画部、スペースデザインでも同様に開催しますが、詳細は下記の新制作協会ウェブサイトでご確認を!
なお、3部による企画は下記のとおりです。

◇3部企画
子ども・アート・しんせいさく
9/22(木) ・午後1時30分〜午後3時  ・午後3時30分〜午後5時(3F絵画展示室)

みなさん、ご家族でもご来場ください!

●第80回記念新制作展
期間:9月14日(水)〜26日(月)
時間:午前10時〜午後6時(入場は午後5時30分まで)
最終日:午後2時終了(入場は午後1時まで)
金曜日:夜間開催、午後8時終了(入場は午後7時まで)
会場:国立新美術館
所在:東京都港区六本木7-22-2

新制作協会ウェブサイト
http://www.shinseisaku.net




国別花崗岩製品の輸入動向(2016年7月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年7月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比92.6%、輸入金額は74.1%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年7月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年7月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比93.3%、輸入金額は74.2%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

いりやKOUBO作品展は9月19日から東京・北上野のいりや画廊で!

いりや公募展

第1回いりやKOUBO作品展〜若手彫刻家の公募作品展
9月19日より、東京・北上野のいりや画廊にて!

第1回いりやKOUBO作品展〜若手彫刻家・公募作品展が9月19日(月・祝)から24日(土)まで、
東京・北上野のいりや画廊で開催されます。

この展覧会は、タイトルどおり、若手(40歳以下)の彫刻家を対象にした、同画廊企画による公募展。
公募によって選ばれた大賞1点、準大賞3点、入選作品10点を展示します。

すでに公募受付は9月3日に終了し、10日、11日の両日に作品を搬入。14日に審査が行なわれる予定です。
審査員は、下記の皆さん(五十音順、敬称略)。
・伊藤均(建築家)  ・岡本敦生(彫刻家)  ・木戸修(彫刻家)
・城戸崎博孝(建築家)  ・貴船美彦(建築家)  ・小林賢二(彫刻家)  ・水川尚彦(建築家)

◇コンセプト=「空間における彫刻」

かねてより、若手や女性彫刻家の作品発表の場をもうけてきたいりや画廊。
石の彫刻家のなかでも認知度は高く、今回、素材は自由ですが、石の作品も多いと期待されます。

今後の美術界において、画廊としての方向性を探ることを目的としているこの公募展。
きっと、新たな石との出会いのある、すばらしい作品展になると思われます。

●いりやKOUBO作品展〜若手彫刻家・公募作品展
期間:9月19日(月・祝)〜24日(土)
時間:午前11時30分〜午後7時30分(最終日は午後4時まで)
レセプション:19日午後5時〜
会場:いりや画廊
所在:東京都台東区北上野2-30-2
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/

なお、審査発表は上記ウェブサイトで行なわれます。
審査発表:9月16日(金)




国別花崗岩製品の輸入動向(2016年6月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年6月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比91.0%、輸入金額は75.8%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年6月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年6月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比90.6%、輸入金額は75.6%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

Stone & Women 3 は8月22日より東京・北上野のいりや画廊で!

Stone&Women3

Stone & Women 3―6人の女性石彫家による企画展
8月22日より、東京・北上野のいりや画廊にて!


6人の女性石彫家による企画展「Stone & Women 3」が、8月22日(月)から9月3日(土)まで、
東京・北上野のいりや画廊にて開催されます。
この女性石彫家シリーズは、今回で3回目。みなさん現役でご活躍中の作家ばかりです。

今回の参加作家は下記のみなさん(順不同)。
佐藤藍さん、曽根麻衣さん、藤沢恵さん、宮城島万莉子、山本桂さん、渡辺忍さん

女性にとって、石を彫り表現することは、体力的にも大変な作業。
それでもなぜ、みなさん、石を彫るのか――そんな質問を投げかけてみたい展覧会ですね。

みなさん、年代も、経験も、石の種類も、制作方法も違います。
それぞれの石の表現をぜひ、会場で楽しんでください!

●Stone & Women 3
期間:8月22日(月)〜9月3日(土) ※日曜休廊
時間:午前11時30分〜午後7時30分、最終日は午後4時まで
レセプション:8月26日(金)午後5時より
会場:いりや画廊
所在:東京都台東区北上野2-30-2
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/




エンディング産業展2016は8月22日より東京ビッグサイトで!

エンディング産業展2016

エンディング産業展2016
8月22日より、東京ビッグサイト・東1ホールにて!

エンディング産業展2016が8月22日(月、友引)から24日(水)まで、東京・有明の東京ビッグサイトにて開催されます。
葬儀・埋葬・供養などの終活に冠する設備・機器・サービス専門展で、石材業界からも多数出展します。

昨年末に大きな注目を集めた同展。今回はエンディング業界の有力300社以上が一堂に会する予定です。
出展者は、主に〔葬儀・葬祭〕〔墓石・石材〕〔納骨・永代供養〕〔寺院向け設備・サービス〕〔仏壇・仏具・神具〕〔遺族向けサービス・商品〕〔終活向けサービス・情報〕などに分類されます。

墓石・石材関連業では、安心石材店の会、ECトレード、石長、イシフク、茨城の石本舗、いよせき、大蔵山スタジオ、岡谷グラニット、冲セキ、オクノ、亀川石材店、川本商店、クレア、坂口石材工芸、サンセキ、TakeShoコミュニケーションズ、翼石材、藤栄研材工業、中村節朗石材、成世南海堂、鳴本石材、日本石材産業協会、日本銘石(関東ファントーニ、関西ファントーニ)、はせがわ、ボイス、まごころ価格ドットコム、松井文ショウ堂など、多数の企業、団体が出展します。

また、業者向けセミナー、終活者向けのセミナーも、3日間にわたり多数開催されます。
小誌「月刊石材」インタビュー企画にご登場いただいた、華道家・假屋崎省吾氏もご自身が推奨する「花と葬装アイテム」を紹介するセミナーを開く予定です!

なにより、多様化する葬送サービスの現状を知り、明日の墓石市場を切り拓くためにも、ぜひご来場を!

●エンディング産業展2016
期間:8月22日(月、友引)〜24日(水)
時間:午前10時〜午後5時
会場:東京ビッグサイト 東1ホール

展示会の詳細、出展者やセミナー情報、参加申し込みについては下記へ!
エンディング産業展2016ウェブサイト
http://www.ifcx.jp/

会場で出展者と商談する際の、事前アポイントもウェブサイトから!




ものづくり・匠の技の祭典2016は8月10日より東京国際フォーラムで!

匠の技の祭典 匠の技の祭典

伝統と革新 ものづくり・匠の技の祭典2016
8月10日より、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて!

伝統と革新 ものづくり・匠の技の祭典2016が、8月10日(水)から12日(金)までの3日間、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催されます。
日本を代表する匠たちが一堂に会するなか、石材業界からは、全国石材技能士会、岡崎石製品協同組合連合会、香川県石材施工技能士会が出展します。

この祭典は、日本を支えてきた伝統的な匠の技と、最先端のものづくり技術の魅力を発信するもの。衣・食・建・暮・工のさまざまな分野の技を、観るだけでなく、自ら体験するなど、一般の方々が楽しめるイベントです。

出展者は、日本の伝統産業で活躍する匠たち。
アンバサダーは、東京下町育ちのタレント東貴博氏と、匠の技が集結する特撮技術を駆使する円谷プロのウルトラマン!(撮影会あり)

テーマ展示、ステージパフォーマンス、販売のほか、体験コーナーもあり、夏休みにご家族そろって楽しめます!

そしてそして! もちろん、石工の匠の技もお見逃しなく!!
日本の石工の技、作品、そして匠たちの魅力を体感してください。

●伝統と革新 ものづくり・匠の技の祭典2016
期間:8月10日(水)〜12日(金)
時間:午前10時〜午後5時
会場:東京国際フォーラム ホールE、ロビーギャラリー

イベントスケジュール、会場アクセスなどの詳細はこちらへ!
http://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/

■全国石材技能士会:B2ブース L-11
(暮ゾーン)
■岡崎石製品協同組合連合会:同上
■香川県石材施工技能士会:B1ブース LG-40




平成28年(前期)技能検定試験の受検申請受付は4月4日から

技能検定試験イメージ 写真はイメージ

平成28年(前期)技能検定試験の受検申請受付は4月4日から
前期は「石張り作業」と「石積み作業」の試験

平成28年(前期)技能検定試験の実施公示が3月3日にありました。
石材施工職種では、前期に「石張り作業」と「石積み作業」の試験があります。

◎「石張り作業」を実施予定の職業能力開発協会は下記のとおり
北海道、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県、沖縄県

◎「石積み作業」を実施予定の職業能力開発協会は下記のとおり
秋田県、山形県、福島県、茨城県、新潟県、山梨県、岐阜県、静岡県、滋賀県、兵庫県、岡山県、山口県、香川県、愛媛県、大分県、沖縄県

◎上記試験の実施日程は下記のとおり
受検申請受付:4月4日(月)から4月15日(金)まで
実技試験問題公表:5月26日(木)
実技試験実施期間:6月2日(木)から 9月7日(水)
学科試験:9月4日(日)
合格発表:9月30日(金)

●受検申請・詳細については、都道府県職業能力開発協会にお問い合わせください。
http://www.javada.or.jp/kyoukai/itiran.html

伊藤正人石彫展は7月26日よりギャラリーせいほうで!

伊藤正人石彫展

伊藤正人石彫展
7月26日より東京・銀座のギャラリーせいほうで!

彫刻家、伊藤正人さんの個展「伊藤正人石彫展」が、7月26日(火)から8月5日(金)まで、
東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。

伊藤正人さんは1957年東京都生まれ。玉川大学(彫刻)在学中に一陽会で特待賞を受賞し、
その後も全国国民文化祭(各地開催)や文化庁主催現代美術選抜展(代表)、
日美展、明日を見つめる芸術展、21世紀空間思考展、アートのまなざし展など、
個展、グループ展などで精力的に作品を発表されています。
昨年は紺綬褒章を受章、そのほかにも朝日新聞社賞、高田誠記念賞など受賞も多数。
現在、広く活躍中の作家です。

●伊藤正人石彫展
期間:7月26日(火)〜8月5日(金)
時間:午前11時〜午後6時30分 日曜休廊
会場:ギャラリーせいほう
所在:東京都中央区銀座8丁目10-7東成ビル1F
http://gallery-seiho.com




第2回文化財保存・復元技術展は7月20日より東京ビッグサイトで!

文化財保存技術展

第2回文化財保存・復元技術展
7月20日より3日間、東京ビッグサイトで開催!


第2回文化財保存・復元技術展が7月20日(水)から22日(金)まで、東京ビッグサイト・東3ホールで開催されます。
主催は、一般社団法人日本能率協会。特別セミナーも多数開催されます。

同展は、文化財の保存・修復・復元技術を一堂に紹介する専門展示会です。
文化財の保存・修復には多大な経費と労力がかかるうえ、昨今は伝統技能を有する職人の後継者不足も問題になっています。また地震や台風などの自然災害による影響も大きく、その保存。修復対策は急務の課題といえます。

石材関連では、城石垣の修復等が、専門知識・技術を要します。
ぜひ同展で、自社でできることを見つけてください。

なお、石材関連の出展は、大谷石の補修などに高い実績を残すキハラシステムなどが出展する予定です。

●第2回文化財保存・復元技術展
期間:7月20日(水)〜22日(金)
時間:午前10時〜午後5時
会場:東京ビッグサイト・東3ホール
入場登録料:3,000円(ただし事前登録証持参者、招待状持参者は無料)
特別セミナー:期間中、1日4セミナー(聴講無料、定員150名)
特別セミナーは事前登録制。登録は下記のサイトにて受付中です。
http://www.jma.or.jp/bunka




田中毅石彫展は7月14日より東京・中野の土日画廊で!

田中毅石彫展

田中毅石彫展―石の歌声が聞こえる
7月14日より、東京・中野の土日画廊にて!

彫刻家、田中毅さんの個展「田中毅石彫展―石の歌声が聞こえる」が、7月14日(木)から31日(日)まで、
東京・中野の土日画廊にて開催されます。
今回も新作を含め、展覧会タイトルにあるような作品「唄おう」(上画像)などが出展される予定です。

日本橋高島屋での個展(http://www.ishicoro.net/hpgen/HPB/entries/875.html)も終了したばかりの田中さん。
今年は特に個展が重なり、大忙しのようです。

この土日画廊は、民家を改装したとてもアットホームな画廊で、訪問するたびに落ち着きます。
その雰囲気、空間にも、田中さんの作品はすっとなじんでしまうから不思議ですね。

ぜひ、田中さんの作品と、画廊の雰囲気をお楽しみください!

●田中毅石彫展―石の歌声が聞こえる
期間:7月14日(木)〜31日(日)
開廊日:期間中の木曜日〜日曜日
時間:12時〜19時
会場:土日画廊
所在:東京都中野区上高田3-15-2
http://donichigaroh.com/




HIMOROGI-伊達冠石とインテリア展は7月6日より東京・目黒で!

ひもろぎ

HIMOROGI 伊達冠石とインテリア
7月6日より東京・目黒のゼロファーストデザインにて!

HIMOROGI(ひもろぎ)―伊達冠石とインテリア展が7月6日(水)から30日(土)まで、東京・目黒のゼロファーストデザインで開催されます。伊達冠石を使ったリビングアイテムを中心に、ゼロファーストデザインとのコラボレーション製品も発表されます。

伊達冠石は、宮城県南部の大蔵山より産出される石です。
その表情は黄土色のもの、焼き物のように錆色の肌をまとうものなどさまざま。
まるで彫刻作品のように造形的な表面、そして艶やかな黒色の内面を併せ持つ石で、イサム・ノグチやリチャード・ロングなどが創作表現に使用したことでも知られています。
今回の展示会では、伊達冠石の果てしない可能性が楽しめるようです!

〔HIMOROGI=ひもろぎ=神籬〕
古来、日本人は自然の山や石、木、海などに神が宿っていると信じ、信仰の対象としてきた。そのため、古代の神道では神社を建てて社殿のなかに神を祭るのではなく、祭のときはその時々に神を招いて執り行った。その際、神を招くための巨木、巨石の周囲に玉垣をめぐらして注連縄で囲うことで神聖を保ち、古くはその場所が「神籬=ひもろぎ」と呼ばれた。
(案内状より)

●HIMOROGI 伊達冠石とインテリア
期間:7月6日(水)〜30日(土)
時間:午前11時〜午後7時
会場:ゼロファーストデザイン(ZERO FIRST DESIGN)
所在:東京都目黒区青葉台2-3-1小杉ビル青葉台1F
電話:03-5489-6101
http://www.01st.com

オープニングレセプション:7/6(水)午後5時〜午後9時
カクテルパーティー:7/22(金)午後5時〜午後8時
(両日ともに軽食とドリンクを用意)

伊達冠石:大蔵山スタジオ株式会社
http://www.okurayamastudio.com

※その他、会期中の営業スケジュールなどは、ゼロファーストデザインへお問い合わせを




国別花崗岩製品の輸入動向(2016年5月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年5月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比94.6%、輸入金額は81.9%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年5月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年5月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比94.3%、輸入金額は81.6%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

テーブルウェアEXPOは7月6日より東京ビッグサイトにて!

テーブルウェア2016 テーブルウェア2016 (佐藤石材工業Centuria商品見本)

第7回テーブルウェアEXPO
7月6日より、東京ビッグサイトにて!

第7回テーブルウェアEXPOが7月6日(水)から8日(金)まで、東京ビッグサイトで開催されます。
これは、ライフスタイルにかかわる雑貨、インテリアを網羅する総合展示会GIFTEX2016として開催される7つの展示会のうちのひとつ。食器やカトラリー、調理器具、キッチン家電などの最新商品、サービスが一堂に会し、国内外のバイヤーが集結します。

石材関連業種では、(株)佐藤石材工業(宮城県涌谷町)、(株)東洋石創(神戸市)などが出展する予定です。

特に(株)佐藤石材工業では、Centuria(センチュリア)ブランドを立ち上げ、主に黒曜石製のテーブルウェア、同キッチンウェアを出品する予定です。

出展者は、国内外から過去最多の2280社にもなるテーブルウェアEXPO。
それだけ来場者の関心は高く、石の新たな市場開拓に有効に結び付けたいところです。

ぜひ、会場でさまざまな可能性に触れてください!

●第7回テーブルウェアEXPO
期間:7月6日(水)〜8日(金)
時間:午前10時〜午後6時(最終日は午後5時終了)
会場:東京ビッグサイト
※GIFTEX2016(7展示会)が東京ビッグサイト全館で開催
http://www.tw-expo.jp/


◆(株)佐藤石材工業
http://www.satosekizai.com




フューネラルフェアは7月5日・6日、パシフィコ横浜で!

フューネラルフェア2016

第20回フューネラルビジネスフェア2016
7月5日、6日に横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で!

今回で記念すべき第20回目となるフューネラルビジネスフェア2016が7月5日(火)、6日(水)の2日間、横浜みなとみらいのパシフィコ横浜、展示ホールC・Dにて開催されます。テーマは、「来たるべきさらなる多死社会へ向けた再出発」。葬祭、仏壇・仏具、お墓など、供養業界の最新情報が発信されます。

〈4つのみどころ〉
1)史上初! 供養業界6団体の後援が実現!
全石協、全霊協、全互協、全宗協、全葬連、石産協の後援6団体による、講演やディスカッション、ブース展示が実現。産業の意義・文化の価値を共有、将来ビジョンを発信!

2)業界最大規模、産業発展を支えるサプライヤー120社超が集結!
葬祭業、墓石・霊園、仏壇・仏具、生花など、供養業界の「お客様満足」「企業力強化」「産業の成長」を強力にサポートする、充実のサービス&アイテムが勢揃い!

3)過去最多、4会場・全29講座のシンポジウムを開催
同時開催の「フューネラルビジネスシンポジウム2016」では、過去最多の全29講座を開講。業界を代表する経営者や次代を担うリーダーなど、それぞれの立場から「明日の葬送産業」の方向性を提言!

4)参加費無料・事前予約不要!充実のプレゼンテーション・実演ステージ
3会場・14社(団体)の公園を無料公開!模擬葬儀・湯灌実演・生花祭壇設営、注目企業によるセミナーなど、供養業界の最新情報と、普段見ることができないプロの技術を間近で学べる特別ステージを用意!

フューネラルシンポジウムも注目!
■7/5(火)午前9時40分〜午前11時
業界団体パネルディスカッション
「さらなる多死社会を迎える、供養業界の明日を考える」(無料公開)
パネリスト:射場一之(石産協会長)、太田明(全石協理事長)など
■7/6(水)午後2時50分〜午後4時
葬祭・墓地事業の今後(別途、受講料)
「好老社会をつくるデスケアビジネスの現状と将来展望
〜トータルエンディングサービスとしての新葬送・埋葬考」
講師:長江曜子(加藤組 石匠あづま家社長、石産協副会長)

特別企画(後援団体公開セミナー)も注目!
■全石協
喪主様の改葬、墓じまいのお悩みを解決!
全石協運営「お墓の引越しドットコム」
7/5午前11時45分〜、7/6午後1時〜(各30分間)
■石産協
石屋が消える日
7/5午後1時〜(30分間)

その他にも、出展社、シンポジウム、公開セミナーなどは多数で、いずれも供養業界のいま、そして未来を知るためには欠かせない内容です! ここに来れば、必ずなにかが見つかります!

●フューネラルビジネスフェア2016
期間:7月5日(火)〜6日(水・友引)
時間:午前9時30分〜午後5時、2日目は午後4時まで
会場:パシフィコ横浜 展示ホールC・D
(シンポジウム会場はパシフィコ横浜 アネックスホール他)
主催:綜合ユニコム/月刊フューネラルビジネス

フェア、シンポジウムの詳細、シンポジウム参加申し込みは下記にて。
・フューネラルビズコム http://www.funeral-biz.com/
・綜合ユニコム http://www.sogo-unicom.co.jp/




大島由起子展は7月4日より東京・銀座のギャラリーせいほうで!

大島由起子展

大島由起子展−波の先−
7月4日より東京・銀座のギャラリーせいほうにて!

彫刻家、大島由起子さんの個展「大島由起子展−波の先−」が7月4日(月)から15日(金)まで、
東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。
小松石を使用した作品「波の先」などが出展される予定です。

大島さんは、武蔵野美術大学大学院美術専攻彫刻コースを修了。
2004年には「武蔵野美術大学パリ賞」を受賞し、渡仏。現在は多摩美術大学で非常勤講師を務めています。
ギャラリーせいほうなどの個展、雨引きの里と彫刻などのグループ展、インドでの彫刻シンポジウム参加など、
精力的に活動されています。

今回、せいほうでは3度目の個展。どんな作品が見られるか、ぜひ会場へ!

●大島由起子展−波の先−
期間:7月4日(月)〜15日(金) ※日曜休廊
時間:午前11時〜午後6時30分 ※最終日は午後5時まで
会場:ギャラリーせいほう
所在:東京都中央区銀座8丁目10-7
http://gallery-seiho.com




水田有紀展は7月4日からいりや画廊にて!

水田有紀

水田有紀展
7月4日から東京・北上野のいりや画廊にて開催!

彫刻家、水田有紀さんの個展「水田有紀展」が、7月4日(月)から10日(日)まで、
東京・北上野のいりや画廊で開催されます。

水田さんは、女子美術大学大学院博士課程修了(2013年)。
その翌年にはKAJIMA彫刻コンクールで奨励賞を受賞するなど、いま注目の若手作家です。
命を石で表現し、命との別れを、ただの悲しみとして受け止めることではなく、
「永遠」の形として残すことが、いまの水田さんの制作の糧となっているようです。

作品は、鳥をモチーフとし、水田さんは、
「私の作る石製のインコ。触りたくなったら触ってください。
撫でたくなったら撫でてください。その気持ちを私の子達も
喜んで受け取ってくれるはずです」
といいます。

ぜひ会場へ!

●水田有紀展
期間:7月4日(月)〜10日(日)
時間:午前11時30分〜午後7時30分(最終日は午後4時まで)
レセプション:7月4日午後5時より
会場:いりや画廊
所在:東京都台東区北上野2-30-2
TEL.03-6802-8122
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/




田中毅石彫展は6月29日より日本橋高島屋にて!

田中毅石彫展

田中毅石彫展
6月29日より日本橋高島屋6階美術工芸サロンにて!

彫刻家、田中毅さんの個展「田中毅石彫展」が6月29日(水)から7月5日(火)まで、東京の日本橋高島屋6階美術工芸サロンにて開催されます。
今年は、目黒・現代彫刻美術館での大規模個展、川越・伊佐沼工房でのグループ展と、大忙しの田中さん。そのなかで、新作を含め、どんな作品が展示されるのか楽しみです。

田中毅さんは1951年、宮崎県生まれ。
東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻を修了後、つねに精力的に作品を発表し続ける彫刻家です。
その作品は、想像上の虫や動物、あるいは妖精のような親しみやすい表現を示しつつ、人間的なしぐさ、正直な心情などをうかがわせ、鑑賞者の心に強く響く作風が長く、広く支持されています。

そして、この高島屋の個展が終了すると、次は東京・中野の土日画廊での個展開催も決まっています!
それはまた後日ご案内しますが、ぜひ会場で田中毅さんの作品世界に触れてください!

●田中毅石彫展
期間:6月29日(水)〜7月5日(火)
会場:日本橋高島屋6階美術工芸サロン
営業時間:午前10時30分〜午後7時30分
※最終日は午後4時にて閉場
https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/index.html




ページトップへ