カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

渡辺治美展“Root”が6月18日までいりや画廊で開催中!

渡辺治美

渡辺治美展“Root”
6月18日まで、東京・北上野のいりや画廊にて開催!

彫刻家、渡辺治美さんの個展、「渡辺治美展“Root”」が
6月6日(月)から18日(土)まで、東京・北上野のいりや画廊にて開催されています。

渡辺さんは、女子美術短期大学専攻科造形専攻彫塑修了、
国画会所属の彫刻家で、個展やグループ展などで広くご活躍中です。
近年は、植物の根であり、また動物の生の源の意味でもある“Root”と
題する作品を制作されています。

今回の個展では大作も含めた新作が発表されています。
ぜひ会場でその作品世界にふれてくだい!

●渡辺治美展“Root”
期間:6月6日(月)〜18日(土) 日曜休廊
時間:午前11時30分〜午後7時30分(最終日午後3時まで)
レセプション:6月10日(金)午後5時より
会場:いりや画廊
所在:東京都台東区北上野2-30-2
TEL.03-6802-8122
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/





国別花崗岩製品の輸入動向(2016年4月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年4月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比83.1%、輸入金額は72.5%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年4月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年4月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比83.6%、輸入金額は72.8%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

石あかり作品を募集! むれ源平石あかりロード2016

石あかり募集 昨年のJAPAN石あかりコンテスト第1位「UFO」

全国より石あかり作品を募集中!
むれ源平石あかりロード2016は8月6日より開幕!

高松市牟礼町で毎年夏に開催されている、むれ源平石あかりロード。
今年は8月6日(土)から9月17日(土)まで開催されますが、むれ源平石あかりロード実行委員会では現在、全国より石あかり作品を募集しています。

この石あかりロードは、牟礼町の旧庵治街道沿い・約1キロに石あかり作品を並べ、期間中は大勢の来場者(昨年は延べ7万人)で賑わいます。
出展作品は、1万部配布予定の石あかりロードパンフレットに掲載されますので、その発信力は抜群。ぜひ、自社のアイデア、デザイン企画力を試すためにも、多くの石材店に参加していただきたいところです。

しかも、出展料は無料で、販売も可能(別途、販売手数料)です!

出展作品は、国内で加工された作品を基本とし(事前承認を前提に、部材に外国加工のものを使用することも可能)、電気は防水式のものでPSE(電気用品安全法)規格を取得している作品、もしくは取得できる作品、あるいはローボルト、LED、ローソクを使用したもの、が条件です。

会期中は、審査員よる審査と、来場者の人気投票による「JAPAN石あかりコンテスト2016」も企画されていて、老若男女が集まるイベントだけに、エンドユーザーの好み、売れ筋を検討する絶好の機会にもなります。

詳細は下記へお問い合わせを!
なお、募集締切は6月24日(金)。お早めに!

●讃岐石材加工協同組合
TEL.087-845-2446

※募集締切:6月24日(金)
※出展料:無料




AJI PROJECTが6月1日よりinteriorlifestyle TOKYOに出展!

インテリアライフスタイル2016 インテリアライフスタイル2016 (イメージ写真)

AJI PROJECTが出展!
6月1日より開幕のinteriorlifestyle TOKYOにて

interiorlifestyl TOKYO 2016(インテリアライフスタイル展)が6月1日(水)から3日(金)まで、東京ビッグサイト、西1・2・3・4ホールとアトリウムにて開催されます。
石材関連では庵治石材産地の石工が参加するAJI PROJECT(庵治プロジェクト)が出展する予定です。

同展は、キッチン用品、ブランド食器、家具、照明、インテリアグリーン、ガーデンファニチャー、ファッション雑貨、デザイン文具などなど、ハイエンド・ハイデザインのインテリア&ライフスタイル商品を発信する提案型の国際見本市です。
国内外のメーカー、デザイン会社等が一堂に会し、最新のデザイン体験を提案し、バイヤーやメディア関係者も多数来場します。

AJI PROJECTは「暮らしに寄り添う庵治石」をテーマに、洗練された庵治石アイテムを各種企画・開発し、国内だけでなく、海外からも注目されるブランドです。今回は、新商品を含めた、ダイニング・リビングのインテリアアクセサリーを出展するようです。

その他、関連業種では、日本香堂や仏壇店なども出展の予定です。

石材業界としても、市場開拓のためには見逃せない展示会となります。
ぜひ会場で、次のステップへのヒントを探ってみてください!!

●interiorlifestyle TOKYO 2016(インテリアライフスタイル展)
期間:6月1日(水)〜3日(金)
時間:午前10時〜午後6時(最終日は午後4時30分まで)
会場:東京ビッグサイト 西1・2・3・4ホール及びアトリウム
公式ウェブサイト:http://www.interior-lifestyle.com

●AJI PROJECT(庵治プロジェクト)
出展ゾーン:アトリウム
小間番号:A-22
公式ウェブサイト:http://www.aji-project.jp




庵治ストーンフェアは6月11日・12日に香川県高松市にて!

庵治ストーンフェア2016 庵治ストーンフェア2016

庵治ストーンフェア2016
6月11日・12日に香川県高松市のサンメッセ香川で!

庵治ストーンフェア2016が6月11日(土)と12日(日)の2日間、庵治石の産地・香川県高松市の
サンメッセ香川(香川インテリジェントパーク内)で開催されます。
主催は、(協)庵治石振興会。今回のテーマは「地球の恵みを磨く、庵治石〜石に祈りを〜」。

庵治石材産地が誇る墓石や灯籠などの伝統的石造品はもちろん、新たな石製品などが多数出展されます。
庵治石の他、各種国産銘石も大集合! 日本の石、日本の石工の技術の魅力をぜひお確かめください。

〈企画展〉
「見せます。お墓製造工程企画展」
恒例の庵治石大丁場地区採石場見学のほか、会場に庵治石原石、各種加工・仕上げ工程までの
展示を行ない、採掘から製品化までの流れを再現します。
庵治石の生のままの風合いを感じつつ、産地の高い技術力、こだわりを体感できます!

〈特別講演会〉
6/12(日)午前10時30分より
「幸せの条件〜ご先祖さまと共に生きる」
講師:大谷徹奘氏(奈良薬師寺・執事)

〈大丁場見学ツアー〉
・6/11(土) 午前の部10時〜/午後の部13時30分〜
・6/12(日) 午前の部11時〜
・参加費:500円

〈その他〉
石のワークショップ、石匠庵神レムジアショー、似顔絵制作、もちつき、
しまんと新聞ばっぐワークショップ、協賛イベント「お墓参り写真コンテスト2016」など

大丁場知久採石場見学、特別講演会などの参加申込や詳細は、下記へお問い合わせを!

●庵治ストーンフェア2016
期間:6月11日(土)〜12日(日)
時間:午前9時〜午後5時、12日は午後4時まで
会場:サンメッセ香川(香川インテリジェントパーク内)
所在:香川県高松市林町2217-1
主催:(協)庵治石振興会
TEL087-871-4170
http://www.aji-ishi.org/




第26回桜川市大和の石まつりは6月3日より桜川市で!

大和の石まつり2016 大和の石まつり2016

第26回桜川市大和の石まつり
6月3日より3日間、茨城県桜川市役所大和庁舎前広場で開催!

第26回桜川市大和の石まつりが、6月3日(金)から5日(日)まで、茨城県桜川市役所大和庁舎前広場で開催されます。
主催は、桜川市商工会石材部会。今回のテーマは「未来に輝く石と技」。
茨城産地の石工による墓石・灯籠・庭石・彫刻品・ガーデニング用品などが勢揃いします!

〈イベント情報〉
6/3(金)
開会式・石あたま大賞2016表彰式・石あかりコンテスト・輪投げでビンゴ

6/4(土)
石あかりコンテスト・ふれあい動物園・ミニSLこどもトレイン出発進行!!
しらとり太鼓演舞・輪投げでビンゴ

6/5(日)
大和ホースパーク・陸上自衛隊特別展示・しらとり太鼓演舞・輪投げでビンゴ
石あかりコンテスト(グルメエリアにて結果発表!!)

〈石あたま大賞2016〉
恒例企画、石あたま大賞2016では、身近にいる一見わからず屋に見えるが、一徹にこだわりをもって行動し、みんなの役に立っている人、みんなに愛されている人を募集しています。その人のエピソードを添えて応募してください。自薦・他薦は問いません。
・申し込み方法
事前に所定の応募用紙をウェブサイトから入手。
郵便またはファックスで応募。
応募用紙に必要事項を記入し、当人のプロフィールと写真を添付。
・申し込み締め切り
平成28年5月30日まで
・発表
平成28年6月3日(金)
大和の石まつり会場及びウェブサイト上
・賞品
石あたま大賞1名
写真彫りをプレゼント!!

応募先など詳細は下記へお問い合わせください。
・桜川市商工会真壁事務所
「石あたま大賞2016」係
TEL0296-58-5069
http://sakuragawa.or.jp

●第26回桜川市大和の石まつり
期間:6月3日(金)〜5日(日)
時間:午前9時〜午後5時
会場:桜川市役所大和庁舎前広場




岡本敦生展は5月16日より東京のいりや画廊で!

岡本敦生展

岡本敦生展
5月16日より東京・北上野のいりや画廊で!

彫刻家、岡本敦生さんの個展、岡本敦生展が5月16日(月)から6月4日(土)まで、
東京・北上野のいりや画廊で開催されます。

岡本敦生さんは1951年広島県出身、国内外でご活躍中の彫刻家です。
80年代から数々の賞を受賞し、いまも世界を活動の場とし、作品を発表し続けています。

「昔から川原が大好きで、石が大好きで、空が大好きで、星が大好きで、リカが大好きで、
物理が大好きで、宇宙が大好きで、時間のことを考え、生きるという事を考え、
空間やモノのことを想いながら、何の因果なのか、彫刻家になってしまったのです」
(オフィシャルウェブサイトより)

今回発表される作品には、遠い昔に小さな心の奥深くに刷り込まれた自身を取り巻く
記憶に残る風景が表現されているものもあるようです。
大作を含めた新作も発表されるらしく、まさに注目の展覧会です!

●岡本敦生展
期間:5月16日(月)〜6月4日(土)
時間:午前11時30分〜午後7時30分(最終日は午後4時まで)
会場:いりや画廊
所在:東京都台東区北上野2-30-2
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/




参加者募集!全国石材青年部長・役員サミットは6月10日高松で!

全国石材青年部長・役員サミット 全国石材青年部長・役員サミット

全国石材青年部長・役員サミット
参加者募集中! 6月10日高松市のホテルマリンパレスさぬきにて

一般社団法人日本石材産業協会次世代共育委員会(山口康二委員長)は6月10日(金)、香川県高松市で開催される「第13回庵治ストーンフェア青年部交流会」の前に「全国石材青年部長・役員サミット」を2部構成で行ないます。
現在、広く参加者を募集中です!

前半は各地青年部情報交換会です。
後半は業界最年少で「現代の名工」に選ばれ、昨年の技能グランプリ石工職種で見事第一位に輝いた蠱本石材(三重県名張市)の谷本雅一社長(写真右、昨年の技能グランプリにて)を講師に招き、「挑戦なくして成長なし!」と題して、その生き方や自身の技術を活かすことで顧客満足度を高めているさまざまな取り組みなどについて聞きます。

日本石材産業協会の会員以外でも参加可能です(無料)。
全国石材青年部長ならびに役員の皆さん、是非ご参加ください。

●第13回庵治ストーンフェア青年部交流会
日時:6月10日(金)
午後4時〜午後6時
各地青年部情報交換会:午後4時〜午後5時
谷本雅一社長による講演会:午後5時〜午後6時
会場:ホテルマリンパレスさぬき
所在:香川県高松市福岡町2-3-4
電話:087-851-6677

お問い合わせ、お申込先:
日本石材産業協会事務局
TEL. 03-3251-7671

参加者募集!庵治SF青年部交流会は6月10日高松で!

庵治SF交流会 庵治SF交流会 (前回の写真)

第13回庵治ストーンフェア青年部交流会
参加者募集中! 6月10日高松市のホテルマリンパレスさぬきにて

第13回庵治ストーンフェア青年部交流会が6月10日(金)、高松市のホテルマリンパレスさぬきにて開催されます。
主催は庵治石材産地の石翔会。現在、広く参加者を募集中です!

今回は、さぬきうどんブームの仕掛け人、田尾和俊氏(四国学院大学教授)を講師に招き講演会を開催。
タイトルは「今を生き抜く理想のマーケティング術とは〜さぬきうどんから学ぶ傾向と対策〜」。
同じ地場産業である石材業の将来を考えるにふさわしい講演会となります。

講演会前には、日本石材産業協会・次世代共育委員会主催の「全国石材青年部長・役員サミット」も開催される予定です。もちろん、翌日6/11と6/12には庵治ストーンフェアが開催されます。

石材業界の次代を担い、目的を同じにする若手同士が、情報交換、意識共有を図ることのできる絶好の機会です!
詳細は下記ご参照のうえ、ぜひ多くの青年部、若手石材人の皆様、ご参加ください!!

●第13回庵治ストーンフェア青年部交流会
日時:6月10日(金)午後6時〜午後9時10分
受付:午後6時〜
講演会:午後6時30分〜(1時間)
交流会:午後7時40分〜午後9時10分(食事付き)
会場:ホテルマリンパレスさぬき
所在:香川県高松市福岡町2-3-4
電話:087-851-6677
服装:平服でお越しください。

〈講演会〉
タイトル:「今を生き抜く理想のマーケティング術とは
       〜さぬきうどんから学ぶ傾向と対策〜」
講師:田尾和俊氏(四国学院大学教授、さぬきうどんブームの仕掛け人)


登録料:6,000円(懇親会費、会場費を含む)
申込締め切り:5月17日(火)

お問い合わせ、お申込先:
石翔会交流委員会 島本健一郎
TEL. 090-7343-4976




田中毅石彫展は4月23日より東京・目黒の現代彫刻美術館で!

田中毅石彫展

田中毅石彫展
4月23日より東京・目黒の現代彫刻美術館にて!

彫刻家、田中毅さんの個展「田中毅石彫展」が4月23日(土)から6月19日(日)まで開催されます。
会場は、東京・目黒の宗教法人長泉院附属現代彫刻美術館。

田中毅さんは、森の住人、妖精を思わせるユーモアあふれる作品でおなじみですね。
手加工を重視して、石を丁寧に加工し、優しさに満ちた作品が人気です。

会場の現代彫刻美術館は、宗教法人長泉院の附属施設。
二十世紀後半以降の日本の彫刻家たちがどのような作品を創造したのか記録すると同時に、少しでも多くの方々に彫刻の素晴らしさに触れ、楽しんでいただけるよう願いを込めて、同寺院の教化事業の一環として開館(1978年)されたとのことです。

約2ヵ月という長期間であり、また田中毅さんの作品が一堂に会すると思われます。ぜひご来場ください!

●田中毅石彫展
期間:4月23日(土)〜6月19日(日)
時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
オープニングパーティー:4月23日(土)午後4時〜
休館:月曜日
入館料:無料
会場:宗教法人長泉院附属現代彫刻美術館
所在:東京都目黒区中目黒4-12-18
http://www.museum-of-sculpture.org/




石材が語る展は3月12日より千葉県立中央博物館にて!

石材が語る

春の展示「石材が語る―火山がつくった日本列島」
3月12日から6月5日まで、千葉県立中央博物館にて開催!

千葉県立中央博物館は、春の展示として「石材が語る―火山がつくった日本列島」を3月12日(土)から6月5日(日)まで開催します。
そのタイトルが示すように、“火山”をキーワードに石材が紹介されます。

千葉県は「石なし県」とも呼ばれていますが、建築・土木分野ではさまざまな石材が使われています。それらの多くは、日本列島各地の火山でつくられた岩石で、それぞれ性質が異なります。この展示では、石材を題材にして、日本列島の大地を形づくってきた火山の歴史的変遷をみることを主なテーマにし、それによって日本列島の火山の特徴を伝えます。

〔展示構成〕
□序章 最近の火山噴火
□第1章 火山とは何か
□第2章 日本列島と火山
□第3章 火山噴出物のいろいろ
□第4章 第四紀火山―箱根火山の「小松石」
□第5章 新第三紀〜第四紀のカルデラ火山と火砕流
       ―栃木・福島の「白河石・芦野石」
□第6章 新第三紀の日本海の拡大とグリーンタフ火山活動
       ―栃木・宇都宮地域の「大谷石」
□第7章 伊豆・小笠原島弧の火山活動
       ―房総半島鋸山の「房州石」及び伊豆半島の「伊豆石」
□第8章 房総半島のテフラと日本の火山
□第9章 中生代白亜紀〜新生代古第三紀の大規模火成活動
       ―筑波山塊の花崗岩「稲田石」・「真壁石」
□第10章 日本列島に付加した海洋プレート上の火山(中生代ジュラ紀)
       ―栃木葛生の石灰岩と玄武岩
□終章 火山とわたしたち―災害と恵み

〔期間中のイベント〕
□ミュージアム・トーク「展示解説」 毎週日曜日
□講座「赤土の鉱物観察」 3月26日(土)
□観察会「千葉寺周辺石材散歩」 4月16日(土)
□体験イベント「砂つぶからミニ水晶をさがそう」 5月5日(木・祝)
□観察会「房州石の石切場跡をあるく」 5月14日(土)
□自然誌シンポジウム「火山と石材」(全5講演) 5月21日(土)
□体験イベント「おもしろ火山実験」 5月28日(土)

詳細は下記へお問い合わせの上、ぜひご来館を!

●春の展示「石材が語る―火山がつくった日本列島」
期間:3月12日(土)〜6月5日(日)
時間:午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)

休館日:毎週月曜日 ※3/21は開館、3/22休館

入館料:
一般300円(240円) 高校・大学生150円(120円)
中学生以下及び満65歳以上 無料
※(  )内は20名以上の団体料金

会場:千葉県立中央博物館 第1企画展示室及び第2企画展示室
千葉県千葉市中央区青葉町955-2(県立青葉の森公園内)
TEL043-265-3111

主催:千葉県立中央博物館

詳細は、千葉県立中央博物館ウェブサイトもご参照を!
http://www2.chiba-muse.or.jp/?page_id=57




参加者募集!石材部会「瀬戸内研修」は5月25日・26日開催!

JC瀬戸内研修

参加者募集! 瀬戸内の銘石とクルージング!
日本青年会議所石材部会「瀬戸内研修」は5月25日〜26日に開催!

日本青年会議所石材部会(鳴本太郎部会長)は5月25日(水)〜26日(木)、大好評の国内研修、第2弾として「瀬戸内研修」を実施します。
現在、会員はもちろん、会員以外の参加者を募集中です。
募集人員は40名。先着順、定員になり次第締め切り。4月25日が募集締め切りです。

今回の研修では、瀬戸内の伝統的文化や美しい自然景観の魅力を世界に発信する瀬戸内国際芸術祭や、昨今の国産回帰ブームで脚光を浴びる瀬戸内銘石(北木石、犬島石)の採石場を訪れ、石材人としての見識を深めます。
また初日には、広島県内で居酒屋やカフェなど14店舗を展開し、飲食を通じて幸せを共有する“えーかお共有業”を推進する、山根浩輝氏(有限会社いっとく社長)の講演会も開催します。

まさに、激動の時代を生き抜くリーダーに必要なビジョン構築力、行動力、広い視野、豊かな感性を高める研修となります。
日本の原風景と称される瀬戸内の景色を眺めながらのクルージングも満喫できます!

詳細は下記参照のうえ、お早めにお申し込みを!

●日本青年会議所石材部会「瀬戸内研修」
期間:5月25日(水)〜26日(木)
参加費:25,000円
(移動交通費、宿泊費、飲食費、各見学料含む)
※初日のみ、2日目のみの参加は不可
申込締切:4月25日(月)
※5月15日以降のキャンセルは、キャンセル料が発生
参加特典:講演会講師の山根浩輝氏監修のコミック式「経営計画書」をもれなくプレゼント
申込・詳細:http://jc-stone.org

・主なスケジュール
5/25(水)
13:15 尾道駅南口集合
13:40 講演会(講師:山根浩輝氏)
15:30 尾道港より出発
16:30 北木島到着。島を挙げての歓迎。北木石丁場見学&石切唄
17:15 天野屋旅館到着
18:00 懇親会(晴天時は波の音を聴きながらBBQパーティー)
5/26(木)
7:00 朝食
8:30 北木島より出発(以下、チャーター船による船旅へ!)
10:30 直島到着、瀬戸内国際芸術祭(地中美術館等)を見学
12:00 昼食(宇野港へ上陸予定)
14:00 犬島到着。犬島石丁場見学
15:30 岡山港到着後、岡山駅へ移動
16:30 岡山駅到着後、解散





国別花崗岩製品の輸入動向(2016年3月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年3月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比144.2%、輸入金額は128.4%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年3月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年3月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比144.4%、輸入金額は128.3%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

第5回お墓参り写真コンテスト2016の応募受付は、2月1日(月)から!

お墓参り写真コンテスト2016ポスター

第5回「お墓は、幸せのシンボル」お墓参り写真コンテストフォトコン2016
応募受付/平成28年2月1日(月)〜5月31日(火)

お墓100年プロジェクト実行委員会(森田浩介実行委員長)は「『お墓は幸せのシンボル!』お墓参り写真コンテストフォトコン2016」の応募受付を2月1日(月)から開始します。同フォトコンは今回で5回目です。

応募〆切は本年5月31日(火)で、結果発表は同年6月25日(土)に同実行委員会のホームページ上で行なわれます。

なお、6月11日(土)・12日(日)にサンメッセ香川(香川県高松市)で開催される庵治ストーンフェア2016会場では、今回も同フォトコンの一般投票が行なわれます。

詳細は、お墓100年プロジェクトのホームページまで
http://ohaka100nen.jp

明田一久彫刻展は5月4日より日本橋高島屋にて!

明田一久彫刻展

STONE WORKS
明田一久彫刻展
5月4日より東京・日本橋高島屋6階美術工芸サロンにて!

彫刻家、明田一久さんの個展「STONE WORKS 明田一久彫刻展」が5月4日(水・祝)から10日(火)まで、
東京の日本橋高島屋6階美術工芸サロンにて開催されます。

「思わず微笑み、ココロが動く・・・
そんな願いを込めて制作いたしました。
最新作を交えての展示です。
石の重みや温かさ、
真鍮の持つ『線』・・・
不思議な一体感を感じてください」(案内状より)

明田さんは、1971年生まれ、群馬県出身の彫刻家。
大阪芸術大学大学院で学び、個展の開催、シンポジウムやイベントへの参加など、広くご活躍中の作家です。

ぜひ会場で微笑みと感動を!

●STONE WORKS 明田一久彫刻展
期間:5月4日(水・祝)〜10日(火)
時間:午前10時30分〜午後7時30分
(最終日は午後4時にて閉場)
会場:日本橋高島屋6階美術工芸サロン
所在:東京都中央区日本橋2-4-1

明田一久オフィシャルサイト
http://ak19-45.raindrop.jp





第90回国展は4月27日から六本木・国立新美術館にて!

第90回国展

第90回国展
4月27日より東京・六本木の国立新美術館にて!

第90回国展が4月27日(水)から5月9日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館で開催されています。
主催は国画会。彫刻、絵画、版画、工芸、写真の各カテゴリーの作品を楽しめます。

〔関連企画〕
1)トークイン「聞こえますかアートの声」
国立新美術館展示室
5月5日(木・祝)午後1時30分〜3時40分
2)90回記念国展シンポジウム
3)有志による自然保護・社会福祉のためのチャリティー
(東京会場のみ)

彫刻部には石の作家も多数在籍しています。
巡回展も予定されていますので、ぜひ会場へ!

●第90回国展
期間:4月27日(水)〜5月9日(月)
時間:午前10時〜午後6時 ※休館日なし
・金曜日は午後8時まで、入場は閉館の30分前まで
・最終日は午後2時閉会(入場は午後1時まで)
・5月6日(金)は入場無料
会場:六本木 国立新美術館
主催:国画会
http://www.kokuten.com

〔巡回展〕
・名古屋展
5/24(火)〜5/29(日)
午前10時〜午後6時
金曜日は午後8時閉館、最終日は午後4時閉館
入場は閉館の30分前まで
愛知県美術館ギャラリー

・大阪展
6/7(火)〜6/12(日)
午前9時30分〜午後5時
入場は閉館の30分前まで
大阪市立美術館

・福岡展
6/30(木)〜7/5(火)
午前10時〜午後8時
最終日は午後5時閉館
入場は閉館の30分前まで




「国会議事堂の石を見に行こう」は5月14日(土)に国会議事堂衆議院内で!

国会議事堂の石を見に行こう

2016年地質の日記念 街中ジオ散歩 in Tokyo
「国会議事堂の石を見に行こう」は5月14日(土)に国会議事堂衆議院内で!

2016年地質の日記念 街中ジオ散歩 in Tokyo「国会議事堂の石を見に行こう」が5月14日(土)に国会議事堂衆議院内で開催されます。

案内者は、日本石材工業新聞の連載「石のこと先生おしえて!」でお馴染みの乾睦子先生(国士舘大学)と中澤努先生(産業技術総合研究所)。

主催は一般社団法人日本地質学会と一般社団法人日本応用地質学会で、「今年はなかなか見ることのできない、国会議事堂の石の見学会を企画しました。国会議事堂の建設にあたっては日本中から石材が集められ、日本の地質が変化に富んだものであるかを改めて感じることができます」ということです。

募集期間は、4月4日(月)〜15日(金)(専用申込フォームは、4月4日オープン)です。


●2016年地質の日記念 街中ジオ散歩 in Tokyo「国会議事堂の石を見に行こう」
開催日:5月14日(土)
時間:1回目 10:00〜11:30/2回目 14:00〜15:30
見学場所:国会議事堂衆議院内
所在:東京都千代田区永田町
http://www.geosociety.jp/name/content0139.html

安部大雅展は4月18日より銀座・ギャラリーせいほうで!

安部大雅

安部大雅展 ―手にする風景―
4月18日より東京・銀座のギャラリーせいほうで!

彫刻家、安部大雅さんの個展「安部大雅展―手にする風景―」が、4月18日(月)より28日(木)まで、東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。
安部さんは1974年生まれ、東京都出身の彫刻家。イタリア・カッラーラで大理石彫刻を学び、イタリアなどの海外、日本国内で活躍中です。

今回は、画廊内に小さな風景をつくり、来場者に小人になったつもりで作品を見てもらうような空間構成を企画しているようです。
ぜひ会場で、大理石の美しさと、安部さんのつくり出す風景をお楽しみください!

●安部大雅展 ―手にする風景―
期間:4月18日(月)〜28日(木)
時間:午前11時〜午後6時30分(最終日は午後5時まで)
オープニングパーティー:4月18日(月)午後5時〜午後7時
会場:ギャラリーせいほう
所在:東京都中央区銀座8丁目10-7
http://gallery-seiho.com

安部大雅
http://www.impronto.net/




国別花崗岩製品の輸入動向(2016年2月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年2月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比57.8%、輸入金額は55.3%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年2月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年2月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比57.5%、輸入金額は54.7%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

京の五感展は4月13日より東京・銀座のぎおん石にて!

京の五感展

京の五感展―石が造る光と影 香りと風 水の色
京都開催に続き、4月13日より、東京・銀座のぎおん石4Fギャラリーにて!

京の五感展が、4月13日(水)から17日(日)まで、東京・銀座のぎおん石4Fギャラリーにて開催されます。
サブテーマは、石が造る光と影、香りと風、水の色。灯り、水鉢、香炉など、京都に息づく伝統と新たな感性によりつくられる石の作品が五感をくすぐります。

出展作家は、西村大造氏と小山泰史氏のおふたり。
西村氏は、西村石灯呂店の社長で、伝統技術の感性により灯籠など数々の石造物の名品をつくられています。
また小山氏はスウェーデン在住の彫刻家で、特に“匂い”を感じさせる作品で世界的な注目を集めています。

主催は、京都・祇園と東京・銀座にお店を構えるぎおん石。
祇園店と同様、銀座店にも天然石の各種アクセサリーなどが豊富に並び、こちらも注目!

なお、同展は4月1日(金)から6日(水)まで京都・祇園店でも開催されています。
http://www.ishicoro.net/hpgen/HPB/entries/817.html
祇園から銀座へ! 京都ブランドの発信です!


●京の五感展
期間:4月13日(水)〜17日(日)
時間:午前11時〜午後7時
会場:ぎおん石4Fギャラリー
所在:東京都中央区銀座5丁目6-5 すずらん通り
http://www.gionishi.com




イコン絵画・刺繍展は4月9日から岩瀬石彫展覧館で!

イコン刺繍展 イコン刺繍展

ブルガリア共和国イコン絵画・刺繍展
4月9日から茨城県桜川市の岩瀬石彫展覧館にて!

ブルガリア共和国イコン絵画・刺繍展が4月9日(土)から30日(土)まで、茨城県桜川市の岩瀬石彫展覧館で開催されます。主催は同展覧館、後援はブルガリア共和国大使館、桜川市、桜川市教育委員会。

イコンとは、キリストや聖人、天使、聖書における重要な出来事などを描いた画像のことで、絵画(美術作品)というよりもキリスト教信仰そのものであることが示されています。
今回の展覧会では、刺繍や油絵を展示し、刺繍のなかにはキリストなどではなく、ブルガリアの女性や風景など一般的なものをモチーフにしたものも展示されます。
特に刺繍は、ビーズなどをもちい精巧につくられたもので、その美しさは目を見張るとのこと。
希望者には作品の販売も可能のようです。

また、期間中は関連事業も実施されます。
1)石彫体験講座・入門編
日時:4/10(日) 午前10時〜午後5時
参加費:3,000円
※事前予約制
2)イオン作家イリヤ・エンチェフ講演会
日時:4/29(金) 午後1時30分〜午後3時30分
参加費:無料
それぞれ参加希望の方は下記へお問い合わせを。

ぜひ会場でイコン・刺繍の美しさ、荘厳さ、そしてブルガリアの文化に触れてみてください。

●ブルガリア共和国イコン絵画・刺繍展
期間:4月9日(土)〜30日(土)
会場:岩瀬石彫展覧館
後援:ブルガリア共和国大使館、桜川市、桜川市教育委員会
助成:桜川市観光協会
市民作家:エンチェフイリア、アニマリノバ、ニコライマリノフ、レニコリィイコバ
       ナタリヤペトコバ、マルガリタルシノバ、ミレナクラステバ
担当:岩瀬石彫展覧館 館長・浅賀順子、彫刻家・浅賀正治
お問い合わせ:電話0296-75-1550
http://www.asahi-net.or.jp/~tq3m-asg/




第19回岡崎石工団地「団吉くんまつり」は4月23日・24日に開催

第19回岡崎石工団地「団吉くんまつり」

第19回岡崎石工団地 石の掘り出し市
「団吉くんまつり」は4月23日・24日に開催

第19回岡崎石工団地「団吉くんまつり」が4月23日(土)・24日(日)、愛知県の石都・岡崎にある岡崎石工団地内で開催されます。

このおまつりは年に一度の石の掘り出し市で、同団地内にある石材店50店舗が、お墓、庭づくりの石彫品、ガーデニング用石製品、インテリア石彫品、神社仏閣用の石彫品などを出品します。

また巨石曳き体験、巨石割り体験、サンドブラスト体験、石の重量当てゲーム、ステージイベントなどさまざまな企画も用意されています。

雨天決行です。ぜひ遊びに行きましょう!

●第19回岡崎石工団地「団吉くんまつり」
期間:4月23日(土)・24日(日)
時間:午前9時〜午後5時
会場:岡崎石工団地内
所在:愛知県岡崎市上佐々木町字梅ノ木48(JR西岡崎駅南)
http://osd.tukai.jp/index.html
https://www.facebook.com/okazaki.dankichi/

京の五感展は4月1日より京都・祇園のぎおん石にて!

京の五感展

京の五感展―石が造る光と影 香りと風 水の色
4月1日より、京都・祇園のぎおん石4階ギャラリーにて!

京の五感展が、4月1日(金)から6日(水)まで、京都市東山区祇園のぎおん石4階ギャラリーにて開催されます。
サブテーマは、石が造る光と影、香りと風、水の色。灯り、水鉢、香炉など、石の作品が五感をくすぐります。

出展作家は、西村大造氏と小山泰史氏のおふたり。
西村氏は、西村石灯呂店の社長で、伝統技術の感性により灯籠など数々の石造物の名品をつくられています。
また小山氏はスウェーデン在住の彫刻家で、特に“匂い”を感じさせる作品で世界的な注目を集めています。

主催は、祇園と東京・銀座にお店を構えるぎおん石。
京の文化、風情を存分に取り入れた同店舗には天然石の各種アクセサリーなどが豊富に並び、こちらも注目!

この春、いち押しの展覧会です。京都も華やぐ季節です。ぜひ会場へ!!

●京の五感展
期間:4月1日(金)〜6日(水)
時間:午前11時〜午後7時
会場:ぎおん石4階ギャラリー
所在:京都市東山区祇園町南側555
http://www.gionishi.com




鈴木正治・田中毅二人展は3月1日からギャラリー青らんぎで!

鈴木正治・田中毅

鈴木正治・田中毅/二人展
3月1日より、東京・小平のギャラリー青らんぎで!

彫刻家、鈴木正治さんと田中毅さんの二人展が、3月1日(火)から31日(木)まで、東京・小平のギャラリー青らんぎで開催しています。

おふたりは1982年の岩手県岩手町石彫シンポジウムで出会われ、以来、お互いに尊敬しあい、その交流は鈴木さんが2008年に亡くなられるまで続きました。
故郷・青森の風土を中心に制作した人間味あふれる鈴木さんの作品と、宮崎出身でいまは川越市をホームグランドに制作している、ユーモアと優しさに満ちた田中さんの作品。会場には、とても心あたたまる空気が漂っています。

ぜひ会場で、そのあたたかい空気に触れてください。

●鈴木正治・田中毅/二人展
期間:3月1日(火)〜31日(木)
時間:午前10時〜午後5時
定休:月曜日、第4日曜日
※田中毅さんは金・土・日の午後在廊予定
会場:ギャラリー青らんぎ
所在:東京都小平市小平町2-2051
TEL.042-345-3532




国別花崗岩製品の輸入動向(2016年1月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年1月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比80.6%、輸入金額は82.2%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2016.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2016年1月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2016年1月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比80.3%、輸入金額は82.0%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2016.xls

佐善圭展は3月17日から銀座・ギャラリーせいほうで!

佐善圭展2016

佐善圭展
3月17日から東京・銀座のギャラリーせいほうで!

彫刻家、佐善圭さんの個展「佐善圭展」が3月17日(木)から30日(水)まで、東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。

佐善さんは、文化庁在外研修員としてイタリアで大理石と向き合い、表現の幅を広げられました。今回の個展では、大理石やメノウなどを用いて、「生命力」をテーマにした作品15点が展示される予定です。

〔略歴〕
1990年 多摩美術大学大学院修了
1995年 文化庁芸術家在外研修員としてイタリアへ2年派遣
1996年 ダンテ国際彫刻ビエンナーレ受賞、国際彫刻シンポジウム大賞
1999年 美祢国際大理石シンポジウム第1等
2001年 日向現代彫刻展2001市民大賞
2004年 千葉市芸術文化新人賞
2006年 米子彫刻シンポジウム
2009年 グッドデザイン賞・中部建築賞
新制作協会会員、岡崎女子大学教授

●佐善圭展
期間:3月17日(木)〜30日(水)
時間:午前11時〜午後6時30分 ※最終日は午後5時まで
オープニングパーティー:3月19日(土)午後5時〜午後6時30分
会場:ギャラリーせいほう
所在:東京都中央区銀座8-10-7
http://gallery-seiho.com




無い虚几氏の墨彩画展は3月16日から奈良・ギャラリー五風舎にて!

無い虚几

無い虚几墨彩画展「鬼さんと仏さん」
3月16日から奈良・ギャラリー五風舎にて開催!

絵師・無い虚几(むいきょふう、雅号、本名=山本孝博)氏の墨彩画展「鬼さんと仏さん」が3月16日(水)から21日(月祝)まで、奈良市のギャラリー五風舎にて開催されます。

無い虚几氏は、鬼さん、仏さん、動物などを墨彩画で描く絵師。その雅号には、戦争、嫉妬、企て、約束というあらゆる人間的、作為的な行ないが一切無いところに虚しい風、すなわち悟りの風が吹くという仏教的な思いが込められています。

現在、弊社発行の石材業界誌「月刊石材」の表紙を飾っていただいていますので、読者の皆様にはおなじみですね。

古都奈良にて、ぜひその作品の奥深い魅力にふれてみてください。

●無い虚几墨彩画展「鬼さんと仏さん」
期間:3月16日(水)〜21日(月祝)
時間:午前10時〜午後5時
会場:ギャラリー五風舎
所在:奈良県奈良市水門町45
TEL 0742-22-5514




参加者募集!石材部会「伊勢研修」は3月2日・3日開催!

JC伊勢研修 JC伊勢研修

参加者募集! 二代目必聴! 赤福十一代当主に学ぶ!
日本青年会議所石材部会「伊勢研修」 3月2日〜3日に開催

日本青年会議所石材部会(鳴本太郎部会長)は3月2日(水)〜3日(木)の2日間、国内研修事業として「伊勢研修」を実施します。現在、広く参加者を募集しています。

今回の目玉は、何と言っても、伊勢銘菓“赤福”の十一代当主、濱田典保氏による講演と、普段は絶対に見られない赤福製造工場の見学です。三百年以上続く老舗店(家族経営)を時代に即した企業組織経営に変革し、かつ地域の文化資源の価値に着目したまちづくりに対する取り組み、姿勢を、濱田氏から学びます。

また、日本の総氏神であり、日本人の心のふるさとである伊勢神宮参拝も、石材業者なら見逃せないポイント! 外宮(豊受大神宮)、内宮(皇大神宮)御垣内での特別参拝などを予定しています。

その他、松阪牛、伊勢えびなど、伊勢のグルメも楽しめます!
詳細は下記参照のうえ、お早めにお申し込みください!

●日本青年会議所石材部会「伊勢研修」
期間:3月2日(水)〜3日(木)
主な内容:3/2伊勢神宮参拝/3/3講演会(濱田典保氏)、赤福工場見学

参加費:一般25,000円/会員22,000円
(移動バス代、宿泊費、懇親会費含む)
※3/3のみ参加の場合:一般6,000円/会員3,000円
定員:50名(先着順、定員になり次第締め切り)
募集締め切り:2月25日(木)
申し込み先:http://jc-stone.org/

・主なタイムスケジュール
3/2(水)
11:00 松阪駅南口集合
11:20 昼食(松阪牛)
13:30 伊勢神宮・外宮参拝
15:00 伊勢神宮・内宮参拝(おかげ横丁散策)
19:00 宿泊先(浜千代館)にて宴会(伊勢えび付き)
3/3(木)
6:30 二見興玉神社参拝、朝食
9:30 赤福工場見学(特別公開)
10:30 赤福会長・濱田典保氏講演会
12:00 濱田氏を囲んで昼食(岩戸屋)
13:30 解散(伊勢市駅)




「AJI PROJECT」は2月17日から合同展示会「rooms 32 GALAPAGOS」に出展!

AJI PROJECT

「AJI PROJECT」は、2月17日(水)から19日(金)までの3日間
国立代々木競技場第一体育館で開催の展示会「rooms 32 GALAPAGOS」に出展

今年も東京の展示会でオシャレな庵治石製品がお披露目されます。

2月17日(水)から19日(金)までの3日間、東京の国立代々木競技場第一体育館で開催されるファッションとデザインをテーマとした合同展示会「rooms 32 GALAPAGOS」で、高松市牟礼庵治商工会が「AJI PROJECT」と題して暮らしに寄り添う庵治石プロダクトを出品します。

これまでに庵治産地の職人さんが制作した石明りや傘立て、食器、花器、ブックエンド、オブジェなど多種多様な庵治石製品が紹介されています。今年はどんな新作が登場するのか楽しみです。

出展エリアは「JIBASAN」、ブース發蓮J-47」です。
ぜひ足を運んでみて下さい。

●合同展示会「rooms 32 GALAPAGOS」(参加ブランド数・約500ブランド)

日時:2月17日(水)〜19日(金)
午前10時〜午後6時
場所:国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区神南2-1-1)
対象:国内外のバイヤー・プレス関係者
入場料:無料
主催:アッシュ・ベー・フランス株式会社
http://www.roomsroom.com


●AJI PROJECT
http://www.aji-project.jp

「残された石の声―石がつなぐ小豆島と大坂城―」は2月13日から高松市石の民俗資料館で!

残された石の声

「残された石の声―石がつなぐ小豆島と大坂城―」は2月13日(土)から3月13日(日)まで、
香川県の高松市石の民俗資料館で開催2月13日から高松市石の民俗資料館で

「残された石の声―石がつなぐ小豆島と大坂城―」と題する企画展が、2月13日(土)から3月13日(日)まで、
香川県の高松市石の民俗資料館で開催されます。

これは徳島文理大学の文学部の学生さんによる展覧会で、
大坂城の石丁場や築城に関わる資料について「文献資料」「石材資料」「自然地形」の3つの観点から明らかになったことが紹介されています。

小豆島の石切丁場跡地のことは『月刊石材』2月号(2月15日発行)のカラーグラビアでも紹介しています。
高松市に行かれる予定がある方は、こちらの展覧会もぜひご覧になってください。

●企画展「残された石の声―石がつなぐ小豆島と大坂城―」

期間:2月13日(土)〜3月13日(日) 
時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
場所:高松市石の民俗資料館(香川県高松市牟礼町牟礼1810)
入場料:一般200円、大学生150円  
※高校生以下と長寿手帳・身体障害者手帳等の所有者は無料
主催:徳島文理大学、高松市
お問い合わせ先:087-845-8484(同資料館)
http://www.bunri-u.ac.jp/info/events/20160213.html

国別花崗岩製品の輸入動向(2015年累計)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2015年の累計は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年比81.4%、輸入金額は90.4%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2015-2.xls

国別花崗岩製品の輸入動向(2015年12月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2015年12月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比72.6%、輸入金額は74.6%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2015.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2015年12月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2015年12月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比72.6%、輸入金額は74.7%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2015.xls

「万の土になった〜お墓参りに行こう〜」を You Tube にアップロードしました

制作にご協力をいただきました皆さま、本当にありがとうございました。
改めて、心から御礼を申し上げます。

壁11m2(平米)の彫刻展は2月22日よりいりや画廊にて!

11平米の彫刻

壁11m2(平米)の彫刻展
2月22日から3月5日まで、東京のいりや画廊にて!

7人の彫刻家による「壁11m2(平米)の彫刻展」が2月22日(月)から3月5日(土)まで、
東京・北上野のいりや画廊で開催されます。
木、鉄、石などを素材とする彫刻作品により、壁面が多彩に彩られます。

〔参加作家〕順不同、敬称略
高野浩子/四方謙一/鈴木典生/鈴村敦夫/砂川泰彦/徳竹秀美/迎星二

特に石の作品は、鈴木典生さん、砂川泰彦さんが出展されると思われます。

各作家に均等に割り当てられる
壁11平米。
その空間をどのように表現するのか、とても楽しみな展覧会ですね。
ぜひご来場を!

●壁11m2(平米)の彫刻展
期間:2月22日(月)〜3月5日(土)
時間:午前11時30分〜午後7時30分(最終日は午後4時まで)
レセプション:2月26日(金)午後5時より
会場:いりや画廊
東京都台東区北上野2-30-2
TEL03-6802-8122
http://www7b.biglobe.ne.jp/~gallery_iriya/




参加者募集!第7回庵治石ソムリエ養成制度

庵治石ソムリエ 庵治石ソムリエ
庵治石採石場などを視察できる(写真は過去開催のもの)

参加者募集! 全国の石材小売店対象、定員15名
第7回庵治石ソムリエ養成制度(2月20日開催)

庵治石材産地で開催される第7回庵治石ソムリエ養成制度が現在、2月20日(土)の開催に向けて、全国の石材小売店を対象に参加者を募集しています。定員は15名(先着順)、募集期間は1月30日(土)まで。参加希望の方は、ぜひお早めにお申込ください。

今回は、2月20日(土)に1日コース(日帰り)で庵治石材産地を視察・講習します。
主な視察先は、下記のとおりです。

□大丁場地区・庵治石採石場 □石の民俗資料館 □野山地区・庵治石採石場
□庵治地区・牟礼地区工場見学(彫刻、字彫り、丸物、役物、墓石工場)
□イサム・ノグチ庭園美術館 □意見交換会

午前9時50分に開講し、解散は午後5時50分の予定で、丸一日、庵治石材産地を体感できます。
詳細お問い合わせ、お申し込みは下記へ!

●第7回庵治石ソムリエ養成制度
日時:2月20日(土)午前9時50分〜午後5時50分(予定)
場所:庵治石材産地(香川県高松市)

参加費:1万5000円(移動費・昼食代含む)
参加資格:石材小売店経営者及び社員
定員:15名(定員になり次第〆切り)
申し込み〆切り:1月30日(土)

※受講者には修了書と修了カード(顔写真付き)を発行

お問い合わせ・お申し込み:
庵治石材産地・石翔会
TEL087-871-2384(庵治石開発協同組合内)
http://aji-sekishoukai.net/




ストーンアシスト2016は2月11日・12日にTOC有明にて!

ストーンアシスト ストーンアシスト

石産協主催のストーンアシスト2016
2月11日・12日の2日間、東京・TOC有明コンベンションホールにて!

日本石材産業協会が主催する石材業界向けの展示会「ストーンアシスト2016」が2月11日(木・祝)と12日(金)の2日間、東京・有明のTOC有明コンベンションホールにて開催されます。

同展は、同協会に所属する石材関連業者(関連部会員)が中心に出展する展示会で、テーマは「石屋さんを元気にさせる企業集団」。来れば必ず役に立つこと間違いなしの展示会です!

〔出展企業〕50音順
(1)総合商社
(株)生田化研社/(有)川本商店/(株)サイトウトイシ/ジェイワックス
(有)匠栄技研/太陽研磨材(株)/(株)ドイ/藤栄研材工業(株)
(株)フチオカ/(有)ボイス/ボンド商事(株)
(2)製造・販売
関西サンド(有)/三和研磨工業(株)/(有)セイコーステンレス/(株)日本香道
(3)IT関連
(株)内田洋行ITソリューションズ/(株)クレア/(株)ピコム/(株)フォトロン
(株)ミマキエンジニアリング
(4)企画・制作・情報提供
(株)鎌倉新書/(株)石文社/大東印刷工芸(株)/(株)日本石材工業新聞社
(株)日本仏事ネット
(5)墓苑霊園設計・開発・管理
(株)成世南海堂
(6)設計・施工・メンテナンス
TakeShoコミュニケーションズ(株)
(7)物流・運送
(株)ムツミ

〔輸入・卸〕
いよせき(株)/(株)冲セキ/鳴本石材(株)
〔その他〕
茨城県支部

また下記の特別企画(参加無料)もあります!

〔パネルディスカッション〕
2月11日(木・祝)午後2時〜午後4時、展示会場メインステージにて
テーマ
「国内石材業界の現状と今後について」
採石・加工・輸入・卸・小売業者などさまざまな立場からの意見交換会
□特別ゲスト
(株)はせがわ 東京本社 執行役員 聖石部長 榎本哲治氏

〔各種セミナー・勉強会〕
2月12日(金)午前11時〜午後2時、展示会場メインステージ
テーマ
「あなたに役立つ出展業者セミナー・勉強会」
※内容、スケジュールなどは下記・同協会事務局へお問い合わせ

さらに、初日の夜には、来場者と出展者をつなぐ交流会も開催されます!

〔交流会〕事前申し込み必要
2月11日、午後6時〜午後8時
会場:東京ベイ有明ワシントンホテル 宴会場 アイリスC
会費:ひとり7,000円(税込)

石材関連商材の導入・選定・技術相談、新商品や新規取引先の検討など、有益なビジネスを創造する商談展示会です。ぜひご来場を!

●ストーンアシスト2016 in Tokyo
期間:2月11日(木・祝)〜12日(金)
時間:午前10時〜午後5時 ※12日は午後4時まで
会場:TOC有明コンベンションホール
    (TOC有明4F EASTホール E-1/E-2/E-3)
主催:一般社団法人日本石材産業協会
お問い合わせ先:
同協会事務局 TEL03-3251-7671




香川の庵治石展は2月8日〜9日、東京シティアイにて!

企画展「香川の庵治石」
2月8日・9日、JR東京駅隣接の東京シティアイにて開催!

企画展「香川の庵治石 日本の銘石と職人の手」が2月8日(月)、9日(火)の2日間、JR東京駅と地下道でつながる東京シティアイにて開催されます。

この企画展は、庵治石の魅力を広く一般に周知するとともに、その認知度向上と販路拡大につなげることが大きな目的。庵治石の産地では、庵治石開発協同組合、協同組合庵治石振興会、讃岐石材加工協同組合、高松市牟礼庵治商工会などで実行委員会を組織し、現在、出展内容などを準備・企画しています。

会場の東京シティアイは、JR東京駅丸の内南口に隣接し、東京駅と地下道で直結するJPタワー・KITTE内にあり、日本の石全体への波及効果にも大きな期待がかかる展示会です。

お近くへお越しの際にはぜひお立ち寄りください!

●企画展「香川の庵治石 日本の銘石と職人の手」
期間:2月8日(月)・9日(火)
会場:東京シティアイ(JR東京駅丸の内南口 JPタワー・KITTE内)
http://www.tokyocity-i.jp/
お問い合わせ先
讃岐石材加工協同組合 TEL087-845-2446




参加者募集「機械・設備のメンテナンス【実践編】」セミナー

参加者募集 産地とともに「機械・設備のメンテナンス【実践編】」セミナー
三和研磨工業が2月16日、香川県高松市で開催!

三和研磨工業(株)(本社:京都府宇治市)は2月16日(火)、香川県高松市の讃岐石材加工協同組合・会議室において「産地とともに 機械・設備のメンテナンス【実践編】」セミナーを開催します。
現在、全国の石材店を対象に参加者を募集中です。

同社ではかねてより“産地とともに”と銘打つセミナーを開催。
今回の「機械・設備のメンテナンス【実践編】」セミナーは5回目で、前回は同テーマの【基礎編】を昨年11月に開催しました。その内容を受け、さらにプロ仕様の実践的なメンテナンス方法、テクニックなどが伝授される予定です。

三和研磨工業 三和研磨工業
三和研磨工業 三和研磨工業
※写真は前回【基礎編】のようす

昨今、国内加工を見直す気運もあるなかで、機械・設備のセルフメンテナンスは欠かせないもの。
故障の予防、異常の早期発見はもちろん、機械不具合による品質の低下も未然に防げます。
しばらく機械を使ってなく、これから再稼動する石材店、あるいは継続して使っているが、メンテナンスに不安を抱えている石材店など、全国どこからでもご参加可能です。

詳細は下記へお問い合わせの上、ぜひご参加を!

●産地とともに 機械・設備のメンテナンス【実践編】セミナー
開催日:2月16日(火) 時間は未定
場所:讃岐石材加工協同組合 2F 会議室
    香川県高松市牟礼町牟礼2625-18
参加費:無料
申し込み、お問い合わせ先
三和研磨工業(株)高松営業所
TEL087-845-3725




石展は2月6日から神奈川県立歴史博物館にて!

石展

石展―かながわの歴史を彩った石の文化―
2月6日から3月27日まで、神奈川県立歴史博物館にて!

石展―かながわの歴史を彩った石の文化―が、2月6日(土)から3月27日(日)まで、横浜市中区の神奈川県立歴史博物館で開催されます。
同博物館の平成27年度特別展としての開催です。

かながわにおける人と石との関わりは、およそ3万5000年前の旧石器時代に始まります。
同展では、かながわの大地を形づくっている地質や岩石の特色を示した上で、人々と石との結びつきをわかりやすく展示。箱根で産出する黒曜石の流通、鎌倉時代に東国で広く展開した箱根産安山岩による石塔類の製作、近年発見され注目を集めている戦国大名北条氏の小田原城における石組庭園、豊臣秀吉が築城した国内3例目の惣石垣の城である石垣山一夜城、明治期を代表する洋風建築である日本銀行本店や横浜正金銀行本店(現・同博物館)で使用された湯河原町の白丁場石、庶民のくらしや信仰に寄り添いながら南関東一円に流通した厚木市を中心に産出する七沢石などなど、考古学・歴史学・民俗学・地質学・岩石学による多角的な視点で展示されます。

〔展示構成〕(予定)
(1)かながわの大地のなりたちと岩石  (2)石とかながわ
(3)技術が伝わる・人が伝える  (4)石を運ぶ・石が広がる
(5)くらし・信仰と石  (6)付章 箱根ジオパークって!?

〔特別展記念講演会〕
□第1回
2月21日(日)午後2時〜午後4時
演題「中世の石塔・板碑をとおして見たかながわ」(仮)
講師:國學院大學教授 千々和到
□第2回
2月28日(日)午後2時〜午後4時
演題「石を切る―採石職人の技とくらし―」(仮)
講師:国立歴史民俗博物館准教授 松田睦彦

〔県博講座〕
「かながわの歴史を彩った石の文化」(全5回の連続講座)
□第1回
2月20日(土)午後2時〜午後4時
演題「かながわの大地の生い立ちと石材」
講師:神奈川県立生命の星・地球博物館主任学芸員 山下浩之

※以後、3月19日までの毎週土曜日、同時刻にて開催予定

〔現地見学会〕
「石垣山一夜城周辺の岩石と史跡を学ぶ」
3月13日(日)午後1時〜午後4時

〔その他〕
□まがたまづくり(2/13(土)、午前大人向け、午後子ども向け)
□石を割って加工してみよう!(仮)(3/6(日)午後1時30分〜、子ども向け)
□旧横浜正金銀行本店本館建物見学会(3/26(土)午後1時30分〜)
□学芸員による展示解説(2/7、2/11、2/14、3/20、3/27、いずれも午後1時30分〜)

見どころ満載の「石展」。ぜひご来場を!


●石展―かながわの歴史を彩った石の文化―
期間:2月6日(土)〜3月27日(日)
時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日 ※3/21(月・祝)は開館(無料開館日)

観覧料:
一般900円(800円) 20歳未満・学生600円(500円)
65歳以上・高校生100円(100円)
※中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方は無料
※(  )内は20名以上の団体割引料金

会場:神奈川県立歴史博物館 特別展示室・コレクション展示室
神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL045-201-0926

主催:
神奈川県立歴史博物館
神奈川県立生命の星・地球博物館

詳細は、神奈川県立歴史博物館ウェブサイトもご参照を!
http://ch.kanagawa-museum.jp/




始皇帝と大兵馬俑は2月21日まで、東京国立博物館にて!

始皇帝と大兵馬俑 (公式ホームページ)

特別展「始皇帝と大兵馬俑」
来年2月21日まで、東京・上野の東京国立博物館にて!

特別展「始皇帝と大兵馬俑」が10月27日から来年2月21日(日)まで、東京・上野の東京国立博物館・平成館で開催されています。

約2200年前、中国大陸に統一王朝を打ち立てた秦の始皇帝。
その陵墓のほど近くからは兵馬俑が発掘され、出土以来、新たな知見と驚きをもたらし続けています。
同展ではバリエーション豊かな兵馬俑と始皇帝にまつわる貴重な文物を一堂に紹介し、始皇帝が空前の規模で築き上げた「永遠の世界」の実像に迫ります。

見どころは3つ。
1 秦王朝の軌跡 周辺の小国から巨大帝国へ
2 始皇帝の実像 発掘された帝都と陵園
3 始皇帝が夢見た「永遠の世界」 兵馬俑と銅車馬

12月11日で来場者20万人を達成した大注目の展覧会です。ぜひ会場へ!

●特別展 始皇帝と大兵馬俑
期間:10月27日〜2016年2月21日(日)
時間:午前9時30分〜午後5時
※12/18までの金曜日は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
※1/11(月・祝)は開館、1/12(火)は休館
※年末年始(12/24〜1/1)は休館

チケット購入などの詳細は下記ウェブサイトへ!
http://heibayou.jp/




望月菊磨展は1月8日から銀座・ギャラリーせいほうで!

望月菊磨

望月菊磨展
1月8日から22日まで、東京・銀座のギャラリーせいほうにて!

彫刻家、望月菊磨氏の個展「望月菊磨展」が、1月8日(金)から22日(金)まで、
東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されています。

望月さんは、1945年生まれ、東京藝術大学・大学院で美術を学ばれたアーティスト。
個展、グループ展、パブリックアートなど、国内外でご活躍中です。

ブロンズやステンレス、真鍮など、金属の表現がメインですが、その造形美からは
石の表現のために得られるヒントも多いはず。
ぜひ会場でご高覧ください。

●望月菊磨展
期間:1月8日(金)〜22日(金)
時間:午前11時〜午後6時30分(最終日は午後5時まで)
会場:ギャラリーせいほう
http://gallery-seiho.com

望月菊磨
http://www.kikuma-mochizuki.com/




国別花崗岩製品の輸入動向(2015年11月)

国別花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2015年11月分は、下記からダウンロードできます。

なお、国別花崗岩製品の輸入数量は前年同月比102.4%、輸入金額は110.0%となっています。

http://www.ishicoro.net/kunibetsu_g_2015.xls

中国産花崗岩製品の輸入動向(2015年11月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2015年11月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比103.3%、輸入金額は110.1%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2015.xls


ページトップへ