カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年11月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年11月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比63.1%、輸入金額は69.2%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls

名誉都民 三橋國民先生がテレビ出演、写真展のお知らせ

名誉都民称号 受章記念!
造形美術家 三橋國民先生がテレビ出演、写真展も!

このたび、造形美術家、三橋國民先生が平成26年度「名誉都民」の称号を受章されました!
今年度は長嶋茂雄氏、山田洋次氏も受章されましたが、三橋先生は造形美術家と、自らの戦争体験と平和を伝える執筆・講演活動など社会活動家という、ふたつの分野で評価されての受章です。

三橋國民先生 三橋國民先生 三橋國民先生

そして、この名誉都民称号の受章記念として、各種企画がスタートしています。
ひとつが、テレビ出演です!

1.テレビ朝日「東京サイト」
放映日:12月11日(木)午後2時から

http://www.tv-asahi.co.jp/t-site/

2.日本テレビ「ニュースエブリィ」
放映日:12月18日(木)午後4時から

http://www.ntv.co.jp/every/


また、写真展も開催されます。ぜひご来場ください!

●三橋國民写真展「人間の描写、記録の過去」
期間:12月13日(土)〜2015年2月15日(日)
時間:午前9時30分〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
会場:町田市フォトサロン
住所:東京都町田市野津田町3272 薬師池公園内
http://www9.ocn.ne.jp/~ph.muse/

●上記写真は、11月6日、東京・新宿で開かれた「三橋國民先生の名誉都民称号顕彰をお祝いする会」にて
左:謝辞を述べる三橋先生
中:全国から250名もの方が集まった会場風景
右:三橋先生より東京都に贈呈された記念制作品「密林をさ迷う飢餓兵士たち」(水墨画)と、名誉都民の表彰状、カップ




中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年10月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年10月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比90.1%、輸入金額は99.5%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls


年末恒例の彫刻小品展が12月8日よりギャラリーせいほうで!



YEAR-END EXHIBITON OF MINI SCULPTURES

12月8日より、東京・銀座のギャラリーせいほうで!

毎年の年末恒例「YEAR-END EXHIBITION OF MINI SCULPTURES」が12月8日(月)から20(土)まで、東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されています。毎回、各ジャンルのおおぜいの作家がそれぞれの作品(小品)を出展しますが、今年は117名が参加しています。

石の作品でおなじみの方は、明地信之さん、内田和孝さん、大島由起子さん、菊地伸治さん、佐々木至さん、佐善圭さん、新谷一郎さん、菅原二郎さん、田中毅さん、中岡慎太郎さん、原透さん、菱田波さん、平井一嘉さん、前田耕成さん、三木勝さん、山添潤さん、横山大観さん、渡辺忍さん、などなど。
その他にももちろん、石の作品はあると思いますし、実際に会場で新たな作品に出会うのも楽しいものです。

普段、大きな作品を見慣れている方も、小さな作品には、また別の魅力があります。
家の中、例えば玄関、リビング、寝室などに飾るお気に入りの作品を探してみてはいかがですか?

●YEAR-END EXHIBITION OF MINI SCULPTURES
期間:12月8日(月)〜20日(土)
時間:午前11時〜午後6時30分 ※最終日は午後5時まで
会場:ギャラリーせいほう(東京都中央区銀座8-10-7)
http://gallery-seiho.com





参加者募集! クメール石造美術研修と“海の桂林”ハロン湾

アンコールワット

参加者募集! クメール石造美術研修と“海の桂林”ハロン湾
旅行期日:2015年2月5日(木)〜2月10日(火)6日間

十人の会(小畠宏允代表)が企画の「クメール石造美術研修と“海の桂林”ハロン湾」が2015年2月5日(木)〜2月10日(火)6日間、実施されます。

今回のコースは世界三大仏教遺跡の一つ、カンボジア・アンコール遺跡を中心に、ベトナム・ハロン湾、また通常の観光ツアーでは訪れることが少ないクメール美術の代表的彫刻を展示する「プノンペン国立博物館」の訪問も予定しています。

旅行案内は下記からダウンロードできます。
http://www.ishicoro.net/cambodia.pdf

申し込み締め切りは、は12月26日(金)。

なお研修終了後のオプションで、ベトナム石材業者視察手配も可能です。

旅行代金は198,000円【成田・関西・中部・福岡空港発着】
※上記発着地以外の地方空港発着も可能
※旅行代金の他に燃油サーチャージ・空港税・ビザ代等(約30,000〜35,000円)別途必要

〔お申込み・お問い合わせ〕
(株)トラベルサライ 東京営業所
〒105-0013東京都港区浜松町1-12-5 アルファエイチビル5階
フリーダイヤル0120-408-361
TEL:03-5777-6326 FAX:03-5777-6327
担当:久我・西田

参加者募集中!庵治石ソムリエ養成制度「女子会」お早めに!



女性限定! 参加者募集中!

第5回庵治石ソムリエ養成制度は「女子会」、来年1月24日に開催!

第5回庵治石ソムリエ養成制度「女子会」が、来年1月24日(土)に庵治石材産地で開催されます。
今回は、そのタイトル通り、女性限定! 日帰り(1日)の行程で実施されます。

この制度は、庵治石材産地の庵治石開発(協)、(協)庵治石振興会、讃岐石材加工(協)と、青年部組織・石翔会が企画・運営するもので、全国の小売石材店、その従業員を対象に、庵治石や産地の正しい情報・知識を身に付けた「庵治石ソムリエ」を養成するのが目的です。

今回、女性限定の「女子会」を企画したのは、石材店の普段の接客、電話応対などで、女性従業員や奥様が活躍していることをふまえ、女性がよりよく庵治石を知り、好きになってもらえれば、庵治石販売のチャンスも格段に広がるため。

下記ご参照の上、ぜひ多くの女性石材人のご参加を!
日帰りなので、ご家庭やお仕事にも無理なく、安心して参加できます。
(お申し込みは10名までの定員制なので、お早めに!)

〔募集要項〕
○日時:平成27年(来年)1月24日(土)
○参加費:10,000円(移動費、食事代、懇親会費含む)
○定員:10名(定員になり次第、締め切り)
○申込締切:12月20日(土)
○受講資格:石材小売店の女性経営者および女性社員に限る(全国対象)
○内容:庵治石材産地内の採石場・加工工場見学、イサム・ノグチ庭園美術館視察など
○スケジュール(予定)
当日午前9時40分:開講式・概要説明
→ 大丁場見学・石割見学 → 屋島より産地見学 → 石の民俗資料館見学
→ 昼食(讃岐うどん、山田家) → 野山丁場見学 → 庵治地区工場見学(彫刻・字彫)
→ 牟礼地区工場見学(丸物・役物・墓石工場) →イサムノグチ庭園美術館見学
→ 意見交換会 → 懇親会(カキ焼き) → 高松駅・高松空港へ送迎(午後5時30分)

〔ポイント〕
○修了書、修了カード(顔写真付き)の発行
○庵治石材産地の採石場、および加工工場の見学
○イサムノグチ庭園美術館の見学
○行程中の食事は地元有名店に案内
○高松空港、高松駅まで送迎します

〔お問い合わせ先〕
庵治石材産地 石翔会(庵治石開発協同組合内)
TEL087-871-2384 FAX087-871-2380
http://aji-sekishoukai.net/
担当:和泉憲

※上記、石翔会ホームページで詳細確認、募集要項のダウンロードなど可能です







長谷川佐知子彫刻展は12月8日より東京・ヒノギャラリーで!



虎の子を渡す 長谷川佐知子

12月8日より、東京・中央区のヒノギャラリーで開催

彫刻家、長谷川佐知子さんの個展「虎の子を渡す」が、12月8日(月)から27日(土)まで、
東京・中央区のヒノギャラリーにて開催されます。

長谷川さんは兵庫県出身の彫刻家。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業、同美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コースを修了。
彫刻学科研究室助手などを経て、現在は日本大学芸術学部美術学科彫刻コースの非常勤講師を務めるなど
広くご活躍中の若手作家です。

ぜひ会場で、石の作品をご覧ください!

●虎の子を渡す 長谷川佐知子
期間:12月8日(月)〜27日(土)
時間:午前11時〜午後7時(土曜日は午後5時まで)
休廊:日曜・祝日
オープニングレセプション:12月8日午後5時より
会場:ヒノギャラリー
住所:東京都中央区入船2-4-3マスダビル1F
http://www.hinogallery.com







第11回お墓ディレクター検定試験 受検申込を受付中!



第11回お墓ディレクター検定試験(1級、2級)
受検申込は12月16日(火)まで


(社)日本石材産業協会は来年1月28日(水)に第11回お墓ディレクター検定試験を実施します。
現在、同協会では受検申込を受付中です。期間は12月16日(火)まで(当日消印有効)。
下記ご参照のうえ、詳細は(社)日本石材産業協会までお問い合わせください。

《第11回お墓ディレクター検定試験》
□日程:2015年1月28日(水)
□等級区分:1級、2級
□受検資格
1級:実務経験3年以上の2級資格取得者
2級:実務経験は問わないが、お墓及びお墓の関連業に携わる者
□試験地及び試験会場
札幌:北海道立総合体育センター北海きたえーる
仙台
ショーケー本館ビル
東京
TOCビル有明コンベンションホール
名古屋
ウインクあいち
京都
京都テルサ
岡山
岡山商工会議所
熊本
熊本市国際交流会館
□受検料:1級、2級ともに30,000円
(同協会会員及び会員企業の従業員は18,000円)
□受検申込期間
2014年11月11日(火)〜12月16日(火)
※12月16日(火)の消印有効
□受検申込書類及び資料の請求先
(社)日本石材産業協会
東京都千代田区神田多町2-9日計ビル2F
tel.03-3251-7671
http://www.japan-stone.org/

※検定試験・申込方法などの詳細は(社)日本石材産業協会へお問い合わせください。





中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年9月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年9月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比93.0%、輸入金額は96.9%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls

フランス・バロック&能管コンサートin築地本願寺は11月1日!

アイエムコンサート

フランス・バロック&能管コンサート in 築地本願寺

11月1日、アイエムの主催で開催!

フランス・バロック&能管コンサートが東京の築地本願寺で、11月1日(土)に開催されます。
主催は(株)アイエムで、同社が長年取り組む「寺院ルネッサンス」文化活動の一環です。

このコンサートは、フランス・バロックギターアンサンブル「トリオ・ニテティス」を迎えての来日公演。
このトリオ・ニテティスは、フランス宮廷バロックオペラ音楽の研究に20数年携わり、
世界で唯一のフランス・バロックオペラ曲を演奏する貴重な奏者としても知られています。

今回は親鸞聖人関東伝道800年にあたる歴史と文化度の高い築地本願寺御山での開催となり、
能楽の笛方・槻宅聡師をはじめとした演奏家の友情出演による邦楽と洋楽との融合の
世界となります。深まる秋の歴史・文化の薫る築地本願寺から、フランスバロックギター
奏者によるお堂に響き渡る崇高でピュアな美しい調べがお楽しみいただけます。

なお、大村英昭氏(相愛大学教授・大阪大学名誉教授)による講演(法話)も予定されています。

詳細は下記をご参照のうえ、「アイエムお客様テレフォンセンター」へお申し込みください。

●日仏友好音楽文化交流 来日記念公演
「フランス・バロック&能管コンサート in 築地本願寺」
・日時:11月1日(土)午後5時30分開演(開場:午後4時30分)
・開場:築地本願寺 第二伝道会館「蓮華殿」
・法話(第一部):相愛大学教授・大阪大学名誉教授 大村英昭(30〜40分)
・コンサート(第二部):バロック&能管コンサート(約1時間40分)
・出演:トリオ・ニテティス(竹下節子、ミレイユ・ジェラール、アキム・ミゥディ)
・友情出演:槻宅聡(能管)、朝倉未来良(バロック・フルート)、丸山有美(ナレーション)
・参加料:大人1,000円、小中学生無料 ※大人の付き添い(有料)が必要
・歴史文化PR:築地本願寺の建築やライトアップもお楽しみいただけます
・主催:(株)アイエム
・協力:浄土真宗本願寺派 築地本願寺

●お申し込み
下記へお申し込みのうえ、チケットは当日会場にて代金引換にてお受け取りください
・フリーダイヤル:0120-501-373(アイエムお客様テレフォンセンター)

・受付:午前9時〜午後5時、年中無休

※限定席数のため、満席となり次第締め切り






エミル・バチィースキー&浅賀正治展

岩瀬石彫展覧館

エミル・バチィースキー&浅賀正治展
10月5日から茨城県桜川市の岩瀬石彫展覧館にて

第8回アーチストインレジデンス石彫千年の交感「エミル・バチィスキー&浅賀正治展」が10月5日(日)から11月6日(木)まで、10月5日から茨城県桜川市の岩瀬石彫展覧館で開催されています。

アーチストインレジデンスとは、国内外からアーティストを一定期間招へいして、滞在中の活動を支援する事業のこと。

今回は浅賀さんがアーチストインレジデンスをはじめて20年の記念で、また浅賀さんの恩師・小金丸幾久氏の生誕100周年を記念しての開催です。

エミル・バチィースキーさんは、ブルガリアの新鋭作家。妻のゾーヤ・レコバさん(彫刻家)も一緒に来日し、石彫に携わっています。

10月12日(日)には、オープニングセレモニーが開催されます(入場無料。どなたでも参加できます)。

浅賀さんは石彫刻を「永遠」と「平和」といいます。また今回のテーマの一つは「地場産業」。

どんな作品が完成するのか? 制作過程は随時研学可能です!

●エミル・バチィースキー&浅賀正治展
期間:10月5日(日)〜11月6日(木

会場:岩瀬石彫展覧館 〒309-1343 茨城県桜川市亀岡741 
全面協力:ブルガリア共和国大使館
石の彫刻 浅賀正治と共にブログ 
http://son4771s.tsukuba.ch/


岩瀬石彫展覧館
左から浅賀正治さん、ゾーヤ・レコバさん、エミル・バチィースキーさん

岩瀬石彫展覧館 岩瀬石彫展覧館
作業中の風景

岩瀬石彫展覧館 岩瀬石彫展覧館
作業中の風景

速水史朗展は10月20日から銀座・ギャラリーせいほうで!



速水史朗展 ―古代から―

10月20日から東京・銀座のギャラリーせいほうで!

彫刻家、速水史朗さんの個展「速水史朗展―古代から」が、10月20日(月)から11月1日(土)まで、東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。石だけでなく、神代欅と瓦の作品などが展示されるようです。

速水さんは1927年生まれ、香川県出身の彫刻家。東京都庁や国立科学博物館など、全国各地にパブリックアートを設置。平成17年度秋の叙勲にて、旭日小綬章を受章するなどご活躍中です。

ぜひ会場で、表現の可能性を探ってみてください。

●速水史朗展―古代から―
期間:10月20日(月)〜11月1日(土)
時間:午前11時〜午後6時30分
※日曜休廊、最終日は午後5時まで
会場:ギャラリーせいほう
東京都中央区銀座8-10-7
URL:http://gallery-seiho.com





中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年8月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年8月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比70.6%、輸入金額は72.6%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls

藤田観龍写真展は10月7日からアートガーデンかわさきで!



「写真リアリズムの軌跡」藤田観龍・写真展

10月7日から川崎市のアートガーデンかわさきにて

写真家、藤田観龍さんの写真展「写真リアリズムの軌跡」が、10月7日(火)から12日(日)まで、川崎市川崎区のアートガーデンかわさきで開催されます。藤田さん撮影の震災報道、著名人のポートレイト写真などが展示されます。

藤田さんは、1965年に報道写真の道に入り、76年7月27日ロッキード事件で霞が関の東京地検に出頭し逮捕され東京拘置所に向かう田中角栄元首相や、御巣鷹山尾根に墜落した日航機123便の生存者4人を撮影。また95年1月の阪神淡路大震災の撮影、東日本大震災では東北各地をたびたび訪れ撮影するなど、精力的に活動されています。
今回は、それら報道写真をはじめ、ポートレイト写真では、岡本太郎、松本清張、井上ひさし、石垣リン、藤沢嵐子、藤原真理さんなども展示します。

ぜひ会場で、藤田さんの切り取る歴史の一場面をご覧ください。

なお、藤田さんは『平和のアート 彫刻 戦争の記憶 写真集 核のない未来へ』など、多くの写真集を出版されています。

●「写真リアリズムの軌跡」藤田観龍・写真展
期間:10月7日(火)〜12日(日)
時間:午前10時〜午後6時
会場:アートガーデンかわさき
    神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1タワーリバーク3F(川崎駅より徒歩3分)
    TEL044-200-1415






いばらきストーンフェスティバル内覧会は10月31日に実施!

いばらき内覧会 

いばらきストーンフェスティバル2014 内覧会は10月31日に実施

参加者募集中! 墓石小売店対象に、10月20日締め切り

茨城県石材業協同組合連合会は、いばらきストーンフェスティバル2014の初日、10月31日(金)に墓石小売店を対象にした内覧会を実施します。対象は墓石小売店、11月1日(土)〜2日(日)は一般消費者向けに開催しますので、より深く「いばらきの石」について知りたい方は、ぜひご参加ください。

当日は、午前中に採石場と工場などを見学する「真壁」「八郷」「羽黒」「稲田」の4コースにわかれ、午後は笠間芸術の森公園・イベント広場でのフェスティバル見学(石匠実演や加工体験実施)と講習会(別会場)を行ないます。
参加費は無料で、つくばエクスプレス・つくば駅発無料送迎バスの利用も可能です。

定員制ですので、下記をご参照のうえ、お早めにお申し込みください。

◎加工工場・石山採掘場見学(午前9時〜午後12時30分、各コース先着順)
1.真壁コース・・・真壁小目石採掘場・加工工場  ※定員30名
2.八郷コース・・・やさとみかげ石採掘場・加工工場  ※定員30名
3.羽黒コース・・・羽黒青糠目石採掘場・加工工場  ※定員15名
4.稲田コース・・・稲田石採掘場・加工工場・石の百年館  ※定員30名

◎会場見学・石匠実演見学及び石の加工体験(午後12時30分〜午後2時30分)
墓石・燈籠・彫刻等の石製品  実演:石積み・石張り
※加工体験・・・ポリッシャー磨き、ビシャン・石割・コヤスケ、サンドブラスト

◎講習会(午後3時〜午後4時30分)
会場:茨城県工業技術センター窯業指導所

・日時:10月31日(金)午前9時〜午後4時30分

・参加費:無料
・申込締め切り:10月20日(月)

◎お問い合わせ
茨城県石材業協同組合連合会
TEL.0296-75-5458
http://www.ibaraki-granite.com/







モザイク・芦田いずみ展は10月1日より東京・銀座で開催!



モザイク・芦田いずみ展「明滅する私」

10月1日より、東京・銀座の銀座レトロギャラリーMUSEEにて

モザイクなどの作品を創作する芦田いずみさんの作品展「芦田いずみ展―明滅する私」が、
10月1日(水)から6日(月)まで、東京・銀座の銀座レトロギャラリーMUSSEで開催されます。

芦田いずみさんは、武蔵野美術大学出身の若手作家。
モザイクビエンナーレ(2007年奨励賞、2011年佳作)、世界絵画大賞展(2012年東京都知事賞)や
個展などでご活躍中のいま注目の作家です。

今回は、石を使用したモザイクやアクリルといった異なる素材の作品を同時に展示されるようです。
ぜひ会場で、芦田さんの作品世界をお楽しみください!

●芦田いずみ展「明滅する私」
期間:10月1日(水)〜6日(月)
時間:午前11時〜午後7時(初日は午後1時から、最終日は午後5時まで)
会場:銀座レトロギャラリーMUSSE
住所:東京都中央区銀座1丁目20-17川崎ブランドデザインビルヂング
URL:http://kawasaki-brand-design.com/





むれ源平石あかりロード2014は、9月21日(日)まで開催!

「むれ源平石あかりロード2014」が9月21日(日)まで、「ことでん八栗駅」から北に約1kmの旧庵治街道沿い開催中です。
点灯時間は、夕暮れから午後10時まで(期間中毎日)。
まだ足を運んでいない方は、是非! 

http://www.ishiakari-road.com/

石あかりロード2014 石あかりロード2014

石あかりロード2014 石あかりロード2014

石あかりロード2014 石あかりロード2014

石あかりロード2014 石あかりロード2014

石あかりロード2014 石あかりロード2014

石あかりロード2014 石あかりロード2014

石あかりロード2014 石あかりロード2014

石あかりロード2014 石あかりロード2014

石あかりロード2014 石あかりロード2014

※2014年9月13日撮影

「先祖の話」解説講演会は9月23日(火・祝)に神戸国際会館・大会場で開催

「先祖の話」解説講演会

「先祖の話」解説講演会(主催/社団法人日本石材産業協会兵庫県支部)
9月23日(火・祝)に神戸国際会館・大会場にて開催

「先祖の話」解説講演会が(主催/社団法人日本石材産業協会兵庫県支部)9月23日(火・祝)、神戸国際会館・大会場にて開催されます。

9月23日はちょうど、「お彼岸の中日」です。是非、この機会に柳田國男著『先祖の話』に触れ、ご先祖様のありがたさ、お墓参りの意味を再確認してください。

講演会後には、必ずお墓参りに行きたくなりますよ!

■開催日時:平成26年9月23日(火・祝)
■場所:神戸国際会館 大会場(9階)
■時間:13:30〜15:30
■定員:250名(抽選)...事前申し込み
■講師:小畠宏允(おばた・ひろのぶ)氏

【お申し込みはハガキまたはFAXで】
住所・氏名・電話番号・参加人数(2名まで)とご記入の上、以下に、ハガキまたはFAXにてお申し込みください。

(社)日本石材産業協会・兵庫県支部「先祖の話」解説講演会係
【住所】〒662-0857 西宮市中前田町3-14
【FAX】0798-38-0345(24時間受付中)

詳細はこちらまで。http://www.ishicoro.net/senzo_2104.9.23.pdf

中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年7月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年7月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比76.8%、輸入金額は81.9%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls

岡崎ストーンフェアは10月18日・19日に新会場で開催!

岡崎ストーンフェア2014  (前回写真) 

第23回岡崎ストーンフェア
10月18日・19日、新設2会場(岡崎城隣接)で開催!

第23回岡崎ストーンフェアが10月18日(土)、19日(日)の2日間、石都岡崎で開催されます。
今年は会場を移して、2つの会場を新設。第1会場は岡崎城東隣の岡崎公園内多目的広場、第2会場は岡崎城南隣の乙川河川敷で、両会場とも至近です。

 (会場MAP)

今回は、次世代へつなぐ経営環境をつくるべく、「需要に応える製品提案」と「市場を育てる啓蒙活動」を大きなテーマとしています。具体的には、草などの手入れ不要な石の小庭づくり、新時代のお墓づくり展、お墓の意味等を伝える展示などを予定しています。

その他、実演・石加工ツアー、見て楽しむ岡崎人気キャラクターSHOW、今秋秋開催の技能五輪・愛知大会にあわせた展示企画などを予定。もちろん、毎回恒例の石材グランプリ岡崎、工学院ひよっこ展、伝統工芸士作品展なども開催し、また機械工具関連業者も出展します。

また、初日18日には全国青年石材人研修・交流事業も企画!

見どころたくさん、内容盛りだくさんのフェアになりそうです。

●第23回岡崎ストーンフェア
期間:10月18日(土)〜19日(日)
時間:午前9時〜午後5時(19日は午後4時30分閉幕、雨天決行)
会場:第1会場(愛知県岡崎公園内多目的広場、岡崎城東隣)・第2会場(乙川河川敷右岸、岡崎城南隣)
主催:岡崎石製品協同組合連合会
お問い合わせ:岡崎ストーンフェア実行委員会
TEL 0564-31-3823(岡崎石工団地協同組合内)




10月18日、全国青年石材人研修・交流事業 in 岡崎ストーンフェア

 (前回の交流会)

全国青年石材人研修・交流事業 in 岡崎ストーンフェア
10月18日、第1回全国若手石屋クイズ選手権などを開催!

10月18日(土)〜19日(日)に開催される第23回岡崎ストーンフェアの初日に、全国青年石材人研修・交流事業 in 岡崎ストーンフェアが開催されます。皆さん、どしどし参加しましょう!

【第1部】
「全国若手石屋クイズ選手権」
会場:岡崎ストーンフェア会場(雨天時は岡崎ニューグランドホテル)
時間:午後3時30分〜4時10分
参加資格:45歳以下の若手石材人2名1組
石と業界に関するクイズを出題し、正解者のみが残る勝ち抜き方式のクイズです。
優勝した組には賞金3万円が贈られ、しかも(社)日本石材産業協会ホームページに「日本一の若手石屋クイズ王」として紹介も!

【第2部】
「現場で役立つ石屋勉強会」
会場:岡崎ニューグランドホテル
時間:午後4時30分〜5時30分
テーマ:接着剤の正しい施工方法
若手石材人の見識を深めるとともに、接着剤の「正しい施工方法はあるのか?」という疑問に答えます。
接着剤を扱うメーカー等の説明と、質疑応答の時間も設けています。

【第3部】
交流会
会場:岡崎ニューグランドホテル
時間:午後6時〜午後8時
会費:6000円(税込み)
岡崎ストーンフェア恒例の「交流会」です。飲食をしながら、参加者同士の親睦を深めます。
第1部「若手石屋クイズ王」の表彰もおこないます!

参加希望、各種お問い合わせは下記へ。

◎(社)日本石材産業協会事務局
TEL 03-3251-7671




国際ガーデンEXPOは10月15日より千葉・幕張メッセで!



第8回国際ガーデンEXPO 10月15日より幕張メッセで開催!

(株)イシフクなど、過去最多250社が出展

第8回国際ガーデンEXPOが10月15日(水)から17日(金)まで、千葉・幕張メッセで開催されます。
毎回国内外のガーデン資材や作業用品等が多数出展されるフェアで、今回は関連フェアとあわせて1470社が出展する予定。会場規模も拡大し、ガーデン業界ではアジア最大級のフェアとなります。

石材関連では、(株)イシフク(静岡県)、(株)脇田石材(大阪府)が、各種石材やガーデン用石製品を出展する予定。また関連フェアの道工具・作業用品EXPOにはナニワ研磨工業(株)(大阪府)も出展する予定です。

墓地・霊園の演出、または屋内外展示場・店舗の設計、さらにお客様宅の庭園にも活用できるガーデン資材が目白押し。
ぜひ会場で、市場拡大のヒントを探してください!

●第8回国際ガーデンEXPO
期間:10月15日(水)〜17日(金)
時間:午前10時〜午後6時 最終日は午後5時終了
会場:幕張メッセ(千葉市美浜区)
主催:リードエグジビションジャパン(株)
ホームページ:http://www.gardex.jp/





高濱英俊彫刻展は9月18日より宇城市不知火美術館にて!

矍星兔喞刻展 

高濱英俊彫刻展・開館15周年記念

9月18日より宇城市不知火美術館にて開催!

彫刻家、高濱英俊さんの作品展「
濱英俊彫刻展」が、9月18日(木)から11月2日(日)まで、熊本県宇城市の宇城市不知火美術館で開催されます。同美術館の開館15周年記念としての展覧会です。

濱さんは1957年宇城市不知火町生まれの彫刻家。国内外で活躍中で、宇土の「大王の石棺復元」でも製作されました。一貫して「自然」をテーマに創作し、特に「水のかたち」を造形化。今回の展覧会も「自然の鼓動が聴こえる」をテーマに、石の彫刻を約40点、その他、レリーフ、ドローイングも出展されます。

現在は、群馬・榛名山ろくにアトリエを構え、自然との対話をさらに深めながら創作を続ける
濱さん。
期間中は
濱さんによるギャラリートークも予定されています。ぜひ会場で、その彫刻作品の魅力を堪能してください!

濱英俊彫刻展
期間:9月18日(木)〜11月2日(日)
時間:火曜〜金曜 午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
    土曜・日曜・祝日 午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:9月22日(月)、29日(月)、10月6日(月)、14日(火)、20日(月)、27日(月)
観覧料:大人300円、大高200円、中学生以下無料、団体2割引

濱英俊氏ギャラリートーク:9月20日(土)午後2時〜3時30分、展示会場にて
※ギャラリートーク(同館館長):10月4日(土)、19日(日)いずれも午後2時〜3時

会場:宇城市不知火美術館
所在:熊本県宇城市不知火町高良2352
ホームページ:http://www.city.uki.kumamoto.jp






9月17日から川口市でトリエンナーレまくらざき出品作品展!

トリエンナーレまくらざき 

トリエンナーレまくらざき出品作品展

9月17日から川口市アートギャラリー・アトリエにて

トリエンナーレまくらざき出品作品展が、9月17日(水)から21日(日)まで、埼玉県川口市の川口市アートギャラリー・アトリエにて開催されます。平面・立体あわせて36名の作家が参加。石では田中毅さんなどが参加します。

この展覧会は、鹿児島県枕崎市で昨年開催された「第10回風の芸術展〜トリエンナーレまくらざき」での作品出品者29名と、他回展出品者7名の作品で構成されます(一部)。
昨年の風の芸術展は約9500人もの来場者があり、今回はその巡回展との位置づけで関東で開催。より広く同展の作品の魅力を発信し、地域文化の向上に貢献します。

出展作家は、平面20名、立体16名のあわせて36名。
石の彫刻家では、田中毅さん、井上麦さん、原透さんなどが参加します。

●トリエンナーレまくらざき出品作品展
期間:9月17日(水)〜21日(日)
時間:午前10時〜午後6時 ※入館は閉館30分前まで
    (初日午後1時より、最終日は午後4時まで)
オープニング:9月17日午後5時より、展示会場にて(その後別会場で懇親会)
入場料:一般300円、高校生100円、中学生以下無料
会場:川口市アートギャラリー・アトリエ
所在:埼玉県川口市並木元町1-76
ホームページ:http://www.atlia.jp/





かん彫刻展―水の刻み―は8月27日より日本橋高島屋で!



菅利光さんの個展「かん彫刻展―水の刻み―」

8月27日より日本橋高島屋6階美術工芸サロンにて開催

彫刻家、菅利光さんの個展「かん彫刻展―水の刻み―」が8月27日(水)から9月2日(火)まで、
東京・中央区の日本橋高島屋6階美術工芸サロンで開催されます。

「石という存在感の強い素材を使用した彫刻を制作し、個展やグループ展などで作品を発表してきました。
近年制作している波紋シリーズでは、変幻自在に形を変える『水』を繊細で密やかに揺れ動く形として刻み、
その微妙な変化を探っています。様々な形の彫刻を展観いたします」
(案内状より)

菅さんは愛媛県西条市出身で、精力的にご活躍中。ぜひ会場へ!

●かん彫刻展―水の刻み―
期間:8月27日(水)〜9月2日(火)
時間:午前10時〜午後8時(最終日は午後4時まで)
会場:日本橋高島屋6階美術工芸サロン
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/





第26回「墓地管理講習会」(10月27日〜29日)受講者募集!

第26回「墓地管理講習会」受講者を募集中!
今年は10月27日から29日の3日間、東京で実施

全日本墓園協会は、10月27日(月)から29日(水)までの3日間、第26回「墓地管理講習会」を開催します。
会場は、国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟4Fセミナーホール。
現在、受講者を募集中です。

〔募集要綱〕
1 受講対象者:墓園事業の運営・管理に携わる者及び関係者、その他一般の方々
2 募集定員:180名程度(定員になり次第、受付終了)
3 受講料:30,000円(テキスト、補助教材を含む)
       ただし、同協会会員の場合は、25,000円
4 申込方法:受講申込書をFAXまたは郵送(受講申込書は下記、全日本墓園協会まで)
5 受付開始日:平成26年8月20日(水)(定員になり次第、受付終了)
6 受講証:9月10日頃、受講番号を記入した受講証を郵送
7 会期:平成26年10月27日(月)〜29日
8 会場:国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟4Fセミナーホール

9 科目と講師(敬称略)
・10月27日(月)
「墓埋法の解説」
厚生労働省健康局生活衛生課 法令担当課長補佐(予定)
「墓地使用権の法的性格」
愛媛大学 教授 竹内康博
「墓地の法律問題」
鈴木富七郎弁護士事務所 弁護士 鈴木富七郎
・10月28日(火)
「墓地の需要予測と計画」
全日本墓園協会 主任研究員 横田睦
「墓地の法律実務」
虎の門法律事務所 弁護士 小松初男
「祭祀財産の継承の法律」
早稲田大学大学院 教授 浦川道太郎
「墓園の管理事務」
(公財)東京都公園協会 公園事業部霊園課 柴田總三郎
「現代の墓地問題」
茨城キリスト教大学 教授 森謙二
・10月29日(水)
「墳墓の現代的役割―宗教性と遺族ケア」
(株)第一生命経済研究所 主席研究員 小谷みどり
「墓地行政の現状と課題」
東京都健康安全研究センター 広域監視部建築物監視指導課 奥村龍一
※講師の都合により、変更の場合あり

●お申込先・受講申込書の申請等
公益社団法人全日本墓園協会
東京都千代田区神田須田町1-12山萬ビル807号
TEL 03-5298-3282
http://www.zenbokyo.or.jp/





石工の手道具たち展が7月1日より稲田・石の百年館で!

百年館企画展 百年館企画展 

企画展「石工の手道具たち」

7月1日から、茨城県笠間市・石の百年館にて開催!

企画展「石工の手道具たち」が7月1日(火)から9月28日(日)まで、茨城県笠間市の石の百年館で開催しています。
稲田石の発展を支えた石工たちが、昭和30年代まで現場で使用していた手道具が展示されています。

稲田石は明治22年に本格的な採掘が始められました。
石工たちは、矢、ハンマー、ノミなど、数々の手道具を駆使して稲田石を採掘・加工してきました。

本展では、稲田石の開拓期を支えた石工たちが愛用した手道具を、実際に使用しているようすや、
加工の施された石とともに展示し、稲田の石工たちの高い技術力や功績を再確認します。

矢、ハンマー、ノミ、ビシャンなどの採掘・加工用の手道具、写真展示、加工された石もあり、
稲田の石工業がよくわかる展示となっています。

ぜひ会場で、日本の石材産業を支える稲田石の歴史といまを体感してください!

●企画展「石工の手道具たち」
期間:7月1日(火)〜9月28日(日)
時間:午前9時〜午後5時(月曜休館)
会場:石の百年館 (JR水戸線稲田駅隣接)
所在:茨城県笠間市稲田2307、TEL0296-74-5114
入館料:無料
主催:笠間市
協力:稲田石材商工業協同組合





参加者募集!庵治石ソムリエ養成制度(庵治石材産地)



参加者募集! 庵治石ソムリエ養成制度

9月27日、28日の2日間、庵治石材産地にて

日本を代表する銘石「庵治石」の正しい知識・情報を身に付ける「庵治石ソムリエ養成制度」が今年も開催されます。
日程は、9月27日(土)・28日(日)の2日間(1泊2日)を予定しています。

この制度は、庵治石材産地の庵治石開発(協)、(協)庵治石振興会、讃岐石材加工(協)と、青年部組織・石翔会が企画・運営するもので、全国の小売石材店、その従業員を対象に、庵治石や産地の正しい情報・知識を身に付けた「庵治石ソムリエ」を養成するのが目的です。

現在、参加者を募集しています!
下記ご参照の上、ぜひお申し込みください!!
(定員制なので、お申し込みはお早めに)

〔募集要項〕
○日時:9月27日(土)、28日(日)1泊2日
○参加費:20,000円(移動費、食事代、懇親会費含む、宿泊費別途)
○定員:20名(定員になり次第締め切り)
○受講資格:石材小売店の経営者および社員に限る
○スケジュール(予定)
 《9月27日(土)》 庵治大丁場・野山丁場見学、高松市石の民俗資料館見学
 イサムノグチ庭園美術館見学、牟礼地区・庵治地区加工工場見学、講習会、懇親会など
 《9月28日(日)》 善通寺参拝(空海生誕地)、金刀比羅宮参拝
 神椿(資生堂パーラー)にて昼食、国営讃岐まんのう公園見学など

〔ポイント〕
○修了書、修了カード(顔写真付き)の発行
○庵治石材産地の採石場、及び加工工場の見学
○イサムノグチ庭園美術館の見学
○行程中の食事は地元有名店に案内
○こんぴらさん参拝、途中(500/785段)まで車で登ります。本殿までは徒歩15分なので楽です
○高松空港、高松駅までお送りします

〔お問い合わせ先〕
庵治石材産地 石翔会(庵治石開発協同組合内)
TEL087-871-2384 FAX087-871-2380
担当:和泉憲





田中毅石彫展が6月2日から9月2日まで沼津市にて開催!



オープン記念! 田中毅石彫展

6月2日から沼津市のスイートガーデンギャラリーにて

彫刻家、田中毅さんの個展「田中毅石彫展」が6月2日(月)から9月2日(火)まで、
静岡県沼津市のスイートガーデンギャラリーで開催されます。

このスイートガーデンギャラリーは、沼津御用邸近くにお店を構える洋菓子店・雅心苑リバージュが
新たに設けたギャラリーで、田中さんによると、庭園を利用した気持ちのいい空間とのこと。

今回は、そのオープンを記念しての展覧会。
田中さんの作品が、ギャラリーの庭にどのように並び、鑑賞できるのか、楽しみです。

なお、同ギャラリーでは今後も、近隣の作家たちのスイートな(愛おしい)作品展を開催するようです。
田中さんに限らず、石の作家にもどんどん声をかけていただきたいですね。

●田中毅石彫展・オープン記念展
期間:6月2日(月)〜9月2日(火)
時間:午前10時〜午後6時
会場:雅心苑リバージュ・スイートガーデンギャラリー
住所:静岡県沼津市下香貫柿原2885-2
URL:http://www.gashinen.com





しまなみ石塔巡礼ツアーが4月26日など計5回開催!



しまなみ石塔巡礼ツアー

4月26日から10月4日まで計5回実施!

芸備から伊予府中にかけて分布する中世石造文化をめぐる、「しまなみ石塔巡礼ツアー」が実施されます。

瀬戸内しまなみ海道の沿線地域は鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて造られた中世石造物の宝庫。
特に地元産花崗岩で造られたそれら五輪塔・宝篋印塔などの遺品は、国の重要文化財に指定されているものが多く、その意匠性は目をみはる素晴らしさです。

この巡礼ツアーは、700年も前のしまなみ海道を行きかった歴史に光を当て、地域の魅力を再発見する観光コース。
政治的な権力、宗教的な威厳、またそれらを支える地域の経済力まで、感じることができます。

●しまなみ石塔巡礼ツアー
開催日:4月26日(土)、5月31日(土)、6月28日(土)、9月6日(土)、10月4日(土)の計5回
出発場所:今治駅前(赤いポスト付近) 雨天決行
集合時間:午前8時15分集合、午前8時30分出発
参加費用:大人5,900円、小人4,900円(自由食・入館料込み)
申込定員:先着40名(最少催行人数15名)
予約受付期日:開催日の前々日まで電話受付可
お問い合わせ:しまなみ石文化研究会
愛媛県今治市宮下町1丁目3-15
TEL0898-34-8885

※見学地(変更の場合あり)
浄土寺(尾道市)、光明坊(生口島)、耕三寺博物館、大山祇神社(大三島)、野間地区の石塔群(今治市)





日本青年会議所石材部会が8月30日、築地本願寺でイベント!

石材部会201408イベント 

参加無料イベント

「きみにありがとう 感謝を石へ込めてin本願寺」
8月30日、雨天決行! 主催:日本青年会議所石材部会

日本青年会議所石材部会(西村周子部会長)は8月30日(土)、東京・中央区の築地本願寺で、
参加無料の一般向けイベント「きみにありがとう 感謝を石へ込めてin本願寺」を開催します。
時間は、9時から15時まで。雨天決行です。

〔イベント内容〕

◎講演会
テーマ:「ありがとう」の感謝の心が繋ぐ幸せ
講師:五日市剛氏
時間:11時〜12時
◎「ありがとう」メッセージコンテスト
イベント参加申込用紙の「ありがとうメッセージ」欄へ、「ありがとう」の気持ちを書いて応募
当日、会場ステージにてベストテンを発表(ベストテンにはプレゼントあり)
◎石遊び体験
「石臼挽き」石臼を使ってコーヒー豆を挽きます(コーヒーはお持ち帰り可)
「手造り石あかり」(事前申込:各部定員10名)
・第1部 10時から ・第2部 12時から ・第3部 14時から(各50分)
「感謝を文字に!字彫体験」(事前申込:各部定員10名)
・第1部 9時から ・第2部 11時から ・第3部 13時から(各部50分)
「石工体験」
◎石工ヒーロー 石匠庵神レムジアショー
・第1部 10時から ・第2部 13時から(それぞれ30分)
◎各種出店
・富士宮やきそば ・厚木シロコロホルモン ・生つくね、えび〜にゃ焼
・富士山麓ステーキ串 ・武蔵野蛸魂焼き ・クレープ、かき氷

〔お申し込み〕
講演会、手造り石あかり(定員制)、字彫体験(定員制)は事前申込制
・締め切り:8月20日
申込用紙を下記のホームページにてダウンロードし、FAXにてお申し込み
「ありがとうメッセージ」も同申込用紙に記入する

〔主催・お問い合わせ先〕
日本青年会議所石材部会
http://jc-stone.org/







中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年6月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年6月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比83.6%、輸入金額は87.3%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls

第36回石仏公開講座は8月2日・3日に大正大学大会議室で!

日本の石仏

第36回石仏公開講座
8月2日・3日の二日間、大正大学大会議室で

日本石仏協会が主催する第36回石仏公開講座が8月2日(土)・3日(日)の二日間、東京都豊島区にある大正大学会議室で開催されます。

今回は『月刊石材』の連載でお馴染みの山川均先生の講座もあります。各講座の内容は下記のとおりです。お時間がある方は是非ご参加を!

・8月2日(土)
  峪獲県内の地蔵信仰の変遷を石造物から見る」石仏協会会員・佐藤勝廣
 ◆崟玄鷸庚申塔−石屋の庚申塔販売を推理する」房総石造文化財研究会副会長・石田年子
 「折口信夫と石神研究」國學院大學教授・小川直之
・8月3日(日)
  峩〕椶鬚たちに−歴史的石造物を訪ねて」日本中世考古学研究・山川均
 ◆崟佝蠅砲里海訝録未琉箏院歹邀っ録免蝓彑佇協会理事・岡村庄造
 「上州の子安信仰−江戸中期の子安観音、地蔵像をめぐって」石仏協会理事・金井竹徳 

10:00〜11:30
13:00〜14:30
14:45〜16:25

●第36回石仏公開講座
期間:8月2日(土)・3日(日)
時間:午前10時〜午後4時25分
料金:会員=1日3000円、2日5000円、会員外=1日3000円、2日6000円 
会場:大正大学大会議室(地下鉄都営三田線・西巣鴨駅)
主催:日本石仏協会
http://sekibutu.blogzine.jp/

中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年5月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年5月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比88.4%、輸入金額は89.4%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls


GOKAN DININGは7月19日から高松市玉藻公園・披雲閣で!



GOKAN DINIG

7月19日から、史跡高松城跡・玉藻公園 披雲閣にて

GOKAN DINIGが7月19日(土)から27日(日)まで、高松市の史跡高松城跡・玉藻公園内の披雲閣で開催されます。
重要文化財の
披雲閣を会場に、地元・讃岐の作家たちが、五感で感じる空間でおもてなしします。

和食、イタリアン、そして匠の器のコラボレーション、さらにミューズたちがピアノで奏でるジャズの音色。
匠たちが物づくりを通じて、出会い、語らう、ひとときを演出します。

石の作品は、庵治石! 作家は島本清司さん、山田浩之さんです!!

〔出展作家〕敬称略、順不同
陶芸:上野剛児  インスタレーション:岸晃一郎  香川漆器:後藤孝子
庵治石:島本清司  ガラス工芸:田井将博  盆栽:中西陽一
陶芸:平岡朋美  漆芸:松本光太  庵治石:山田浩之

和食:山本亘  イタリアン:中野誠司
ピアニスト:梅田玲奈、松岡里佳

●GOKAN DINING
期間:7月19日(土)〜27日(日) ※23日(水)は休み
時間:一部 午後5時45分〜7時45分、二部 午後8時〜10時
料金:8,500円(入園・ギャラリー鑑賞は無料)
会場:史跡高松城跡・玉藻公園「披雲閣」(重要文化財)
主催:高松市ほか
http://www.takumikumo.com



ページトップへ