カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

「庵治ストーンフェア2014」 〜 石文社の各種書籍は、増谷書店ブースにて販売

庵治ストーンフェア会場 
前回「あじストーンフェア2013」会場のようす


6月14日(土)、15日(日)の2日間、高松市のサンメッセ香川で開催される「庵治ストーンフェア2014」増谷書店ブースにて、今回も石文社発行の各種書籍をお買い求めいただけます。

新刊をはじめ、石材店必携の書籍を並べておりますので、是非、手にとってその内容をご確認ください。

庵治ストーンフェアへ行かれる際は、増谷書店ブースにも、是非、足をお運びくださいませ。



●庵治ストーンフェア2014
http://www.aji-ishi.org/aji/htm/index.cgi





中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年4月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年4月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比93.7%、輸入金額は100.8%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls

フューネラルフェアは6月24日・25日、パシフィコ横浜で開催!



フューネラルビジネスフェア2014

6月24日、25日の2日間、パシフィコ横浜で開催!

恒例のフューネラルビジネスフェア2014が、6月24日(火)、25日(水)の2日間、
横浜市みなとみらいのパシフィコ横浜・展示ホールC・Dで開催されます。
主催は、綜合ユニコム(株)。葬儀、仏壇、お墓など、最新の葬送ビジネス・サービスが一堂に会します。

近年注目度の高いフューネラルビジネスフェアですが、今回のテーマは「葬送ビジネスモデルの再設計」。
終活時代の価値創造型エンディングサービスが提案されます。

また同時開催のフューネラルビジネスシンポジウム2014では、業界をリードする経営者やコンサルタントが多数登場。
消費者から選ばれ、勝ち残っていくための最新情報を発信します。

墓石業者も、葬儀、仏壇・仏具といった葬送サービス全体のニーズを把握することは大切です。

●フューネラルビジネスフェア2014
期間:6月24日(火)〜25日(水)
時間:6/24 9時30分〜17時、6/25 9時30分〜16時
会場:パシフィコ横浜・展示ホールC・D http://www.pacifico.co.jp
主催:綜合ユニコム

●同時開催:フューネラルビジネスシンポジウム2014
会場:パシフィコ横浜アネックスホール他

※展示会・シンポジウムの詳細は下記へ
http://www.funeral-biz.com





百人百想・展は6月14日、表参道ギャラリー・ラパンで開催!



第1回百人百想・展「現代の想空間」

6月14日、東京・表参道のギャラリー・ラパンで開催!

第1回百人百想・展「現代の想空間」が6月14日(土)、東京・表参道のギャラリー・ラパンで開催されます。
自由な「こころの置き場所」として開発された百人百想「想箱」と、祈りのコーディネーションの展覧会です。
主催は、(株)スペース・メニュー・ラボ 百人百想研究会です。

「想箱」は、先祖や大切な想い出と対話するための小さな箱。
人それぞれの想いを、人それぞれの感性で身近に置く、自由な「こころの置き場所」です。
今回は、美術作家、音楽家、香司などのクリエーター視点も交え、「現代の想空間」のさらなる可能性を追求し、
1日限りのポップアップ展示・イベントにて発表されます。

〔参加クリエーター〕敬称略
竹花万貴(彫金、日本刺繍、仕覆作家)
竹花加奈子(チェリスト、作曲家)
竹花幸子(香司)

〔展示〕想箱と祈りのコーディネーション 13時30分〜18時30分
〔チェロ〕オリジナル曲、即興演奏 14時、16時、18時
〔香〕デモンストレーション 15時、17時
※時間は都合により多少前後する可能性あり

●第1回百人百想・展「現代の想空間」
日時:6月14日(土) 13時30分〜18時30分
会場:表参道 ギャラリー・ラパン
(東京都渋谷区神宮前5-44-2、東京メトロ「表参道駅」より徒歩5分)
主催:(株)スペース・メニュー・ラボ 百人百想研究所
URL:http://www.100sou.jp





AJI PROJECTが出展!インテリアライフスタイル展、東京にて!

インテリアライフスタイル展 

AJI PROJECTが“暮らしに寄り添う庵治石”を出展

インテリアライフスタイル展は6月4日から東京ビッグサイトで!

国際見本市インテリアライフスタイル展が6月4日(水)から6日(金)まで開催されます。
会場は、東京ビッグサイト西1・2・3・4ホール及びアトリウム。
日本国内はもとより、中国、フランス、ドイツ、インド、ポルトガル、イタリアなどからも出展者が集まります。

石材関連では、庵治石材産地からAJI PROJECT(高松市牟礼庵治商工会)が出展します。
このAJI PROJECTは“暮らしに寄り添う庵治石”をテーマに、庵治石材産地の石工とデザイナーが共同で
生活に取り入れることができる庵治石アイテムを企画・開発しています。
注目度の高いインテリアライフスタイル展に出展することで、“庵治石の魅力”を広く発信します。

その他では、仏具のデザイン研究所が仏壇仏具を提案するようです。

石の新市場開発など、さまざまなヒントにあふれるインテリアライフスタイル展。
ぜひ会場で石の可能性を探ってみてください。

●インテリアライフスタイル展
期間:6月4日(水)〜6日(金)
時間:午前10時〜午後6時(最終日は午後5時まで)
会場:東京ビッグサイト西1・2・3・4ホール及びアトリウム
詳細:http://www.interior-lifestyle.com

●AJI PROJECT
出展ブース:NEXT N-28(西3ホール)
高松市牟礼庵治商工会 TEL087-845-2835





庵治ストーンフェアは6月14日、15日、高松市サンメッセ香川で!



庵治ストーンフェア2014

6月14日、15日の2日間、高松市のサンメッセ香川で開催!

今年で44回目となる庵治ストーンフェアが6月14日(土)、15日(日)の2日間、高松市のサンメッセ香川で開催されます。
今回のテーマは「匠 イノベーション」。石製品による“豊かな生活空間の創造”を提案します。

毎回、庵治産地の伝統と最新情報が発信されますが、今回も庵治石をはじめとする国産石種による
墓石関連製品、灯籠、仏像、彫刻品、インテリア、小物類などの石製品が一堂に会します。

また今回は、産地の技術を結集した「墓石だけじゃない庵治石材産地」をアピールする企画展示コーナーも設けられます。

《企画展示》
・「石のある生活空間企画展」
・庵治石と家具のコラボレーション

《講演会》
・「終活講演会」6月14日(土)午後1時30分〜午後2時30分
石材関係者対象
・「終活フェアin高松」6月15日(日)午後1時30分〜午後4時
一般来場者対象
講師:武藤頼胡氏
会場:サンメッセ香川中会議室

《庵治石大丁場見学ツアー》
・6月14日 午前の部:午後10時〜 午後の部:午後1時30分〜
・6月15日 午前の部:午前11時〜
マイクロバスで庵治石細目採石場を視察します

《石匠庵神レムジアショー》
6月15日 石工ヒーロー登場!

《協賛イベント》
お墓参り写真コンテスト2014

●お問い合わせ
庵治ストーンフェア実行委員会事務局
TEL 087-871-6261







庵治フェア恒例「青年部交流会」は6月13日、高松市にて開催!

石翔会交流会  (会場写真は前回)

第11回青年部交流会―庵治ストーンフェア前日

6月13日(金)高松市内にて、全国の青年石材人が集結!

毎年、庵治ストーンフェアにあわせて、その前日に開催される「青年部交流会」が、今年は6月13日(金)に開催されます。
主催は、庵治石材産地・石翔会。会場は、高松市内の四国高松温泉ニューグランデみまつ。

第11回目となる今回は、タイトルを「アジトークin本気(マジ)産地〜俺ら庵治(まあじ)だぜ!〜」として、石翔会メンバーと参加者によるテーマ別のテーブルディスカッションを実施する予定です。
参加予定者には事前に「庵治石材産地の知りたいこと」をアンケートにてヒアリング。その内容に応じて「庵治石の丁場」「加工」「取り組み」の3つのグループにわかれてディスカッションをおこなう予定です。

なお、石翔会では現在、青年部交流会への参加者を募集中です。
対象は全国の青年石材人(青年部)。下記ご参照の上、ぜひお問い合わせを!

●第11回庵治ストーンフェア青年部交流会
日時:6月13日(金)18時30分〜21時10分
会場:四国高松温泉ニューグランデみまつ(高松市内)
参加対象:全国の青年石材人(青年部)
登録料:6,000円(会場費、懇親会費含む)
参加申込締切:5月15日(木)
お問い合わせ:石翔会交流委員会 担当 田渕良徳
TEL 090-1177-7654

※庵治ストーンフェアは6月14日(土)〜15日(日)、サンメッセ香川にて






舟越保武の特別展示、4月19日から東京オペラシティにて!



舟越保武 長崎26殉教者 未発表デッサン

4月19日から東京オペラシティアートギャラリーにて!

彫刻家、舟越保武氏の「長崎26殉教者 未発表デッサン」が特別展示されます。
場所は東京・新宿の東京オペラシティアートギャラリー・ギャラリー3・4、期間は4月19日(土)から6月29日(日)まで。

舟越保武氏(1912-2002年)は、戦後日本を代表する彫刻家。新制作協会彫刻部創立会員で、東京藝術大学名誉教授を務められました。

作品「長崎26殉教者記念像」で高村光太郎賞、島原の乱に着想を得た作品「原の城」で中原悌二郎賞、
作品「原の城」でパウロ6世より大聖グレゴリオ騎士団長勲章受章、作品「道東の四季−春−」で長谷川仁記念賞、
エッセイ『巨岩と花びら』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞、他にも芸術選奨文部大臣賞、勲四等旭日小綬章受章、
文化功労者顕彰、叙・従四位、賜・銀杯一組などを授与されています。

今回の特別展示では、高村光太郎賞を得た作品「長崎26殉教者記念像」のための未発表デッサンが展示されるようです。

造形だけではなく、絵画、デッサンから彫刻を鑑賞することも大切。
ぜひご来場を!

●特別展示「舟越保武 長崎26殉教者 未発表デッサン」
期間:4月19日(土)〜6月29日(日)
時間:午前11時〜午後7時(金・土は午後8時まで、入館は30分前まで)
会場:東京オペラシティアートギャラリー ギャラリー3・4
休館日:月曜日(ただし、4月28日、5月5日は開館)
主催:公益財団法人東京オペラシティ文化財団
協賛:日本生命保険相互会社

東京オペラシティアートギャラリー
https://www.operacity.jp/ag/





明田一久彫刻展は4月13日から前橋市の中之沢美術館で!



明田一久彫刻展「石からうまれた生きものたち」

4月13日から群馬県前橋市の中之沢美術館にて!

彫刻家、明田一久さんの彫刻展「石からうまれた生きものたち」が4月13日(日)から6月29日(日)まで、
群馬県前橋市の中之沢美術館(特定非営利活動法人)にて開催されます。

「直接ふれてもらい、思わず笑ってしまう様な・・・
ココロの何処かをくすぐる様な・・・
そんな作品をつくり続けていきたいと思っています
初期の作品から近年の作品をご覧下さい(明田一久)」案内状より

明田さんは1971年群馬県高崎市生まれの彫刻家。
各地のシンポジウム、グループ展、個展などに参加・開催してご活躍中です。

ぜひ会場で、その作品に“ふれて”みてください!

●明田一久彫刻展「石からうまれた生きものたち」
期間:4月13日(日)〜6月29日(日)
時間:午前11時〜午後4時
会場:中之沢美術館
所在:群馬県前橋市粕川町中之沢249-14
金・土・日・祝祭日開館 ※平日観覧ご希望はお早めに予約ください
料金:一般500円、小中学生300円
http://www13.plala.or.jp/nakanosawa/






「お墓は、幸せのシンボル」フォトコン2014、応募締め切りは5月24日(土)

フォトコン2014

「お墓は、幸せのシンボル」フォトコン2014、応募締め切りは5月24日(土)
お墓100年プロジェクト実行委員会

お墓100年プロジェクト実行委員会(森田浩介実行委員長)は、「『お墓は、幸せのシンボル』フォトコン2014 お墓参り写真コンテスト」の応募作品を募集中です。

応募締め切りは5月24日(土)で、審査結果の発表は6月28日(土)。また今年も庵治ストーンフェア2014会場で一般投票をおこないます。各賞と賞金は、大賞5万円、審査員特別賞2万円、庵治ストーンフェア賞2万円など。

詳細は下記まで。

◎お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ
http://ohaka100nen.blog.fc2.com/

相澤久徳展は5月19日から東京・京橋のギャラリーなつかで!



相澤久徳展

5月19日から東京・京橋のギャラリーなつかで!

彫刻家、相澤久徳さんの個展「相澤久徳展」が、5月19日(月)から24日(土)まで、
東京・京橋のギャラリーなつかで開催されます。

相澤さんは1959年生まれの彫刻家。
大理石、花崗岩、または伊予青石などを使って、やわらかくあたたかな作品をつくられます。

「石の持つ表情の多様さを利用し、形態の中に時の流れや移り変わりを、やわらかな形の中で表現し、
そこに作られる空間の中に、場の動きと景色を感じたいと思っている。」

どんな作品が見られるのか、ぜひ会場へ!

●相澤久徳展
期間:2014年5月19日(月)〜24日(土)
時間:午前11時〜午後6時30分(土曜日は午後5時まで)
会場:ギャラリーなつか
住所:東京都中央区京橋3-4-2フォーチュンビル1F
http://homepage2.nifty.com/gallery-natsuka/





中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年3月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年3月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比133.21%、輸入金額は151.9%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls

伊佐沼工房展は5月17日から川越市・伊佐沼工房にて!



第4回伊佐沼工房展

5月17日から、埼玉県川越市の彫刻公開アトリエ・伊佐沼工房で!

第4回伊佐沼工房展が5月17日(土)から26日(月)まで、埼玉県川越市の伊佐沼工房で開催されます。
この伊佐沼工房は、伊佐沼公園内にある彫刻公開アトリエ。彫刻家が市民にその創作を公開しています。

今回の展覧会には10名の作家が参加。石の作品は、田中毅さん、平井一嘉さんなどが見られます。

〔参加作家〕敬称略
岩間弘 岡孝博 奥野誠 金沢健一 須藤博志
田中毅 野原邦彦 樋口恭一 平井一嘉 おくのせつこ

●第4回伊佐沼工房展
期間:5月17日(土)〜26日(月)
時間:午前11時〜午後5時
会場:伊佐沼工房
埼玉県川越市伊佐沼字沼田町604-1(伊佐沼公園内)
オープニングパーティー:初日午後4〜7時

お問い合わせ:川越バンテアン TEL049-224-5101





田中毅石彫展は5月8日から東京・中野の土日画廊にて!



田中毅石彫展「揺れる眼差し」

5月8日から25日まで、東京・中野の土日画廊にて!

彫刻家、田中毅さんの作品展「田中毅石彫展―揺れる眼差し―」が、5月8日(木)から25日(日)まで、
東京・中野の土日画廊で開催されます。

かわいらしく、どこかにくめない虫?動物?妖精?のような作品が魅力の田中毅さん。
今回も例えば、「クラゲ虫」などの作品を出展します。

この「くらげ虫」、展覧会の案内状に掲載されていますが、その説明は「ひょいっと押すと・・・揺れるんです・・・」。
見るだけではなく、触れて楽しめる作品のようですね!

土日画廊は民家を利用したあたたかい画廊です。
ぜひ、ご来廊を!

●田中毅石彫展「揺れる眼差し」
期間:5月8日(木)〜5月25日(日)
※画廊のオープンは、木曜日〜日曜日、午後12時〜7時
会場:土日画廊
東京都中野区上高田3-15-2
http://donichigaroh.com/





第88回国展 5月12日まで六本木・国立新美術館で開催中!



第88回 国展

5月12日まで、六本木・国立新美術館で開催中!

第88回目となる国展が、5月12日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館で開催しています。
絵画、版画、彫刻、工芸、写真の各部門の作品が見られます。

国展といえば、やっぱり彫刻、それも石の作品は見ごたえたっぷりです。
大成浩さん、岩崎幸之助さん、岡野裕さん、菅利光さん、芝田典子さん、原透さん、吉原周さんなど、多くの作家が所属しています。

巡回展も、名古屋、大阪で開催されます。
「芸術の春」をぜひ会場で体感してください!

●第88回国展
期間:5月1日(木)〜5月12日(月)
時間:午前10時〜午後6時(金曜日は午後8時まで、最終日は午後2時閉会)
会場:六本木 国立新美術館

〔巡回展〕
名古屋展:愛知美術館ギャラリー 5月27日(火)〜6月1日(日)
大阪展:大阪市立美術館 6月10日(火)〜6月15日(日)

国画会 http://www.kokuten.com/





わが家のモニュメント浅賀正治は4月29日から笠間工芸の丘で!



わが家のモニュメント 浅賀正治

4月29日から茨城県笠間市の笠間工芸の丘・クラフトギャラリーにて!

彫刻家、浅賀正治さんの作品展「わが家のモニュメント 浅賀正治」が4月29日(火)から5月11日(日)まで、
茨城県笠間市の芸術の森公園内、笠間工芸の丘・クラフトギャラリー2で開催されます。

浅賀さんは1953年生まれの彫刻家。石の産地・茨城県桜川市を拠点に、国内外で広く活躍されています。

今回は、住宅の庭、玄関先などに置ける、動物をモチーフにしたかわいらしい石の作品が出展されます。
また会期中にはワークショップの開催も予定していて、こちらも楽しみです。

ゴールデンウィークにぜひ、ご家族で石の作品に触れてください!

●わが家のモニュメント 浅賀正治
期間:4月29日(火)〜5月11日(日)
時間:午前10時〜午後5時
会場:浅間工芸の丘 クラフトギャラリー
茨城県笠間市笠間2388-1 芸術の森公園内
http://www.kasama-crafthills.co.jp





鳴本石材(株)様「春の展示会」に協賛出展いたします

鳴本石材(株)様の「春の展示会」に協賛出展させていただくことになりました。
この展示会は4月17日(木)〜19日(土)まで、岡山県笠岡市にある鳴本石材(株)本社展示場で開催されます。

http://narumotosekizai.blog74.fc2.com/

展示会のテーマは「来て、見て、感じて、ナルモトのお・も・て・な・し」。
毎回恒例の必見!明日を価値抜くヒントが見つかる「石材店のための特別セミナー(参加費無料)」も開催されます。

鳴本石材さま春の展示会 鳴本石材さま春の展示会 鳴本石材さま春の展示会
写真は前回展示会のようす

石文社では新刊をはじめ、当社発刊の書籍等を販売させていただきますので、展示会へお越しの際は是非、当社の書籍販売コーナーへもお立ち寄りください。

当社以外の協賛企業もたくさん出展されています。
業界の様々な最新情報が入手できることでしょう。

中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年2月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年2月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比66.1%、輸入金額は82.0%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls

大和の石まつりは4月11日より茨城県桜川市で!

大和の石まつり 

第24回桜川市大和の石まつり

4月11日から13日まで、茨城県桜川市役所大和庁舎前広場にて!

恒例の第24回桜川市大和の石まつりが、4月11日(金)から13日(日)まで、茨城県桜川市の桜川市役所大和庁舎前広場で開催されます。
主催は桜川市商工会石材部会。日本の三大石材産地・茨城産地の石製品が大集合します。

展示品は、墓石(和型、洋型、ニューデザイン等)、灯篭、造園品(ガーデンテーブル、門柱、フラワーポット等)、家庭品(照明、漬物石等)、
彫刻品(壁掛け、床置、名言板、かえる、ふくろう、たぬき等)、美術工芸品、石材関連機械工具など、と多岐にわたります。

また、現在募集中の「石あたま大賞2014」の発表も、石まつり初日(11日)に会場で行なわれる予定です。

「石あたま大賞」とは、一見わからずやに見えるが、一徹にこだわりを持って行動し、みんなの役にたっている人、みんなに愛されている人を募集する企画。
資格は男女問わず不問で、その人のエピソードを添えて応募するものです。

そのほかにも、おもてない大賞、スタンプラリー、しらとり太鼓などのイベントも盛りだくさん。
ぜひ会場で、茨城の石を体験してください!

●第24回大和の石まつり
期間:4月11日(金)〜13日(日)
時間:午前9時〜午後5時
会場:桜川市役所大和庁舎前広場(茨城県桜川市羽田)
主催:桜川市商工会石材部会
URL: http://sakuragawa.or.jp/

●石あたま大賞2014
あなたの身近にいる、一見わからずやに見えるが、一徹にこだわりを持って行動し、みんなの役にたっている人・みんなに愛されている人を募集しています。その人のエピソードを添えて応募してください。男女問わず、自薦・他薦も問いません。

・賞品 石あたま大賞1人
     推薦者には賞金3万円と特製トロフィーに名前を刻んで後生に残し称えます
     石あたま本人には特製トロフィーを贈ります
・資格 不問(男女問いません、自薦・他薦も問いません)

・応募締切 平成26年3月31日
・応募規定 事前に所定の応募用紙をウェブサイトから入手。郵便またはFAXで応募。
        応募用紙に必要事項を明記し、当人のプロフィールと写真を添付。
        ウェブサイトからの応募も可能
・応募先 〒309-1242 茨城県桜川市羽田1019-1
               桜川市商工会石材部石まつり実行委員会
               「石あたま大賞2014」係
      電話0296-58-5069 FAX0296-58-7367
      URL  http://sakuragawa.or.jp/
・発表 平成26年4月11日
     大和の石まつり会場及びウェブサイト上





中国産花崗岩製品の輸入動向(2014年1月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2014年1月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比119.9%、輸入金額は155.1%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2014.xls

笠間市「石の百年館」3月30日オープン!

 (画像:笠間市ホームページより)

笠間市「石の百年館」

JR稲田駅の隣接地に3月30日オープン!

稲田石の振興、観光交流の促進及び地域活性化を図るため、茨城県笠間市は「石の百年館」を3月30日に開館します。
場所は、JR水戸線稲田駅の隣接地。稲田石の歴史や魅力が発信されます。

「石の百年館」という名称は、約100年にわたり先人たちが築き上げた稲田石の採石の歴史を広く後生に伝え、未来へ向かって100年先の発展につなげたいという願いが込められています。
外壁の一部には、結城紬にもみられる日本伝統の「杉綾文様」が取り入れられ、稲田石材業の加工技術の高さも物語ります。館内には、貴重な鉱物標本をダイナミックに展示し、稲田石の特徴や生成過程をわかりやすく展示。
JR稲田駅隣接という立地を生かし、観光交流センターとしての機能も備えます。

美しい光沢と頑丈さを兼ね備え、際立った白さが魅力の稲田石。
国会議事堂や国立代々木競技場、最高裁判所など、日本を代表する数々の建築物にも使用されています。

茨城産地へお越しの際には、ぜひ「石の百年館」に立ち寄り、稲田石の魅力を再確認してください。

●石の百年館
所在地:茨城県笠間市稲田2307(JR水戸線稲田駅隣接)
開館時間:4月〜9月 午前9時〜午後5時
       10月〜3月 午前9時〜午後4時
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)・年末年始
     ※平成26年3月31日は特別開館
入館料:無料






「お墓は、幸せのシンボル」フォトコン2014、協力石材店募集中!

フォトコン2014

「お墓は、幸せのシンボル」フォトコン2014、協力石材店募集中!
お墓100年プロジェクト実行委員会

お墓100年プロジェクト実行委員会(森田浩介実行委員長)は、「『お墓は、幸せのシンボル』フォトコン2014 お墓参り写真コンテスト」(以下、フォトコン2014)の応募受付開始に当たり現在、協力石材店を募集しています。

このフォトコン2014は、今回で3回目。前回はあじストーンフェア2013会場に応募写真97点が掲示され、一般投票(庵治ストーンフェア賞)がおこなわれたのでご記憶の方も多いでしょう。

同実行委員会では、「お墓は、『お墓参り』をするために建てるものであり、単なるお骨の置き場ではありません。お墓参りの意味を再確認してもらえれば、お墓の簡素化は防げるはずです。フォトコンをお客様との話のきっかけとしていただき、お墓参りの啓蒙、皆さんの営業ツールとして役立てていただければと思います」と、同企画への参加を呼び掛けています。

今回の応募締め切りは5月24日(土)で、審査結果の発表は6月28日(土)。また今年も庵治ストーンフェア2014会場で一般投票をおこないます。各賞と賞金は、大賞5万円、審査員特別賞2万円、庵治ストーンフェア賞2万円など。

なお協力石材店には、店頭に貼ることができるA1サイズのポスター10枚が有料配布される(2000円、送料・税込)。お問い合わせは左記まで。

◎お墓100年プロジェクト実行委員会(石文社内)
TEL 03-5829-6014
お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ

女子美の石は2月24日から東京・銀座のギャラリーせいほうで!



With H,W,D, 女子美の石

2月24日から東京・銀座のギャラリーせいほうで!

With H,W,D, 女子美の石が2月24日(月)から3月1日(土)まで、東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。
女子美術大学には美術学科・立体アート専攻がありますが、そこで石の彫刻を学べるようです。

〔参加作家〕順不同・敬称略
天野浩子、飯嶋桃代、大野綾子、栗原優子、横田典子
岡本敦生、鈴木典生、渡辺治美

女子美教授やゲスト作家もいらっしゃいます。
初日17日からはレセプションも予定していますので、ぜひ来場を!

●With H,W,D, 女子美の石
期間:2月24日(月)〜3月1日(土) ※日曜休廊
時間:午前11時〜午後6時30分 ※最終日は午後5時まで
レセプション:初日(2/24)午後5時より
会場:ギャラリーせいほう(東京都中央区銀座8-10-7)
URL http://gallery-seiho.com







アモイ石材フェアは3月6日から9日まで、中国・アモイで!

アモイフェア2014 

第14回中国厦門国際石材展覧会
3月6日〜9日、
厦門国際会議展覧センターにて

恒例のアモイ石材フェアが、3月6日(木)から9日(日)まで、中国・アモイ市のアモイ国際会議展覧センターで開催されます。
14回目となる今回は、展示面積16万4000平方メートル、展示ブースが8250小間を予定し、54の国と地域から2000社以上の石材業・関連業者が出展を予定しています。
世界でも有数の石材専門フェアです。

関連イベントは、各国の業界団体・協会の代表者が集うサミット「第6回世界石材大会」や、「ストーン・デザイン・フォーラム」「採石場・鉱山の交流会」「石講堂」などが開催される予定です。
詳細は、下記のホームページでご確認ください。

●第14回中国厦門国際石材展覧会
期間:3月6日(木)〜9日(日)

会場:中国・アモイ国際会議展覧センター
URL:http://www.stonefair.org.cn






中国産花崗岩製品の輸入動向(2013年12月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2013年12月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月比117.6%、輸入金額は154.1%となっています。

http://www.ishicoro.net/china_g_2013.xls

新制作展受賞作家展は2月10日からギャラリーせいほうで!



第77回新制作展受賞作家展

2月10日から、東京・銀座のギャラリーせいほうで!

第77回新制作展受賞作家展が2月10日(月)から21日(金)まで、東京・銀座のギャラリーせいほうで開催されます。
新制作協会・彫刻部の受賞作家が対象で、新鋭作家の作品が揃います。

〔出展作家〕順不同・敬称略
ゼロ・ヒガシダ、青木悠太朗、高野正晃、田中和之、濱田卓二、松枝源太郎

初日、午後5時〜6時、オープニングパーティーも予定しています。

●第77回新制作展受賞作家展(新制作協会・彫刻部受賞作家展)
期間:2月10日(月)〜21日(金)
時間:午前11時〜午後6時30分(最終日は午後5時終了)
※2月10日、16日は休廊
会場:ギャラリーせいほう
東京都中央区銀座8-10-7
http://gallery-seiho.com/





AJI PROJECTがrooms28(東京)に庵治石の新製品を出展!


暮らしに寄り添う庵治石プロダクト「AJI PROJECT」

2月18日から東京で開催の「rooms28」に新製品を出展!

庵治石材産地を拠点に“暮らしに寄り添う”をテーマに庵治石製品を企画・製作するAJI PROJECTは、
2月18日(火)から20日(木)まで、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される
ファッションとデザインの合同展示会rooms28に出展します。

このrooms28はアッシュ・ペー・フランス社が主催し、国内外の550(予定)のブランドが出展します。
来場者は18000人が見込まれ、大手百貨店、専門店、テレビ・雑誌等の各種マスコミなども来場する
注目度の高い展示会です。

AJI PROJECTカタログ表紙

AJI PROJECTは“暮らしに寄り添う”をテーマに庵治石製のインテリア商品などを企画・製作していますが、
今回はその新製品も出展します。
rooms28では出展に際してオーディションを実施しており、AJI PROJECTの企画・デザイン力の高さが
評価されたのはもちろん、展示会を通して庵治石の魅力が国内外に広く発信されます。

デザインのヒントにあふれたrooms28。ぜひご来場を!

●rooms28
期間:2月18日(火)〜20日(木)
時間:午前10時〜午後6時
入場料:無料
会場:国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区神南2-1-1)
rooms:http://www.roomsroom.com/jp/

●AJI PROJECT
http://www.aji-project.jp/





中国産花崗岩製品の輸入動向(2013年11月)

中国産花崗岩製品の輸入動向(財務省発表、貿易統計〔速報値〕より)の2013年11月分は、下記からダウンロードできます。

なお、中国産花崗岩製品の輸入数量は前年同月90.2%、輸入金額は119.0%となっています。


http://www.ishicoro.net/china_g_2013.xls


日本石材工業新聞社 創業60周年記念講演会は1月28日、岡崎で!



日本石材工業新聞社 創業60周年記念 特別講演会

講師は小阪裕司氏、1月28日愛知県岡崎市で開催!!

日本石材工業新聞社は1月28日(火)、創業60周年記念の特別講演会を開催します。
場所は愛知県岡崎市の岡崎市図書館交流プラザ・りぶら1階ホール。

講演会は、講師に小阪裕司氏を招き、「心の時代にモノを売る方法〜こうすれば石材業界は元気になる!〜」がテーマ。
これからの石材店に求められる商いの考え方、業績向上、石製品の価値創造につながら実践方法を伝授するのが狙いです。

講師の小阪氏は、オラクルひと・しくみ研究所代表。九州大学や静岡大学、中部大学で客員教授を務め、
日本感性工学会理事、作家、コラムニストとしても活躍中です。
2000年からは「ワクワク系マーケティング実践会」を主宰し、現在、全国から約1500社の企業が参加しています。

講演会終了後は、会場を岡崎ニューグランドホテルに移し、懇親会も開催。
また翌日29日(水)は、岡崎産地見学ツアーも予定されています。

●日本石材工業新聞社 創業60周年記念 特別講演会
日時:1月28日(火)午後2時〜4時30分
会場:岡崎市図書館交流プラザ・りぶら1階ホール
    (愛知県岡崎市康生通西4丁目71番地)
※同日、午後5時30分より懇親会
会場:岡崎ニューグランドホテル9階
※1月29日(水)には「岡崎産地見学ツアー」も企画!

主催:日本石材工業新聞社
TEL 0564-31-2100
http://www.nskonline.jp





日本石仏協会2014石仏写真展

石仏写真展

日本石仏協会2014石仏写真展
1月15日から日本カメラ財団JCIIクラブ25にて

日本石仏協会2014石仏写真展が1月15日(水)から19日(日)まで、日本カメラ財団JCIIクラブ25開催されます。

昨年の写真展後は、「見落としがちな石仏、こんなにも形、種類があるのか、光の当たり具合、影がとてもいいです。お声が聞こうへそう。ありがとうございました」、「個性豊かな石仏と、それらを取り巻く自然の美しさに感動しました」、「何百年と風雪に耐え、苔むしてなお一層存在感を増す石仏は、日本の原風景の美しさのひとつだと思います」、「石仏の見方が変わりました。気がつかないで見ていたので今度はもっと良く見ようと思います」(『日本の石仏2013年春号より)といった感想が寄せられました。

今年の写真展も楽しみです。

◎日本石仏協会2014石仏写真展
期間:2014年1月15日(水)〜19
日(日)
時間:午前10時〜午後5時
場所:日本カメラ財団JCIIクラブ25    
東京千代田区一番町25JCIIビル地下1階