カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

小畠宏允著「日本人とお墓シリーズ」(17冊特別セット)

石文化研究所所長の小畠宏允氏が、お墓についてわかりやすく説明した小冊子です。「日本人とお墓シリーズ」が16タイトル、「宗派とお墓シリーズ」が1タイトル、特別セットでお買い求めできます。

小畠宏允著「日本人とお墓シリーズ」(17冊特別セット)

価格:

1,728円 (税込)

購入数: セット
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

「日本人とお墓シリーズ」(全16タイトル)では、お墓、先祖供養、お盆、戒名などの意味を、「宗派とお墓シリーズ」(1タイトル)では“浄土真宗のお墓”をわかりやすく説明します。150万冊突破のベストセラーです。イラストは奥山孜氏。
■著者:小畠宏允 ■イラスト:奥山孜 ■発行:石文社 ■A5判・小冊子 ■価格:1680円

日本人とお墓シリーズ02
日本人とお墓シリーズ(新)
日本人とお墓シリーズ(新)

◎日本人とお墓シリーズ(1)
「お墓ってな〜に」―日本人のお墓の意味がとてもよくわかる
日本人ならだれでも納得できるお墓の話
2000年の昔から日本人がお墓にこめてきた「大切な心」の原点をわかりやすく解説

◎日本人とお墓シリーズ(2)
「お墓はたたらない」―お墓は〔たたらない〕理由がとてもよくわかる
日本人ならだれでも納得できるお墓の話
お墓の方角、お墓の石の色や形、お墓を建てた日などによって
子や孫に「たたる」ことは決してない理由をわかりやすく解説

◎日本人とお墓シリーズ(3)
「五輪塔ってどんな墓」―〔五輪塔は最高のお墓〕の意味がとてもよくわかる
宗派に関係なく亡くなった人を成仏・往生させ、亡き人をもっとも大切にする最高のお墓、という
五輪塔本来の意味をわかりやすく解説

◎日本人とお墓シリーズ(4)
「生前墓ってどんな墓」―生前に建てるお墓の意味がとてもよくわかる
日本人ならだれでも納得できるお墓の話
寿陵に込められたすばらしい「人生の智恵」をわかりやすく解説

◎日本人とお墓シリーズ(5)
「先祖供養ってな〜に」―お墓の先祖供養の意味がとてもよく分かる
日本人ならだれでも納得できるお墓の話
インドでお釈迦様の卒塔婆供養に始まり、中国で先祖まつりと結びつき
日本で先祖供養となった意味と供養の仕方をわかりやすく解説

◎日本人とお墓シリーズ(6)
「お彼岸ってな〜に」―お彼岸とお墓参りの意味がとてもよく分かる
日本人ならだれでも納得できるお墓の話
日本独自の「お彼岸」のお墓参りの意味、なぜ「お彼岸」というのかなどをわかりやすく解説

◎日本人とお墓シリーズ(7)
「お盆ってな〜に」―ご先祖様が帰るお盆の意味がとてもよくわかる
ご先祖様がわが家に帰ってくるお盆には、お墓までご先祖様をお迎えする習慣もある。
日本最大の行事のさまざまな意味と、お墓との関係をわかりやすく解説。

◎日本人とお墓シリーズ(8)
「なぜお墓は石なの」―お墓を石でつくる意味がとてもよくわかる
日本人はなぜお墓を石でつくるのか? 神話にその答えがある。
石に込められた大切なお墓の意味をわかりやすく解説。

◎日本人とお墓シリーズ(9)
「よいお墓ってあるの」―家族がよいお墓をつくる意味がとてもよくわかる
日本人ならだれでも納得できるお墓の話。
よいお墓とは、かけがえのない家族がご先祖様と魂の会話をしながらつくるお墓、という意味をわかりやすく解説。

◎日本人とお墓シリーズ(10)
「石塔ってな〜に」―お墓と石塔の意味がとてもよくわかる
中国生まれの「墓」とインド生まれの「塔」は、先祖の安らぎを願う日本人の優しい心によって
素晴らしいお墓文化へと作りあげられた意味をわかりやすく解説。

◎日本人とお墓シリーズ(11)
「お地蔵様ってな〜に」―お墓とお地蔵様のことがとてもよくわかる
あの世で苦しむ人びとを救うため地獄へまで出かけていくお地蔵様。
アミダ様よりも身近で、名もない人びとの願いをかなえ子供好きの慈悲深いボサツ様、という意味をわかりやすく解説

◎日本人とお墓シリーズ(12)
「蓮華ってな〜に」―蓮華の意味がとてもよくわかる
なぜ仏像と同じように墓石や位牌に蓮華の台座をつけるのか、
仏教の花「蓮華」にはどんな意味が込められていたのかをわかりやすく解説。

◎日本人とお墓シリーズ(13)
「写経ってな〜に」―お墓と写経の意味がとてもよくわかる
なぜお墓に「写経」を納めるのか。古代インドにあった卒塔婆(お墓)に「写経」を納める習慣が今日の日本にも生きている。
「写経」に込められた人びとの祈りの意味をわかりやすく解説。

◎日本人とお墓シリーズ(14)
「戒名法名ってな〜に」―戒名・法名・法号のことがとてもよくわかる
他の仏教国にない「亡き人に戒名(法名)を付ける」日本独自の風習は、古代の言霊の考えや命名の習慣から生まれた。
戒名に込められた意味と各宗派の特色をわかりやすく解説。

◎日本人とお墓シリーズ(15)
「お墓は幸せのシンボル」―お墓は幸せのシンボルという意味がとてもよくわかる
古来、日本人はお墓に「亡き人のしあわせ」を願い、ご先祖様とともに生きる生活をしてきました。
お墓に込められた「日本人の心」の意味をわかりやすく解説。

◎日本人とお墓シリーズ(16)
「卒塔婆ってな〜に」―インド生まれのストゥーパ(仏塔)のことがとてもよくわかる
インドのおシャカ様のお墓「ストゥーパ」から日本の「お墓」や「塔婆供養」までの流れと、
その意味をわかりやすく解説

◎宗派とお墓シリーズ(1)
「浄土真宗とお墓」―浄土真宗のお墓がとてもよく分かる
親鸞聖人が開かれた浄土真宗では、お墓や追善供養をどう考えるのかをわかりやすく解説


□©Hironobu Obata 2013.(小畠宏允)/©イラスト奥山孜
□本書の一部、あるいは全部を無断で複写複製することは、法律で認められた場合を除き、著作権の侵害となります。





ページトップへ